高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    宇宙


    1: 高低差速報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000029-asahi-soci

    月の地下に、長さ約50キロに及ぶ長大な空洞があることが、日本の月探査機「かぐや」の
    観測データから判明した。過去の火山活動で生じたとみられる。宇宙航空研究開発機構
    (JAXA)が18日、発表した。

    空洞があるのは、月の表側にある「マリウス丘」と呼ばれる領域。かぐやが撮影した画像には、
    直径と深さがそれぞれ50メートルの縦穴が写っていた。

    電波を使って得た周辺の地下構造のデータを詳しく調べたところ、この縦穴から
    西に向かって、幅100メートルほどの空洞が約50キロにわたって続いていることがわかった。
    内部は崩壊しておらず、地層などに氷や水が存在する可能性もあるという。

    月では約10億年前まで大規模な火山活動があったと考えられている。火山活動で溶岩が
    流れ出ると、表面は冷えて固まるが、内部は熱いまま流れ続ける。その通り道が空洞として
    残ったとみられる。

    将来、月の有人探査でこの空洞を基地に利用できれば、宇宙放射線や厳しい温度環境の
    影響を和らげることができ、氷や水を燃料などに活用できる可能性がある。

    JAXA宇宙科学研究所の春山純一助教は「広がりが期待できる縦穴はほかにもある。
    将来的に基地を作るにも絶好の適地」と話している。

    論文は米地球物理学連合の専門誌ジオフィジカル・リサーチ・レターズ(電子版)に掲載された。


    月の空洞のイメージ
    no title

    関連記事




    1高低差速報
    地球から370万km彼方を漂う「超巨大鉄隕石」が、世界経済を破壊する危険性が浮上。
    NASAも本格的な調査に乗り出したという驚きのニュースが入った。
    隕石衝突の危機は以前から叫ばれているが、世界経済が崩壊するとは一体どういうことだろうか?

    ■1000京ドルの隕石

    英紙「Daily Mail」(1月17日付)によると、問題となっている隕石は「プシケ(16 Psyche)」と呼ばれる太陽系小惑星のひとつで、火星と木星の間の小惑星帯を公転する、幅200kmあまりの巨大な鉄の塊だという。
    大きめの隕石だが、このサイズの小惑星は宇宙空間にゴロゴロ転がっている。一体この隕石の何が特別なのだろうか?

    問題はプシケに含まれる金属の含有量だ。
    なんと、世界経済の総額(約7370兆ドル)のおよそ1356倍にあたる1000京ドル(約10垓円)相当の鉄が含まれているというのだ!
    さらに、金・プラチナ・銅などのレアメタルも含有しているとみられ、実際の価値はそれ以上になるそうだ。

    画像:



    アリゾナ大学のリンディ・エルキンス=タントン教授によると、この隕石が地球にもたらされた場合、レアメタルを所有・取引する世界中の政府や持ち株会社の価値が暴落するだけでなく、採掘会社から貿易会社まで大きな影響を被ることは間違いなく、究極的には世界経済の崩壊につながる危険性まであるという。

    「大量の金属を含有する巨大隕石を地球にもってきたとしても、一体なにができるというのですか?
    世界中の金属資源問題を永久に解決できるとでも思いますか?まったく無謀な妄想です」(エルキンス=タントン教授)

    ■NASAの思惑は……?

    画像:



    もちろんNASAはプシケを地球に持って帰ろうとは夢にも思っていない。彼らが興味を持っているのは別の特殊性である。
    プシケは、鉄のコアがむき出しになったままの非常に珍しい小惑星だと考えられており、太陽系初期の惑星形成プロセスを理解するうえで重要な知見が得られると考えられている。

    つまり、プシケを調査することで地球地殻の形成プロセスを知ることができるのだ。
    そのため、今回のNASAのミッションは惑星の地殻・内核の調査に主眼が置かれているという。

    「地球の地殻を調査するには、プシケを調査するしか方法がありません。
    つまり、地球内部を調査するために、外宇宙へ飛び出していくのです」(エルキンス=タントン教授)

    画像:



    興味深いことに、プシケには水が存在する可能性も指摘されている。
    エルキンス=タントン教授は、火星を植民地化する場合、燃料や飲み水として利用されるかもしれないと語っているが、すでにエイリアンの情報を握っていると噂されるNASAの思惑は別のところにあるのかもしれない。

