高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    女性




    1: 高低差速報
    発言小町における永遠の論争・それは「専業主婦はアリかナシか」。アリもナシも他人がジャッジすることではないと思うが、
    特に専業主婦にまつわる相談でなくとも、トピ主が専業主婦である場合、その相談内容によっては批判を浴びることがある。
    例えばトピ主が専業主婦なのに家事育児が完璧ではない場合など、小町住民はかなり厳しい。一方で兼業主婦でも夫より年収が低いのに家事育児の分担などに不満を漏らせば、
    それはそれで、厳しい批判が寄せられることもある。どちらに対しても厳しい視線が注がれているのだ。時折、専業主婦という存在自体の是非を問うトピもアップされる。
    ちょうどいまも、異なる立場から2つのトピがあがっている。今回はその2つを紹介したい。

    専業主婦にはなりたくない
     24歳会社員女性・あやみには、現在お付き合いしている25歳の彼氏がいる。彼とは大学時代に知り合い、
    「まだ時間はあるからゆっくり考えよう」とは言いつつもお互い結婚を考えている。そこで争点になるのが「子供ができたらトピ主が仕事を辞めるのか」ということなのだという。

     2人とも子供は欲しいと考えている。また、2人とも母親が専業主婦で、子供として親が家にいてくれることの有り難みを知っている。
    しかし、トピ主は経済的な自立を諦めて家庭に入り家事と育児に専念していた母を羨ましいと思ったことがなく、子供ができても仕事を辞めたくはないのだという。

     そんな理由から、小さい頃から勉強を頑張り、今の彼と知り合った国立大学に入った。トピ主はまだ入社2年目だが仕事は好きだ。
    出世を目指してバリバリ働きたいと思っている。入社年数の違いから多少の差はあるが、2人の年収はほぼ同じくらい。それでも彼は、「今後出世していくのは男性である自分だ」と思っていて、主夫になるつもりはないという。

    「子供のことを考えるとどちらかは育児に専念した方が良いと思う、しかしどちらも仕事は辞めたくない。

    どちらかが仕事を諦めるか、別れて他の相手を探すかという話になります。

    彼氏のことは人として尊敬できますし、好きです。別れたとして彼以上に素敵だと思える男性に会える気がしません」

    と、トピ主は悩んでおり、そしてこう続ける。

    「今専業主婦の方は、私と同じような状況のとき、主夫希望で素敵な男性などいないと思って仕方なく主婦になったのですか?

    どんな話し合いをすればワンオペ状態にならず仕事と子育てを両立させられると思いますか?

    私の親は遠方ですが、彼氏の親は近くに住んでいます。夫の親に育児を任せることができた人はいますか?

    主夫になる期間があっても良いと思っている男性に会ったことがある人はいますか?

    そもそも、なぜ仕事を辞める選択を迫られるのが女性ばかりなのでしょうか」


    引用記事:http://wezz-y.com/archives/56099
    shopping_shufu



    関連記事


    1: 高低差速報
    200万タイトルに及ぶ書籍を分析した結果から、著者名に女性の名前が入っている本は男性の本に比べて価格が45%も低く、およそ半分の値段で販売されているという実態が明らかになっています。

    この実態を明らかにしたのは、ニューヨーク市立大学クイーンズ校の社会学者であるダナ・ベス・ワインバーグ氏と数学者のアダム・カペルナー氏の研究チームです。ワインバーグ氏は、出版の世界は著者・評論家の両面で男性によって支配されて偏りが生じていることを明らかにした2017年10月のGuardianの記事に関心を持ったことから、今回の調査を行うことを決めたとのこと。この調査についてワインバーグ氏は「我々の研究では、『著書のジャンルにおけるジェンダーの分離』『ジャンルごとの価値の違い』『ジャンル内での差異』の3つの点を調査しています」と述べています。

    引用記事:https://gigazine.net/news/20180510-women-book-half-price/
    CBSE-schools-to-run-tuck-shops




    関連記事


    1: 高低差速報
    【アンケート調査方法】
    調査名:結婚と婚活に関するアンケート
    調査対象:20代~60代までの男女
    サンプル数:196サンプル
    調査期間:2018年4月24日~4月26日
    調査方法:インターネット調査

    結婚相談所のサンマリエは5月2日、「結婚と婚活に関するアンケート2018」の結果を発表した。調査は今年4月にインターネットで実施し、20~60代の男女196人から回答を得た。

    何歳までに結婚したいかを聞くと「30歳」(男性:26%、女性:41%)、「35歳」(40%、29%)が多かった。8割近くが30代には結婚パートナーを得たいと考えていることが分かった。

    ■男性に年収700万円以上を求める女性は2割のみ

    結婚相手を選ぶ際、最も重視するものを聞くと、男女ともに1位は「性格」(男性:80%、女性:70%)が多い。次いで男性は「容姿」(14%)、女性は「経済力」(12%)と続く。

    結婚相手に望む年収を聞くと、男性は「こだわらない」(43%)が最も多かった。次いで「300万円」(32%)、「400万円」(14%)と続く。理由として、


    「金額にはこだわらないが、ある程度は稼いでほしい」
    「少なくても構わないので一緒にがんばりたい」

    と少なくとも、ある程度収入があることを想定して回答している人が多い。

    一方、女性は「400万円」(23%)が最多。以降、「500万円」(19%)、「600万円」(15%)と続く。昨年は「500万円」「600万円」が同率1位だったが、今年は100~200万円希望額が下がっている。
     
    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=53726 


    wedding_syukufuku

    関連記事


    1: 高低差速報
    3月8日は国連が定めた国際女性デー。英誌がこの日にあわせ発表した「ガラスの天井」ランキング(2018年版)で、日本は主要29カ国中28位とワースト2位に甘んじた。経済協力開発機構(OECD)によると、大卒女性の就業率が日本は諸外国に比べ低く、高学歴女性を生かしきれていない。労働力人口が縮むなか、「眠れる宝」の掘り起こしは急務だ。
    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27824790X00C18A3EA1000/
    9ca2fcec-340121




    関連記事


    1: 高低差速報
    フォーミュラ1の公式サイトは「フォーミュラ1(以下F1)はレースクイーン起用を中止する」との声明を出した。
    「F1は、2018年のグランプリシーズンの開幕にあたり、レースクイーンを起用してきた長年の慣例を終了させる。
    この変更は、グランプリ週末に行われる他のモータースポーツ競技にも当てはまる」との声明を発表した。
    F1は、3月25日にオーストラリアのメルボルンで開幕するが、このオーストラリアGPからレースクイーンが廃止されることになった。

    参照記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000001-wordleafs-moto
    tamuraatsushi



    関連記事

    このページのトップヘ