高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    大手


    1: 高低差速報
    30歳まで「新卒」 リクルートなど大手、採用広げる

    企業の新卒採用で年齢制限を緩和する動きが広がっている。損害保険ジャパン日本興亜は2019年卒採用から29歳以下に応募枠を広げる。
    リクルートホールディングス(HD)は30歳まで新卒で応募できる制度をグループ全体で導入する。学生優位の売り手市場が続き、採用競争は激しさを増している。新卒の対象年齢を広げることで、多様な経験を持つ人材を取り込む狙いだ。
    損保ジャパンは19年卒の採用について、応募資格の年…

    引用記事;https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30374680R10C18A5MM8000/?nf=1
    0189_505283113




    関連記事


    1: 高低差速報
    メガ銀、リストラの嵐「1.9万人では足りない」

    保存 共有 その他
     「リストラ?」。業界最大手、三菱UFJフィナンシャル・グループ社長の平野信行(66)と9月に面談した大手上場企業首脳は、3メガバンクで最も財務に余裕があるはずの「王者」の意外な一言に胸騒ぎがした。

     「9500人相当の労働量の削減を実現したい。銀行だけとると、国内スタッフの30%になる」。面談からほどない9月19日、東京駅前の丸ビル。平野は講演会の最後に、決して小さくない数字をさらりと持ち出した。

    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24253560U7A201C1EA1000/
    tatemono_bank_money



    関連記事


    1: 高低差速報
    社会に認められてる感が凄い
    病院で保険証だしたら必ずLINEと電話番号のメモが一緒に返ってくるわ

    bea062554c0ca60596317ab234c4adad5dabe2cb1430311147




    関連記事



    1: 高低差速報
    no title


    上位には自動車や小売り大手が目立つ

    1位はトヨタ自動車の4487億円。前年から403億円の減少となっている。ここ数年、トヨタ自動車は広告宣伝費を増やしていたが、今期は売上高の減少とともに広告宣伝費も減額となった。

    2位のソニー、3位の日産自動車も売上高が前年比で減少。それに伴い広告宣伝費も、ソニーが275億円、日産自動車が288億円減少している。一般消費者向けにビジネスを展開する企業にとって、広告宣伝費は必要不可欠なコストだが、投下する額は業績の影響を受けやすい。特にランキング上位に入るような規模の大きい会社は、すでに知名度も高いので、売上高に対して一定以上の割合を超える広告宣伝費を、無理に捻出しなくていい場合もあるだろう。

    http://toyokeizai.net/articles/-/187757

    関連記事



    このページのトップヘ