高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    孫正義


    1: 高低差速報
    ソフトバンクの孫正義オーナー(60)が24日、福岡市で開かれた「オフィシャル
    スポンサー感謝の集い」にVTR出演し、一部で“金満野球”とも批判される球団経
    営について「金満うんぬんと言う人もいますが、それは言わせておけばいい」と我関
    せずで従来通り突き進む考えを示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000304-sph-base
    img_4672c55462707ac7cd3553cbbc81aa6243177



    関連記事

    1: 高低差速報
    孫正義社長率いるソフトバンクグループが、海外M&A展開を加速。米子会社で携帯4位のスプリントと同3位のTモバイルUSとの合併交渉を視野に入れて、米携帯市場の再編を主導しようとしている。

    同時に米CATV大手のチャーター・コミュケーションズなどとの合併、提携も模索。サウジアラビアなどと共同で発足させた10兆円規模のファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」で、インドのネット通販最大手フリップカートにも出資するなど、まさに世界を巻き込む動きを見せている。

    買収金額はいつも「高い」
    そもそもソフトバンク自体が、M&Aを繰り返して成長し、周囲の会社や技術を取り込んで肥大化を続けてきた会社だ。

    さまざまな事業に投資しているように見えるが、その狙いは「通信とインターネットの融合」に集約してきた。最近はより将来を見据えており、AIやIoT、ロボットといった先進技術に関連すれば何でも買う、という姿勢のようだ。

    その買収金額は、アナリストとして言わせてもらえば、いつも「高い」と思わされるものばかり。孫社長は「将来花開くぶんをプレミアムとして載せている」と言うが、ソフトバンクは買収資金を増資ではなく社債の発行でまかなっているため、15兆円近い有利子負債を抱えている。

    一方で、ソフトバンクが保有する上場株式の含み益は16兆円近い。十分帳尻は合わせているとも言え、判断が難しい。

    ただ言えることは、孫社長が主導する大型のM&Aで、ここまではっきり失敗したと言えるものは一つもないということ。失敗かと思われたスプリントですら、現在は黒字化し、安定的なキャッシュフローを狙えるところまできた。

    孫社長は時代の大きな転換期、言うなればパラダイムシフトを見極め、そのキープレイヤーとなる会社を買ってきた。孫社長自身の先見性がソフトバンクの最大の武器であり、また後継者問題を含めた最大の不安要素とも言えるだろう。

    http://president.jp/articles/-/23037
    孫正義の生い立ち




    関連記事


    1: 高低差速報
    ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は18日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズへの出資を検討していると明らかにした。訪問先のニューヨークで記者団の質問に答えた。

     ソフトバンクは配車サービスに関し、中国やインド、シンガポールの企業にも出資している。孫氏は「新しい時代の交通で、革命的な進化が起きると思っている。強い関心がある」と説明した。

     孫氏は「ステップ・バイ・ステップで、これから検討ということだ」と述べ、詳細についての説明は避けた。米メディアは、ソフトバンクなどによるウーバーへの出資が最大100億ドル(約1兆1千億円)に上り、交渉が今週にも決着すると報じていた。(共同)
    http://www.sankei.com/economy/news/170919/ecn1709190025-n1.html



    uber2

    関連記事


    1: 高低差速報
    ソフトバンクグループは昨年、3.3兆円をかけて英半導体設計大手のARMを買収した。スマートフォン向けCPUなどで豊富な実績を持つARMだが、ソフトバンクグループはなぜ、それだけ巨額の資金を投じてARMを買収したのか。またARMの買収によって、ソフトバンクグループは何を目指そうとしているのだろうか。

    大半のスマートフォンに採用されているARMの技術
    これまで、英ボーダフォンの日本法人や米スプリントなど、大規模な企業買収を繰り返して大きな驚きを与えてきたソフトバンクグループ。だがそうした中でも最も大きな規模の買収となったのが、昨年買収した英ARMである。

    ARMはCPUなどの設計を手掛ける企業で、その設計を、CPUなどを開発・製造するメーカーにライセンス提供し、ロイヤリティを得るというビジネスを展開している。それゆえ同社の設計を採用する企業には、スマートフォン向けのチップセット「Snapdragon」シリーズで知られる米クアルコムなど、非常に多くの企業が名を連ねている。

    ARMの設計を採用したチップセットは多種多様な機器に搭載されているが、中でもよく知られているのは、やはりスマートフォンやタブレット向けのチップセットであろう。今やスマートフォンの9割以上はARMの設計を採用したチップセットを採用していると言われており、スマートフォン開発になくてはならない存在となっているのだ。

    だがARMの買収と、これまでソフトバンクが巨額で買収した企業とを比べると、ある大きな違いが見られる。それは、ARMが経営不振に陥っているわけではないということだ。

