高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    女子高生



    1: 高低差速報
    10代の普及率が99%にもなるというアプリ『LINE』。そんな10代の代表でもある女子高生の1日を再現して
    どのようにLINEを使っているのかを再現した動画が公開された。

    “ワンチャンワンドキ!JK用語でJKの1日を再現してみた”という動画でリアルJK3名と人気の若手俳優が出演。

    動画の中では「ワンチャン」「卍」などの今のJK用語が活用されている。主人公のひなというJKが
    18歳の誕生日を迎える朝から始まる。
    恋する恋する男の子からLINEが届くも「アサイチ!」「モーニング男だ」「I am りょうま in 部活中」という
    意味不明なLINEの連投。スパムかよと突っ込みたくなる内容ばかりである。

    今の高校生はこのような内容で会話が成り立っているのだろうか。この動画はJKたちがどのようにLINEを
    やりとりしているかを再現したというところにある。

    実際に女子高生からヒアリングしJKトレンドを収集した上で制作。「38のJK流行語」、「5つのJKトレンド」は女子高生のお墨付き。

    http://gogotsu.com/archives/32892


    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    関連記事



    1: 高低差速報
    2007年、当時の女子高生は「髪の重心が上」。
    だけど今は、「髪の重心が下」が主流?

    女子高校生の制服の着こなし方や流行りは、10年前と比べてどう変わったか。

    トレンドの変化を「比較絵」で表したイラストが6月6日、Twitterに投稿され、反響を呼んでいる。

    ツイートを投稿したのは、Twitterユーザーのさといも屋さん(@petit_flare)。
    さといも屋さんは、普段から女子高校生のかわいらしい制服イラストをTwitterに投稿しており、今回は独自の見解のもと比較絵を描いたそう。

    制服の着こなし方から、使っているウェブサービス、好きな音楽など、幅広い面でのトレンドの移り変わりを説明している。

    例えば、2007年ごろの女子高生は「スカート2~3回折る」「ブレザーの丈短めに作られている」「ソックタッチ必須」といった着こなし方をしていたが、
    2017年の女子高生は「スカート短くできないように作られている」「ブレザーの丈は長めに作られている」「靴下はわざと下げてくしゅくしゅさせる」としている。

    JKの服装&流行り、10年でどう変わった?比較絵に反響 「スカート2~3回折る」「ソックタッチ必須」
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/07/fashion-trend-around-jk_n_16980182.html
    no title

    関連記事

    このページのトップヘ