高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    家柄


    1: 高低差速報
    あなたは、結婚相手にどんなことを求めますか。
    以前は一般的にいわれていた『結婚相手に求める条件』も、時代と共に変化しているようです。

    さまざまなことをランキング化している『gooランキング』が、以前はよくいわれていたけれど『いまは正直いってどうでもいい、結婚相手の条件』をアンケート調査しました。
    対象となったのは、20代から30代の女性250人。
    すると、驚きのものから、納得いくものまで、さまざまな結果が出ました!

    ■『家』ではなく、『個人』を見る時代に?

    まずは、どうでもいい条件の10位から4位までの発表です。
    10位 実家の経済力
    9位 育った環境の一致
    同率7位 身長の高さ
    同率7位 家柄のよさ
    6位 年齢の若さ
    5位 運動神経のよさ
    4位 実家の所在地

    以前は気にされていた『家柄』も、いまは気にしない人が多いようです。
    また、『身長の高さ』がランクインしているのは、意外と思う人がいるかもしれません。
    気になるTOP3がこちら!

    ■3位 学歴の高さ

    高学歴の人はよい会社に就職し、高収入を得る…そんなことが当たり前の時代がありました。
    しかし、現代では「高学歴であっても、必ずしも安定した高収入を得られるというわけではない」という声を聞くこともしばしば。
    その影響が、結果にも表れたのかもしれません。

    ■2位 長男かどうか

    昔は「家を継ぐ」ということが重要視される傾向にありました。
    長男と結婚すると「家族と同居しなければならない」「嫁・姑問題に巻き込まれる可能性が高い」など、女性からするとプレッシャーを感じることもあったでしょう。
    現代は「長男だから家系を継がなければならない」という風潮は薄れつつあるため、長男かどうかを気にしないという人は多くなっているようです。

    ■1位 出身地がどこか

    結婚相談所では、プロフィールを登録する際に必ずといっていいほど出身地を聞かれるそうです。
    「年末年始にどちらの実家に帰省するか」などを気にする人が以前は多かったようですが、いまでは気にしないという人が増えたようです。

    時代に合わせて変化していく、相手に求める結婚の条件。
    どういったことを求めるにせよ、互いにとって幸せと思えるパートナーを見つけられたらいいですね。

    引用記事:https://grapee.jp/440202
    shinzenshiki_couple2



    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    ・関東以外出身
    ・学歴が国公立未満
    ・文系
    ・年収900万未満
    ・来る年賀状50通未満
    ・女性
    ・18歳までに性経験なし
    ・同性愛者
    ・18歳までに片親であったことがある
    ・父親の年収900万未満だった
    ・両親のどちらかが国公立大卒でない
    ・身長180cm未満
    ・ハゲ
    ・デブorガリ
    ・英語喋れない
    ・偏食
    ・喫煙者
    ・アル中
    ・発達障害持ち。
    ・アニメ/アイドルのオタク
    ・運転免許を持っていない


    当てはまるのが...
    0個→普通
    1~3個→気持ち悪がられるだけでまだ生きていける
    4~6個→まともな生活ができない
    7個~→社会のゴミ。死んだほうがいい




    picture_pc_4a7397d8b463e073ee6a82e6782af844
     
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    【「旧家族」の序列とは?】

    「旧華族」とは明治以降の貴族階級のこと。そんな旧華族の末裔たちが人知れず集う「霞会館」は、霞が関ビル(東京都千代田区)の34階にある。ここには一般人は入ることができない。

     その旧華族にも「序列」がある。最高ランクは平安時代にルーツを持つ藤原北家の流れを汲む「五摂家」(近衞家、九条家、鷹司家、一条家、二条家)と武家の「徳川宗家」であり、明治維新後に「公爵」を授けられた。

     中でも五摂家筆頭の近衞家は戦時期の首相・近衞文麿や細川護熙元首相を輩出し、現在の当主・近衞忠煇氏は日本赤十字社の社長を務める。鷹司家の現在の当主(28代目)である鷹司尚武氏は伊勢神宮大宮司の職にある。現首相の安倍晋三(大島家)や副総理の麻生太郎(牧野家)は旧華族といえども発祥は明治期。「五摂家」とは歴史が違うのだ。

     公爵の下には位の順に「侯爵」「伯爵」「子爵」「男爵」があり、頑強な華族ヒエラルキーを形成した。戦後、華族制度は廃止されたが、培った「人脈」は失われなかった。

     恵まれた家系から信頼が厚く、各界に幅広い人脈を持つ旧華族は、昔から人と人を“つなぐ”役割を期待された。1200年の歴史を誇る「旧華族」四條家出身で、庖丁道で知られる日本料理の流派・四條司家の第41代当主の四條隆彦氏の父であり、先代の隆貞氏は、「政財界のフィクサー」として名を馳せた。

    「父は田中角栄元首相のことを“エイちゃん”と呼んで親しくしていた。旧華族の一員として、霞会館を舞台に様々な業界や身分の人を繋げていた」(隆彦氏)

     影響力は政財界にいまなお現存すると、『日本の華族 その栄光と挫折の一部始終』(新人物往来社刊)の著者で静岡県立大学の前坂俊之名誉教授も指摘する。

    「財閥系の閨閥には婚姻を通じて多くの旧華族が繋がっている。今も霞会館というインナーサークルを通じて新しいビジネスが生まれている」

    http://www.news-postseven.com/archives/20160717_428779.html




    関連記事






    【愕然】 生保の女と○した結果wwwwwwwww


    【激写】 高橋みなみ(25)の彼氏(40)が完全にそっち系で草!w

    【悲報】ベッキーまたやらかす!!!! 炎上再びwwwwww

    【経済】世帯当たりの平均貯蓄残高・・・

    【速報】橋下徹 討論番組で論破しまくる 勝てるの石破茂と上祐しかいないだろこれ

    【話題】サイコパスは8割が遺伝 遺伝にまつわる「言ってはいけない」タブー

    日本人ってここ10年で一気に民度下がったよな

    【画像】ワイのPC周りかっこよすぎてワロタwww

    【悲報】IT企業に勤めるま~ん(笑)さん、とんでもない理由で退職をする

    2月からユーチューバーになって得られた収益wwwwwww


    参照記事 : http://2ch.sc/



    このページのトップヘ