高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    大谷翔平


    1: 高低差速報
     マリナーズの会長付特別補佐のイチロー(44)は、メジャー1年目で20本塁打を記録した大谷翔平投手(24)について「きょうの20本目がどうかというのは置いといて、初めてホームランバッターが日本人として来たなあという感じがね、それはずっとしてますけどね」と話した。

     大谷がマリナーズ戦で本塁打を打ったのは初めて。イチローは「ちょっと詰まり気味だったよね。やっぱりあれがセンターに行くというのはホームランバッターでしょうね、初めての」。センター方向へ一直線に伸びた、飛距離127メートルの一撃を解説した。
    引用記事;https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000075-dal-spo



    img_a5cc98d489b8ea6b7ec319e571124e10170408


    1: 高低差速報
    新卒採用なら大谷翔平が断然トップ――。全国の会社経営者に「新卒で採用したいと思う有名人は?」というアンケートを実施したところ、全体の38%が大リーグ・エンジェルスで投打の二刀流で活躍する大谷の名前を挙げた。

    野球に向かう真摯な姿勢と礼儀正しく誠実な人柄で先輩受けも得意先受けもよさそうであることに加え、投打の二刀流であることからマルチに活躍してくれそうなイメージが経営者にはあるようだ。2位にはフィギュアスケートの羽生結弦(19%)、3位に俳優の竹内涼真(14%)が入った。

    女性のトップは女優の土屋太鳳で26%。活動的で純真なイメージが社長に支持されたようで以下、有村架純(18%)、広瀬すず(15%)と続いた。

    アンケートをとった企業PRを行う「ESSPRIDE」の広報、西川真理子さんは「大谷選手は才能や能力はもちろんのこと、何よりの魅力は真面目さや、受け答えから伝わってくる誠実さ。女性1位の土屋太鳳さんにも共通して言えることですが、多くのことを素直に吸収し成長していくイメージが持てるからこそ、一緒に仕事がしたい、仲間になってほしいと社長は思っている。採用にも社員教育にもますます頭を悩ませる時代になってきている中、若い世代の一生懸命な姿勢を求める社長の心の声が聞こえる」と分析している。

    _1


    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000001-spnannex-soci

    関連記事


    1高低差速報
    田中将大 →炎上
    大谷翔平→怪我離脱
    藤浪晋太郎→過去最悪のノーコンに
    田中正義→使い物にならず二軍落ち
    則本昂大→炎上
    涌井秀章→勝ち星なし
    オコエ瑠偉→怪我離脱、デブ化
    中田翔→怪我離脱

    チームダルビッシュ、全滅w
    ダルビッシュは疫病神かな?



    s
     
    関連記事


    1高低差速報

    ◆驚異の6連覇を福山が達成

     今回で26回目を数えるSPA!の恒例企画「男が選ぶ[好きな男・嫌いな男]」。昨年5連覇を達成した福山雅治が、好きな男部門で堂々の6連覇を成し遂げた。

    「かっこいいが、それを鼻にかけない気さくな人柄が好き」(40歳・出版)、「自分を冷静に見ている感じがする」(47歳・メーカー)と、まさに死角なしの人気ぶり。

     一方、福山と同数で1位に輝いたイチローは昨年、メジャー通算3000本安打という偉業を達成。

    「ストイックに野球人生を送っているから」(37歳・無職)、「年齢を感じさせない活躍がすごい」(36歳・品質管理業)と、その求道的な姿勢に評価が集まった。そのほかには朝ドラでブレイクしたディーン・フジオカ、“二刀流”大谷翔平、“恋ダンス”で一世を風靡した星野源といったニューフェイスも。

    <好きな男ランキング>

    1位 福山雅治…71票(’15年1位)

    1位 イチロー…71票(’15年5位)

    3位 阿部 寛…37票(’15年3位)

    4位 松本人志…22票(’15年9位)

    5位 大谷翔平…19票(’15年圏外)

    6位 ディーン・フジオカ…15票(’15年圏外)

    7位 明石家さんま…12票(’15年6位)

    8位 タモリ…11票(’15年9位)

    8位 ビートたけし…11票(’15年4位)

    10位 星野 源…8票(’15年圏外)

    次点:錦織 圭、有吉弘行、黒田博樹、山田孝之、所ジョージ

    ◆嫌いな男1位には川谷が

     嫌いな男部門では、ベッキーとの不倫騒動などで世間を大いに騒がせたゲスの極み乙女。の川谷絵音が一同納得の1位に。「あまりにも自己中心的」(48歳・自由業)、「男から見ても最低」(46歳・研究開発員)と、いまだに相当な嫌われよう。

     また、自らの政治資金問題で都知事を辞任した舛添要一に対しても、「男らしくない」(44歳・会社役員)など手厳しい意見が寄せられた。そして、都知事選落選の鳥越俊太郎、ドナルド・トランプ大統領も圏外からランクイン。嫌いな男ランキングで毎回上位に食い込む政治家勢が、ご多分に漏れず結果を残した形となった。

    <嫌いな男ランキング>

    1位 川谷絵音…65票(’15年圏外)

    2位 舛添要一…38票(’15年圏外)

    3位 安倍晋三…21票(’15年2位)

    4位 坂上 忍…17票(’15年3位)

    5位 中田敦彦(オリエンタルラジオ)…16票(’15年圏外)

    5位 鳩山由紀夫…16票(’15年4位)

    5位 鳥越俊太郎…16票(’15年圏外)

    8位 りゅうちぇる…15票(’15年圏外)

    8位 木村拓哉…15票(’15年6位)

    10位 ドナルド・トランプ…11票(’15年圏外)

    次点:山本圭壱、松本人志、ASKA

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170301-01291745-sspa-soci

    関連記事


    1高低差速報
    時間が足りない!

    11月、4万人超が集った日本ハムのファン感謝イベントを終えると、札幌ドーム内のトレーニング室に向かった。
    お祭りのような日でも「時間がない。練習したい」。運転免許は取らず、移動は先輩の車に乗せてもらうかタクシーだ。
    寸暇を惜しみ、投打「二刀流」の道を突き進む。

    プロ4年目の今季は、投げては日本最速の165キロを記録し、バットを持てば22本塁打。自身の野球人生で初の日本一も経験した。
    来季は年俸が推定2億7000万円に達するが、欲しい物を聞かれると、来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けた練習のために
    「(日本の球と異なる)WBCで使うボールでも買おうかな」。物欲はまるでない。

    大リーグ挑戦に球団からゴーサインが出た。日本で最後になるかもしれない来季に向けてオフをどう過ごす?
    答えは同じだった。「本当に時間がない」
    プロ野球選手 大谷翔平さん http://mainichi.jp/articles/20161217/k00/00e/040/192000c





    0102ohtani-001

    関連記事


    このページのトップヘ