高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    寿命


    1: 高低差速報
    エビ類としては最大級の大きさを誇るロブスター。別名オマールエビと呼ばれる西洋料理の高級食材だが、そんなロブスターには寿命がないといわれている。ロブスターの臓器は年齢を重ねても劣化しないため、食欲・生殖能力・新陳代謝が落ちることがなく、理論上は永遠に生きることもできるそう。
    つまり、外部的な要因(人間によって食べられたり、自然淘汰にあったり)がないかぎりは不タヒ身ということになる。もちろん本当に寿命がないというよりは寿命が極端に長いと考えた方がよいだろう。ロブスターの大きさからその年齢を計算すると、100歳を超える個体が、イギリスやカナダなどの各地で確認されている
    引用記事:http://wjn.jp/sp/article/detail/1424561/



    buy_maine_lobsters_online_LRG

    関連記事


    1: 高低差速報
    「健康格差」は、健康に対する自己管理能力の低さが原因ではなく、生まれ育った家庭環境や地域、就いた職業や所得などが原因で生じた病気のリスクや寿命など、私たち個人の健康状態に気づかぬうちに格差が生まれてしまうことを指す。

    背景にあるのは、「失われた20年」に代表される日本社会の構造的な変化だ。大きな要因としてあげられるのは、非正規雇用者の増大などの労働環境の激変と、それにともなって生じる収入格差の拡大である。

    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53460
    kenkoushindan2_ojisan_good




    関連記事


    1高低差速報
    「カタチあるモノは必ず壊れる」という言葉の通り、モノには当然「寿命」があります。
    よくよく考えれば、まだ壊れてないから、と使いつづけている身の回りのモノたちも、じつはとっくに寿命がきてるのかも。
    そんな、意外と知らないモノの寿命を、いろは出版編著の『寿命図鑑』からご紹介します。

    ■よごれても洗わない「力士のまわし」の寿命

    力士の腰まわりの4、5倍の長さもある「まわし」。
    汗や脂がしみこんでどれだけよごれても、洗わないのが習わしで、洗うのは親方がなくなったときだけ。
    すりきれない限り、1年ぐらいはそのまま同じものを使うんだ。

    ちなみに、大リーグのバットの寿命は、8ヶ月。
    たった1回打っただけで折れてしまうこともあるよ。
    変化球はヒビが入りやすいから、大リーグではバットが1シーズン生きられることはめったにない。

    ■紙質で大きく変わる「本」の寿命

    和紙の寿命は、約1,000年、洋紙の寿命は約100年。
    和紙は丈夫だけど高価なので大量生産に向かないし、洋紙は茶色く変色してこなごなになることも。

    そこで発明されたのが、劣化の原因となる硫酸アルミニウムを使わない中性紙。
    寿命はだいたい350年くらい。
    今ではほとんどの本に使われているんだよ。

    同じ紙でも、たくさんの人の手に渡る一万円札は4.5年、おつりでのやりとりが多い五千円札や千円札は1.5年とかなり短い。
    逆に絵画は、世代を超えて手入れが施されるから500年以上経っても当時のままの作品もあるんだ。

    ■「Tシャツ」の寿命は法で定められている!?

    Tシャツの耐用年数は、2年。
    これは、法で定められた平均使用年数なんだ。
    服の定番で使いやすいから、何度も着て洗濯をくりかえしてしまう。
    そうすると、首元がよれてきたり、色あせたり、ほつれたり…ボロボロになってくるよ。
    大事にしたいTシャツは、着用回数をかさねないのがオススメ。

    毎日使うといえば、くつもそのひとつ。
    ランニング用だと約6ヶ月、革ぐつだと毎日履いて約3ヶ月。
    よく歩きまわる人が履くと1?3ヶ月で寿命がくるから、1年に2?4回はくつ底を交換すべき。

    http://tabi-labo.com/276476/lifespan-picture-book-02





    150623otsukaasaka-600x400

    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1:
    アップル社の製品には、かつて都市伝説として広まった「ソニータイマー」のような仕組みが組み込まれている訳ではない。
    しかし、アップルは同社の製品寿命に関し明確な基準を持っており、それはユーザーが思うよりも短いことが分かった。