    魂を意味する古代ギリシア語「プシュケー(psyche)」にちなんだ名称も気になるところだ。
    現段階では何も断言できないが、今後UFOコミュニティなどでもプシケの話題が増えてくることだろう。

    ミッションは2023年の10月に開始され、探査機が火星を通過し、プシケに到着するのは2030年の予定だ。
    まだまだ先になるが、NASAの動向は逐一チェックしておいた方が良さそうだ。

    http://tocana.jp/2017/01/post_12074_entry.html
    http://tocana.jp/2017/01/post_12074_entry_2.html
    関連記事


    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    ビッグバンの前にはもうひとつの「古い宇宙」があった:研究結果

    宇宙はビッグバンから始まった…という通説は間違っていたのかもしれない。
    現在の宇宙は、収縮状態にあった「古い宇宙」が膨張し始めたことで生まれたということを、量子力学を用いて示す研究が発表された。

    宇宙は常に膨張状態にあり、それは「ビッグバン」
    ──無限大の密度をもつ高温の1点からの爆発によって始まった、と一般的に考えられている。

    しかし、初期の宇宙に関する研究によって、宇宙はまったく新しいものから始まったのではなく、
    古い壊れかけの宇宙から形成されたのかもしれないということが示された。

    物理学者たちは、このアイデアについて長い間議論してきた。ビッグバン理論では、われわれが理解している
    物理法則に反する状態から宇宙が始まったことになるからだ。その代わりに、宇宙には「収縮」と「膨張」の
    2つの時期があり、それがビッグバンのタイミングで切り替わったのだと考える科学者もいる。

    このいわゆる「ビッグバウンス」理論は、1922年に発表されたものである。しかし、宇宙がどのようにして
    収縮状態から膨張状態に移行したのか(あるいは逆に膨張から収縮に移行するのか)を物理学者たちは
    説明できずに議論は保留されていた。いままでずっと。

    宇宙を助けたクオンタム

    インペリアル・カレッジ・ロンドンのステフェン・ギーレン博士とカナダのペリメーター理論物理学研究所の
    所長であるニール・トゥロク博士は、どのようにビッグバウンスが起こりうるかを発表した。

    研究によれば初期の宇宙は、宇宙全体の構造から原子レヴェルにまで同じように物理法則が働いて、
    すべてのスケールにおいて同じ挙動を示していたという。この考えは「コンフォーマルシンメトリー」として知られている。

    現代の宇宙では、原子より小さい粒子は大きい物質とは異なる挙動を示すので、このシンメトリーは崩れている。
    素粒子は、いわゆる量子力学の支配下にあるからだ。

    しかし初期の宇宙では、すべてのものが信じられないほど小さかったので、わたしたちが現在目にする
    大きなスケールでの物理学ではなく、量子力学の原理だけが適用されていたという。
    http://wired.jp/2016/07/29/big-bounce-universe/







    9fdc2ba7




    関連記事

     






    windows10のデフォルト設定怖すぎわろたwww


    磯山さやかに実況やらせてたフジテレビwwwww

    日給6,800円の肉体労働を働いてきた結果、晩飯が・・・

    【驚愕】二週間炭水化物抜いてみたらwww

    暇だからベトナム旅行した時の写真うpしてみる

    【画像あり】Facebookで3000万人が見たポケモンGOの風刺画がこちらです

    おもしろい化学のgif見せたろか?(GIF動画画像あり)

    【悲報】おのののかの見下し発言に視聴者の不快感が限界超え

    韓国人「EU”世界最高の革新国家は韓国”…米国、日本、EUよりも上」

    鷲見玲奈アナ、ヤクルト山田哲人と交際中だった。

    参照記事 : http://2ch.sc/



    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://news.mynavi.jp/articles/2016/06/30/rocketnight/

    北海道に拠点を置くインターステラテクノロジズが今夏、高度100kmを目指した新型ロケットの打ち上げを実施する。
    6月28日、DMM.make AKIBA(東京都千代田区)にてトークイベント「ロケットナイト」が開催され、同社ファウンダーの堀江貴文氏や
    代表取締役の稲川貴大氏が登壇。ロケット開発の最新状況などについて語った。

