高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    寄付


    1: 高低差速報
    ■わずか7年で会社を激変させた

    東京・天王洲アイルの風景が一変している。
    散歩道のある運河には水上ラウンジを併設するレストランも整備され、街中はアート作品がずらりと並ぶ。
    茫漠とした倉庫街は、洒落たアートの街へ変貌を遂げた。
    再開発を主導したのは、「寺田倉庫」という倉庫会社だ。

    「日本のアートコレクターで、寺田倉庫を知らない人はいませんね。
    ファッションECサイトを運営するスタートトゥデイの前澤友作社長が、現代アートの巨匠、バスキアの作品を123億円で落札したことが少し前に話題になりました。
    の作品が預けられているのが寺田倉庫と言われています。
    他にも、世界の富豪たちがコレクションする時価数十億円クラスのアートの数々が、この倉庫で大切に保管されています」(都内の画廊経営者)

    アートだけではない。
    ソムリエの厳重な管理のもと、フランス・ボルドーの5大シャトーをはじめ数百万円クラスの高級ワインの数々が倉庫に眠る。
    同社は戦後間もない'50年に創業された。
    当初は食料品を預かる一般的な倉庫業だったが、機能を「プレミアム倉庫」に特化させ、ファッショナブルなビジネスに変貌したのは、わずか7年前のこと。
    主導したのは代表取締役の中野善壽氏(73歳)である。

    創業家である前会長(現オーナー)の寺田保信氏に請われて、2011年に社長に就任した。
    台湾に住み、週2回だけ飛行機で日本に戻り、天王洲の本社に出勤する。
    世界中のアーティストから「パトロン」といわれる中野氏の名は、物流関係者やアート関係者の間で広く知られる。
    だが、ほとんどメディアの取材を受けないため、社員ですら「一時期まで、実在する人物なのかわからなかった」と語るほど、謎めいた人物である。

    台湾メディアに掲載された中野氏の近影を見ると、清潔に整髪された黒髪で、ジーパンがよく似合う細身。
    身長は181cm。
    とても73歳には見えない若々しい風貌で、清潔感溢れるシンプルな着こなしは、米アップルの故スティーブ・ジョブズを思わせる。

    「中野さんは、『ミニマリスト』として有名なんですよ」と語るのは、ある寺田倉庫の関係者だ。
    「社長に就任してまず手を付けたのは、大規模なリストラでした。
    メイン事業のほとんどから撤退し、700億円あった売上高を100億円まで激減させた。
    1000人いた社員を、100人に削減。中野さんの就任当時にいた社員は、いま10名も残っていないのです」

    寺田倉庫は中野氏の社長就任で、事業も人員も一変するという、〝断捨離〟が実行されたのだ。
    「売り上げは100億円くらいがちょうどいい。これ以上、大きい会社なら、面白いことなんてできないぞ」
    中野氏は就任直後、社員たちにこう話したという。
    その後、法人相手だったビジネスを、富裕層、そして一般消費者にも広げていった。
    アートやワインの保管のほかに、ネット上で自分の預けたものを管理できる「ミニクラ」という貸しトランクルーム事業を推進するとこれがヒット。
    収益構造を安定させたのだ。

    「ミニクラはネット上で預けたものを売買することもできる優れたサービスで、モノを持たない生活を推奨するような事業です。
    まさにミニマリストの中野さんらしい発想です」(流通関係者)

    寺田氏は、売上高100億円を常にキープしたいと公言。
    それを超えたら事業を売却するという。

    ■建築家の隈研吾氏や寺田倉庫のオーナーが明かす

    寺田氏は、私生活でもミニマリズムを通している。
    家も車も腕時計も持たない。ワインを手がけるのに、酒も飲まない。
    もちろんタバコも吸わない。
    蓄財にも興味がなく、稼いだカネは必要最低限を残して、ほとんどを寄付してしまうというのだ。
    中野氏の親友で建築家の隈研吾氏が言う。

    「そもそも彼には公私の区別などないはずです。
    自分の好きなことや、やりたいことに仕事もプライベートも関係ない。
    街づくりやアートの支援に稼いだおカネを寄付してしまうのも、自分の夢がそこにあるから。
    自由奔放に見えるけど、経営センスもあるのだから、ドリーマーにして、リアリスト。あまり日本では見たことのない経営者です」
    引用記事:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57447
    money_fueru




    関連記事


    1: 高低差速報
    グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(69)が“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクト。 
    渡辺氏は、自然な笑顔を引き出すべく、撮影する人に「一品」を持ってきてもらって、それにまつわるエピソードを聞きながら撮影する。