    ボーダフォンの日本法人やスプリントの買収は、日米の携帯電話事業への新規参入が主な理由である。だがそれ以前に両社とも、ソフトバンクグループに買収される以前は業績を大幅に落とし、経営不振に陥っていた。つまりソフトバンクグループにとって、買収は事業参入のチャンスをつかむだけでなく、経営を立て直し業績を回復させることで、売上を拡大させる余地があったからこその買収ともいえるわけだ。

    だがARMに関して言うならば、半導体設計事業に参入するというサプライズはあるものの、経営は順調であることから、ソフトバンクグループが関与することで業績を大きく伸ばす余地は、あまりないように見える。にもかかわらず、ソフトバンクグループがあえてARMを買収したのはなぜなのだろうか。

    その主な理由として挙げられるのは、ソフトバンクグループが現在力を入れている分野の1つである「IoT」にある。

    あらゆるモノがインターネットに接続するというIoTの概念が広まれば、インターネットに接続するデバイスの数は、現在のスマートフォンやパソコンの比にならない規模となる。だが一方で、モノがインターネットに接続するためには、モノ自体も携帯電話からスマートフォンに変化したときのように、モノ自体がコンピューター化する必要が出てくる。 あらゆるモノがコンピューター化した場合、スマートフォンと同じように、モノにもCPUやメモリ、通信機能などが内蔵される時代がやってくることとなる。そうなれば、ARMの設計を採用したチップセットが、スマートフォンからあらゆるモノへと広がることとなり、それに伴ってチップセットの販売拡大、ひいてはARMのライセンス収入拡大へとつながっていくわけだ。

    しかもARMのCPU設計は省電力性に優れていることから、他社のCPUと比べIoTデバイスに搭載するのに適している。それだけに、IoTデバイスが広がるほどARMの業績が急拡大する可能性が高く、ソフトバンクグループはそこに目を付けてARM買収に至ったと見ることができるだろう。

    とはいうものの、将来の売上拡大を見越しての買収に、3.3兆円もの投資をするというのはリスクが高いように思える。ソフトバンクグループがARMを買収したのには、売上の拡大だけでなく他にも大きな理由があると考えるべきだろう。
    以下ソース
    http://news.mynavi.jp/articles/2017/07/15/softbankgroup/



    488x-1

    関連記事


    1: 高低差速報
    「孫さんがウォーレン・バフェットを超える世界一の投資家になる。間違いない」。みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長は28日、東京都内で開かれた催しでこう語り、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長を絶賛した。バフェット氏は「投資の神様」として名高い米投資家。

     ソフトバンクグループはサウジアラビアなどを巻き込みながらIT分野などに投資する10兆円規模のファンド設立を主導している。佐藤氏はこの点に触れ「孫さんはすごいことに挑戦している」と語り、ファンドの成否が主力銀行のみずほにとっても一大事であることをうかがわせた。

     孫氏は記者団に「過大な評価。僕は(バフェット氏を)大変尊敬している」と控えめにコメント。ただ「僕は僕の努力をこれからもやっていく」と決意を示していた。


    http://www.sankei.com/economy/news/170728/ecn1707280032-n1.html




    img_37d3111e9596df20a421fb6f3127b146171626

    関連記事


    1: 高低差速報
     ソフトバンクグループ(9984)の孫正義社長は21日に都内で開いている定時株主総会で、自身の後継者問題について「10年かけて、しっかり課題として取り組んでいく」と述べた。「十分に気心が知れて、同じ方向で経営を引っ張ってくれる、能力的・人格的に優れた人物を指名する」と説明した。

     孫社長は時折、せき込みながら株主からの質問に答えている。質問に立った株主から「健康に気を付けて欲しい」と心配される一幕があった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL21HBN_R20C17A6000000/
    o-MASAYOSHI-SON-facebook



    関連記事


    1: 高低差速報
    http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1706/21/news094.html

    img_44bf47ef082c1263d711c44f657d3936722657



    ソフトバンクグループの孫正義社長

     「2020年の東京オリンピックに向けて、ぜひ訪日外国人向けの無料Wi-Fiスポットを充実させてほしい」

     6月21日のソフトバンクグループ株主総会で挙がった株主からの質問に対して、孫正義社長の答えは「やりましょう」でも「検討しましょう」でもなく、「無料Wi-Fiのサービスは、むしろなくすべきだと思っている」だった。

     「オリンピックのたびに、無料Wi-Fiではさまざまな被害が起きている。具体的にはセキュリティの問題。Wi-Fiスポットのセキュリティの穴を突いた被害が大量に発生している。無料Wi-Fiよりも、世界中の携帯事業者とデータローミングをする方がいい。例えばアンリミテッドな(無制限の)ローミングなど。日本のLTEは世界で最も優れたカバー率と容量を持っているし、(ローミングの方が)セキュリティを保てて手間も掛からない。Wi-Fiスポットがいいというなら、別途セキュリティの問題を解決できるか検討したい」(孫氏)


    http://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1706/21/st_sbwifi-02.jpg 
    関連記事

    このページのトップヘ