高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    奴隷


    1: 高低差速報
    アマゾンジャパンは6日、商品の顧客への配達が一部で遅れていることを明らかにした。顧客の指定した日時や、同社が配送予定と伝えた日時よりも遅れる事例があるとしており、対策を急いでいる。
    アマゾンの広報担当者は「複数の配送業者と協議を続けており、顧客の指定日時の配送を実現するため努力中だ」とコメントした。

     遅延が発生している時期や地域など具体的な事例は公表していない。利用者からは「届かない」という問い合わせもあるというが、件数や内容は明らかにしない。
    amazon



    関連記事


    1高低差速報
    https://www.robertwalters.co.jp/salarysurvey/special-discussion-2.html


    最後に、移民の受け入れについて。最も重要なダイバーシティ課題です。多くの人が「移民」という単語にアレルギーに似た抵抗感を示します。
    ヨーロッパでは、セキュリティー(安全)などの面で深刻な問題に直面しています。
    安倍首相は、そうした問題点と労働人口不足の双方を深く理解していますので、(「移民」ではなく)「ゲストワーカー」誘致の方針を示しています。
    経済特区という考えもあります。東京はそのひとつですが、東京、神奈川、大阪の3都府県では、家政婦、ヘルスケア、
    ヘルパーなど介護サービス分野に限って外国人労働者を積極的に受け入れることを検討しています。ステップバイステップではありますが、
    ダイバーシティ課題は積極的に協議され、解決に向かって進歩しています。
    およそ10年後には日本の人口が毎年100万人ペースで減少します。私は和歌山県に生まれましたが、和歌山県民がおよそ100万人です
    。毎年、都道府県が1つずつ無くなると考えるとわかりやすいかもしれません。そういった状況ですから、
    移民受け入れについての議論を避けて通ることはできないのです。


    DSC_7453





    関連記事
     

    2ちゃんねるのコメント


    1:
    http://nikkan-spa.jp/1097395

    先日来日した、ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領。“世界一貧しい大統領”として一躍名を馳せた氏が東京外国語大学で行った
    講演のテーマは、「日本人は本当に幸せですか」。
     どこか生きづらさを感じる昨今、多くの人がその言葉に共感している様子だ。特に、
    「富に執着するあまり絶望に駆られる人生を送ってほしくない」とのメッセージには、考えるところも多いのでは。
    確かに高収入や立身出世を目標にせっせと働いてきたが、どうも行き詰まっているような気がしてならない。
    このままでは、“仕事の奴隷”になってしまいそうだ。では、一体どうすれば私たちは幸せになれるのだろうか。

    ブラック企業を撲滅しても、幸せはやってこない
    『勤勉は美徳か? 幸福に働き、生きるヒント』(著:大内伸哉、法学者)は、労働法の見地からそんな
    現状を打開する手がかりを探っていく一冊。とは言うものの、労働法は何でも解決してくれる“魔法の杖”ではない。

    <現実に、「ブラック企業」の問題が新聞で大きく報道されることからもわかるように、労働法が遵守されていないことが
    労働者を不幸にしており、それへの対策はもちろん大切です。
     だからといって、労働法がきちんと遵守されていれば、労働者が幸福になれるとは限らないのです。>
    (はしがき ※改行、太字は編集部。以下同)
     つまり法の役目は、致命的な不幸を退けるまで。そこから先の幸福は労働者の主体性に委ねられるべきものだ、というのだ。

    <仕事の内側に入るということ、つまり仕事において自らの判断や創意工夫や裁量など、主体性を発揮できる範囲を広げて、
    自分なりの作品を作るという気持ちで仕事に臨むことができたならば、ずいぶんと状況が変わることになります。>
    (第1章 労働者が不幸となる原因を考える)
     「そう言われてもねぇ……」、と思う人も少なくないはず。“社畜”なる言葉が当り前の風土には、ちょっと爽やかすぎやしないか。

    ダウンロード-1


    関連記事
     





    ベッキーついにブチ切れた!ゲス川谷に鉄槌


    早稲田大学サークル「SOPHIE」、居酒屋での非常識なトラブルで炎上・・・(画像あり)

    民進党・山尾議員のコーヒー代がすごい額になってるんだがwwwww

    マクドナルドのヤバい映像

    “ヤバすぎる”日本三大奇書とは?

    硫酸のパワーすげえ!が良く分かる面白実験。わずか3分でこんなになっちゃうのか。

    【朗報】またやったぜ日本!折りたたみスマホの開発に成功!!!

    Wi-Fiただ乗りしてる隣人を晒し上げたいんだけど

    入社式で結構可愛い女が泣かされててワロタwwwwwwwww

    韓国人「日本のツイッターで拡散している韓国の画像をご覧ください」

    参照記事 : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1461560341/



    2ちゃんねるのコメント


    1:
    sssp://img.2ch.sc/ico/neeno.gif
    結婚後の妻から夫への“小遣い制”についてホリエモンがTwitterで以下のようにコメント。
    “ぶっちゃけ小遣い制とかどんだけMなんだよ笑”

    自身も一度結婚を経験した上で、そもそも結婚自体に否定的なホリエモンらしい発言といえるが、その真意はどこにあるのか、過去のTwitterの発言を遡ってみる。

    ホリエモンは自身の結婚生活時を振り返りながら「俺のほうが財布の管理能力が高いのに任せる意味なくね?」とコメント。
    そもそも家計の管理を妻に任せっきりにする思考そのものが信じられないという様子だ。
    また、世間では家庭をもつと、ある程度収入があっても子供の教育費や、住宅、車のローンなどで少額の小遣い制で生活している夫がたくさんいるというのだ。
    これに対してもホリエモンは「子供のために自分は犠牲になるわけ?」「何が楽しくて生きてるのだ?」と理解できない様子。

    自身は「上限なく使えるのが理想」だとコメントしているが、ホリエモンは常々お金は目的ではなく、やりたいことを実現するための手段だと主張している。
    http://weblog.horiemon.com/100blog/35281/






    【悲報】IKEAの机の中身、ハニカム構造の厚紙だったwwwwwwwww


    【悲報】北海道で史上稀に見る猛吹雪で大変なことに・・・

    【緊急】 misono(31)が超ヤバイ・・・・ (●Д●;))

    【衝撃】 マ ジ か よ ……っ て な る 画 像く だ さ い

    【画像】右足だけで100kgあるインド人が発見される

    宇宙最大のブラックホールをもつ銀河を撮影 太陽の210億倍、ハッブル宇宙望遠鏡で

    【画像】SEALDsが名古屋で渋滞を発生させながらデモ「民主主義ってこれだ!」

    【悲報】イタ飯屋予約客40名が一人も来ない

    もしも「国」がなかったらどうなると思う?

    俺、Amazonで箱買いしたチキンラーメンを泣く泣く捨てる

    参照記事 : http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1449713325/



    このページのトップヘ