    カレーハウスCoCo壱番屋創業者の宗次徳二氏(69)が持ってきたのは、後任の社長から贈られた「バイオリンのピンバッジ」だ。

    クラシック好きが高じて28億円の私財をなげうち、名古屋にコンサートホール『宗次ホール』を建設した。輝くピンバッジは、
    開館日に現社長から贈られた。

    妻と二人三脚で始めた事業は右肩上がりで大成功。「三流経営者でも何とかなる見本でしょうか」と謙遜するが、朝4時台の出社など、
    並みの経営者以上の働きがもたらした結果なのである。

    「この先も“百利あって一害なし”の早起きを続け、これまで同様、毎日一所懸命生きることが私の終活。亡き後の私財は相続させず、
    奨学金やホームレス支援などにすべて投じます」

    自分に辛口、世に甘口な男だ。

    引用記事:http://www.news-postseven.com/archives/20180527_679178.html 


    images


    1: 高低差速報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000002-withnews-sci

    最近、パソコンやスマートフォンで、ウィキペディア(Wikipedia)のページを開くと、
    寄付を呼びかけるメッセージをよく見かけます。スマホの場合、画面全体が
    呼びかけで覆われることもあります。SNS上では「気持ちは分かるけど、大きすぎる」
    という意見も。世界のアクセス数で見ると、アメリカに次ぐ二番目の日本。
    なぜ最近、寄付の募集が目立っているのか。そもそも寄付にこだわる理由は? 
    「日本はまだ寄付をそれほど認識していません……」。ウィキペディアを運営する
    アメリカの「ウィキメディア財団」に取材しました。

    ■年に一度のキャンペーン

    ウィキペディアを使って調べ物をしようとすると、パソコン上で最近、次のような
    メッセージが出るようになりました。 【以下略】


    Wikipedia

    関連記事



    1: 高低差速報
    [10日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(86)は10日、自ら率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRKa.N)の株式約31億7000万ドル(約3620億円)相当を、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団と、自身の一族が運営する4つの慈善団体に寄付した。

    ほぼ全財産を寄付する計画の一環で、2006年の開始から12年目となる今年の寄付額は過去最大となった。
    寄付したのはバークシャーのクラスB株1863万株で、10日時点の価格で1株170.25ドル。

    2006年以降、5つの慈善団体への寄付は計275億4000万ドル(約3兆1440億円)に達した。このうちゲイツ財団への寄付は219億ドル。今年は24億2000万ドルがゲイツ財団向けだった。
    このほか、バフェット氏の亡くなった最初の妻の名を冠したスーザン・トンプソン・バフェット財団や、自身の3人の子供がそれぞれ運営するハワード・G・バフェット財団、シャーウッド財団、ノボ財団にも寄付した。

    バフェット氏は依然として約17%の株式を保有する。
    フォーブス誌によれば、寄付後も世界で4番目の富豪であることに変わりないという。

    同誌は寄付前のバフェット氏の純資産は763億ドルで、ビル・ゲイツ氏の894億ドル、アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏の848億ドル、スペインの実業家アマンシオ・オルテガ氏の818億ドルに続くと推定していた。
    https://jp.reuters.com/article/buffet-dontation-idJPKBN19W0DQ

    warrenbuffett




    関連記事


    1高低差速報
    http://www.asahi.com/articles/ASK4B2SL7K4BPLZB002.html?iref=comtop_8_02

    大学の街・京都で、モーター大手・日本電産(京都市南区)の創業者、
    永守重信会長(72)による寄付金の行方に注目が集まっている。
    数十億円単位の私財を大学に次々と投じ、資金難にあえぐ大学を支援している。

    「税金はどう使われるか分からんが、寄付なら使い道がはっきりする。
    全部使ってあの世に行くということや。教育が一番良い」

    3月30日、京都学園大(右京区)で開いた記者会見後、永守氏が報道陣に語った。
    2020年に工学部新設を目指す同大学を支援するため、100億円以上を
    私財でまかなう構想を発表したのだ。


    学部定員200人。半数ほどは留学生を想定する。大学院は100人。
    実践的な研究・開発力や英語力を備えた人材を育てる。経営大学院設置も
    視野に入れる。来春には自身が大学の理事長に就任し、大学名も変えるという。
    永守氏は「大学を作るのが夢だった。他国と比べて日本の大学は即戦力を出せていない。
    企業や社会が求める人材を育てる。金も口も出すよ」


    日本電産:Wikipedia



    newswitch



    関連記事


    1高低差速報
    40年前テレビ「アフリカでは恵まれない子供たちが…」
    30年前テレビ「アフリカでは恵まれない子供たちが…」
    20年前テレビ「アフリカでは恵まれない子供たちが…」
    10年前テレビ「アフリカでは恵まれない子供たちが…」
    現在のテレビ「アフリカでは恵まれない子供たちが…」

    支援団体無能すぎやしませんかねぇ?




    20131221-1
     
    関連記事

    このページのトップヘ