    同社が打ち上げるのは、全長8.5m、重量900kg(推進剤含む)の1段式観測ロケット「モモ」。燃料にエタノール、
    酸化剤に液体酸素を使う液体ロケットで、推力1トンの新型エンジンを搭載する。打ち上げ後100秒で燃焼を終了し、
    そこから約4分間、微小重力環境を提供することが可能だ。ペイロードは最大20kg。

    同社は2011年3月から、北海道にてロケットの打ち上げ実験を繰り返してきたが、宇宙空間と言われる高度100kmに
    到達する能力を持つロケットはこれが初めて。今までの最高は6号機「すずかぜ」の高度6.5kmなので、
    一挙に10倍以上に挑戦することになる。そのため、モモでは機体の全長、エンジンの推力が約2倍に大型化している
    今回のイベントでは、モモと同サイズのモックアップが初披露。堀江氏も今回初めて見たそうで、「8.5mというのは数字としては頭に入っていたが、
    実際に見ると違う」と、実物の大きさに驚いた様子。客席の最後尾から最前列まで貫通するような長さだが、
    それでも搭載できる荷物はわずか20kgということで、稲川氏は「それが宇宙の遠さ」だとした。

    堀江氏は、宇宙開発を手がける理由を「みんなが当たり前のように宇宙に行ける世界を実現するため」だと説明する。
    今でも大金を払えば、民間人であっても宇宙に行くことは可能だ。障壁となっているのは技術ではなく、高いコストなのだ。
    堀江氏も「宇宙に行くボトルネックは値段だけ」だと言い切る。

    低コスト化のために、部品は可能な限り汎用品を使う。性能は多少落ちてもいいから、シンプルに作る。使い捨てでもたくさん打ち上げることで、
    量産効果を狙う。そのためには、「最低性能があればいい。そう考えて作っているので安くできる。よくバカにされるけど、飛びさえすればそれでいい」(堀江氏)
    量産で安くするためには、まずは需要が必要だ。ロケットが安くなったとして、どのくらいの人が使おうと思うか。堀江氏はその点について、
    「僕は楽観的」だと述べる。「僕が考えるだけでもいろいろある。鳥人間コンテストみたいに、地球と月の間でレースをしてもいい。
    ロケットはまだバカバカしいことに使われていない。それがすごく残念」

    高度100kmへの到達は、本当に最初の一歩だ。今回のロケットは弾道飛行専用であり、まだ人工衛星の打ち上げには使えない。
    地球を周回するためには、さらなる大型化が必要になる。多段化など、技術的な課題もある。
    だが、本当に「宇宙に行けた」となれば、ぐっと現実味が出てくる。本気で考える人が増えれば、今まで思いもよらなかったような使い方が出てくるかもしれない。
    そういう意味で、今回の打ち上げは大きなマイルストーンになるだろう。
    初号機の打ち上げは技術実証試験として実施する。ペイロードは未定で、何か実験装置を搭載したい人がいれば声をかけて欲しいという。
    打ち上げの時期は8月下旬以降になる見込み。最初の数回は技術実証試験として行い、その後、商業打ち上げに繋げる考えだ。

    なお、同社は打ち上げ費用として、2700万円を目標額としたクラウドファンディングを実施中。出資は3000円から。リターンは、オリジナルTシャツ、
    打ち上げ中継の限定公開URL、打ち上げ報告会参加権、指令所スタッフ参加権など。最高額の1000万円コースでは、
    なんと打ち上げボタンを押す権利まで用意されている。


    https://camp-fire.jp/projects/view/7166




    maxresdefault

     
    関連記事





    【愕然】 生保の女と○した結果wwwwwwwww


    【激写】 高橋みなみ(25)の彼氏(40)が完全にそっち系で草!w

    【悲報】ベッキーまたやらかす!!!! 炎上再びwwwwww

    【経済】世帯当たりの平均貯蓄残高・・・

    【速報】橋下徹 討論番組で論破しまくる 勝てるの石破茂と上祐しかいないだろこれ

    【話題】サイコパスは8割が遺伝 遺伝にまつわる「言ってはいけない」タブー

    日本人ってここ10年で一気に民度下がったよな

    【画像】ワイのPC周りかっこよすぎてワロタwww

    【悲報】IT企業に勤めるま~ん(笑)さん、とんでもない理由で退職をする

    2月からユーチューバーになって得られた収益wwwwwww

    参照記事 : http://2ch.sc/



    このページのトップヘ