高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    家電



    1: 高低差速報
    アマゾンのスマートスピーカー、Amazon Echoが11月、ついに日本上陸することが確定した。アマゾンは11月8日、都内でAmazon AlexaとAmazon Echoに関する発表会を開催すると報道関係者にアナウンスした。
    スマートスピーカー(AIスピーカー)をめぐっては、8月にLINEが「ClovaWAVE」を先行発売し、その後、10月6日にはグーグルの「Google Home」の発売が始まった。日本では最後発の参入となる。
    アマゾンによると、11月8日の製品発表会見には、アマゾンジャパン合同会社のジャスパー・チャン社長のほか、Amazon.com Inc,のAmazon Alexa担当シニア・バイス・プレジデントのトム・テイラー氏、アマゾンジャパン合同会社Alexaエクスペリエンス&デバイス・シニアマネージャーのカレン・ルービン氏が登壇する模様だ。
    アメリカでは、Amazon Echoシリーズは累計1000万台以上の出荷があるとされており、事実上の最大勢力。日本参入に向けて、日本語対応のみならず、パートナー企業や関連サービスをどこまで広げてくるのか、注目だ。
    引用記事:https://www.businessinsider.jp/post-106488
    f8242bebcc0f0713b9b38f2e47a8c7c1




    関連記事


    1高低差速報
    東芝倒産の危機をはじめ、日本の白物家電業界が絶滅の危機に追い込まれている。かつて世界市場を席巻した日本の電気産業は、なぜここまで凋落してしまったのか?
    根本的な原因を探った時、浮かび上がるのが二つの超巨大企業の存在だった…。

    記者として長年電気業界を取材し続けてきた大西康之氏が、その要因を著書『東芝解体 電気メーカーが消える日』で明かした。

    凋落の原因はなにか?

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51791



    mm_toshiba01
    関連記事



    1高低差速報
    パナソニック、再リストラ デジカメなど6事業 2017/3/25 1:11
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC23H1G_T20C17A3MM8000/
    パナソニックが不採算の6事業を対象に一段のリストラに踏み切る。
    2018年3月期に液晶パネルの生産ラインや半導体事業会社の株式の売却を検討するほか、
    今春にはデジタルカメラなど3つの事業部を解体して人員を減らす。
    デジタルカメラや電話交換機、光ディスクを手掛ける3つの事業部は解体する。
    ほかの事業部の傘下に移管して人員も減らし、事業規模を縮小する。




    img_201-panasonic-bbd_01
     
    関連記事

    このページのトップヘ