高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    大統領


    1: 高低差速報
    米大統領が中国系企業による米社買収を阻止-安全保障上の理由で

    安全保障上の理由で米大統領が買収を阻止したのは27年間で4度目
    政権公約に従って大統領は命令を出したとムニューシン財務長官
    トランプ米大統領は13日、中国が支援する投資会社による米半導体メーカー、ラティスセミコンダクターの買収を阻止した。
    米企業の買収を目指している他の中国系企業の今後に暗雲が垂れ込めた。

    米大統領が安全保障上のリスクを理由に外国企業の米企業買収を阻止したのは過去27年間で4度目。
    ホワイトハウスと財務省の発表によれば、トランプ大統領は複数の関連省庁が参加する対米外国投資委員会(CFIUS)の勧告に基づいて決定した。

    買収を目指していたキャニオン・ブリッジ・キャピタル・パートナーズは中国国有の資産運用会社、国新基金管理が支援するプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社で、13億ドル(約1440億円)の買収案を提示していた。

    ムニューシン財務長官は、「米国の安全保障の確保に必要なあらゆる措置を講じるという政権公約に沿って、大統領は買収を禁じる命令を出した」と説明した。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-13/OW8ITE6JTSE901



    webw170619-trump-thumb-720xauto


    関連記事


    1: 高低差速報
     
    【ワシントン時事】トランプ米大統領は5日、ツイッターで、北朝鮮の脅威を念頭に、
    日本や韓国が米国から高性能の軍装備品を大量に購入することを認めるつもりだと述べた。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-00000126-jij-n_ame



    20170906-00000004-jij_afp-000-6-view

    関連記事



    1高低差速報
    フランスのエマニュエル・マクロン大統領は5月17日、閣僚名簿を発表し、中道左派の社会党と中道右派の共和党から
    閣僚経験者を選ぶなど、既成政党、民間からのバランスを重視した顔ぶれとなった。

    マクロン氏は15日に、共和党のエドワール・フィリップ氏を首相に指名し、組閣を指示した。

    外相にオランド前政権で国防相を務めたジャン・イヴ・ルドリアン氏、内相にマクロン氏を支持したリヨン市長のジェラール・
    コロン氏など社会党の有力者を起用する一方、財務相に共和党のブルーノ・ルメール元農相を充てるなど、重要閣僚に
    社会・共和両党の実力者を取り込んだ。民間からは環境活動家のニコラ・ユロ氏をエコロジー・連帯移行相に起用した。
    内閣は閣外の大臣を含めて22人で、既成政党と民間からそれぞれ半数選出している。

    またマクロン氏の公約通り、男女平等を重視した内閣となった。

    女性閣僚は11人で、スポーツ大臣に元オリンピック選手ローラ・フレセル氏、文化大臣に出版業のフランソワーズ・ニッサン氏
    などが選ばれた。

    マクロン氏は11日、6月に控える国民議会選挙の公認候補428人を発表したときも、候補者の半分は女性だった。

    マクロン氏は大統領選を通じて男女平等を訴えていた。1月には「今、有権者の53%は女性です。国民議会に選出される
    女性の割合が30%以下というのは許されません。他の政党と違い、我々は男女平等を尊重します」と語っていた。

    マクロン氏の組閣は、カナダのジャスティン・トルドー首相を思い起こさせる。トルドー氏は2015年11月、首相就任初日に
    30人の閣僚を発表したが、そのうち15人は女性だった。

    トルドー氏はその理由を問われると「もう2015年ですから」と答えている。
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/17/france_n_16678780.html





    img_a71a3bf2ef44bd1b456c845a7f211caa100899



    1高低差速報
    中国の習近平(シーチンピン)国家主席は10秒間沈黙し、通訳に「もう一度言ってほしい」と聞き返した――。
    習氏との先週の米中首脳会談で、トランプ米大統領が、米軍のシリアへのミサイル攻撃を夕食中に伝えた際の秘話を、
    12日に放送された米FOXビジネスネットワークのインタビューで明かした。

    両首脳は首脳会談初日の6日夜、フロリダ州パームビーチのトランプ氏の別荘で夕食をとった。
    食事を終え、チョコレートケーキを楽しんでいた時、トランプ氏が話を向けた。

    「国家主席、あなたに説明したいことがある」。
    こう切り出し、「我々はたった今、59発のミサイルを(シリアに)発射したところです」と説明した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000092-asahi-int






    587c00c5f20578a3adac8d835446c0a4
     
    関連記事


    このページのトップヘ