    アップルは先日更新された公式サイトの環境ポリシーページで、製品の耐用年数に関して明らかにした。
    それによると、iPhoneの製品寿命は3年、アップルウォッチやアップルTVに関しては4年ということだ。
    下記にアップルの声明を引用してみよう。

    iPhoneは3年。MacBookは4年が寿命

    アップルは各製品の使用例としてモデルケースを想定し、仮想シナリオに基づく製品寿命を試算しています。
    製品ごとの固有の使用パターンや、複数の製品の組み合わせによる使用データを導きだした結果、
    デバイス寿命はOS X製品とtvOS製品の場合は4年間、iOS 製品とwatchOS製品は3年間と想定しています。

    筆者が使用中のMacBook Proは自身によるパーツ交換等の涙ぐましい努力により、6年もの長きに渡り使用中だ。
    しかし、そんな勇敢な製品も実在する一方で、
    同社が想定する製品寿命は、近年のアップルの新製品投入サイクルとほぼ合致している。

    その典型例と言えるのが iPhone SE だ。
    SEは事実上、2013年発売のiPhone 5Sの筐体に新型チップを搭載し最新モデルに仕立てあげた製品で、
    現状のiOS 9以降の3年間の iOSアップデートに対応する。
    5SとSEの発売間隔は同社が言う「3年ルール」と見事に一致している。

    アップルは旧型の端末に関してもOSの適合性を与えているが、それは永遠に保証されるものではない。
    iPhone 5Sは最新のiOS9.3に対応しているが、今後のアップデートにも耐えうるかは定かでは無い。
    これまでスマートフォン業界は、通信キャリアの2年縛りによる買い替え需要に支えられ、成長を遂げてきた一方、
    ラップトップやデスクトップ製品にはそのようなサイクルが存在しなかった。

    しかし、アップルの近年のMacBook に関する取り組みを見ていると、同社はコンピューターに関しても、
    使い捨ての消耗品にする方向で進めているようだ。
    アップルは先日の新製品発表会でリサイクルロボット、Liamを誇らしげに披露したが、
    それもまた、ユーザーらに買い替えを納得させるための手段だったと考えられる。

    アップルは、売上維持のためユーザーに定期的なアップグレードを迫ることが必要だ。
    新製品との抱き合わせで提供されるクラウドシステムも、買い替えサイクルをさらに強固なものにすることにつながるだろう。

    そんな意味で、今回投入されたiPhone SEはiPhoneビジネスの将来を担う存在とも言える。
    同様な戦略をiPadやアップルウォッチ、さらには MacBookに取り入れることで、
    アップルは少しでも同社のビジネスモデルを長続きさせようとしているのかもしれない。 


    apple-spring-forward


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160419-00011872-forbes-bus_all
    関連記事
     





    ベッキーついにブチ切れた!ゲス川谷に鉄槌


    早稲田大学サークル「SOPHIE」、居酒屋での非常識なトラブルで炎上・・・(画像あり)

    民進党・山尾議員のコーヒー代がすごい額になってるんだがwwwww

    マクドナルドのヤバい映像

    “ヤバすぎる”日本三大奇書とは?

    硫酸のパワーすげえ!が良く分かる面白実験。わずか3分でこんなになっちゃうのか。

    【朗報】またやったぜ日本!折りたたみスマホの開発に成功!!!

    Wi-Fiただ乗りしてる隣人を晒し上げたいんだけど

    入社式で結構可愛い女が泣かされててワロタwwwwwwwww

    韓国人「日本のツイッターで拡散している韓国の画像をご覧ください」


    参照記事 : http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1461039128/



    このページのトップヘ