高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    就職

    2ちゃんねるのコメント


    1:
    http://president.jp/articles/-/17550

    「働かない公務員」は本当か?
    大学1、2年生に聞いた「就職したいと思う企業・業種ランキング」アンケート調査で、地方公務員が堂々の1位に輝いていた
    (マイナビニュース、2015年9月29日)。また、会社員が「転職してみたいと思う公務員TOP10」でも、
    地方公務員が他を大きく引き離し1位(R25、2016年2月19日)と、地方公務員人気は極めて高い。
    「安定している」「転勤がない」「ラクそうだから」……。大学生や若いサラリーマンたちからすれば、
    そう見える部分もあるだろう。大企業もあっけなく倒産したり、買収されたりする時代。自分たちの将来に不安を持っていれば、
    なおさらだ。しかし、本当に地方公務員の仕事を理解しているのか。ちょっと懐疑的になる人気度である。

    本書は、現役地方公務員のこれまでの奮闘記である。佐賀県庁職員である筆者は
    、「現場主義」を掲げ、寝る間も惜しんで救急医療改革を手掛けてきた人だ。その筆者が序章で、
    冒頭で記した「就職したい企業・業種ランキング」第1位になったことに危機感を感じているという。なぜか。
    <安定志向のイメージが独り歩きして、競争しなくてもいい、成果に追われずクビにならない職業として
    公務員人気が高まっているとしたら、それは本末転倒だろうし、厳しい言い方をすればそんな職業は近い将来、
    社会から必要とされなくなってしまうだろう>
    確かに、その通り。勘違いしている人がたくさんいて、そういう輩に限って、公務員試験に受かってしまい、
    住民にとっては迷惑千万な怠慢職員となっている。そんななか、筆者は「公のための挑戦」をする仕事だと言い切る。
    本書は、それを身を持って実行してきた記録なのである。

    「はみだし公務員」が楽しい仕事を創造
    筆者が入庁後、最初に配属されたのは土木事務所の用地課だった。地権者相手に公共用地確保のため、
    買収交渉などを行うセクションだ。最初の仕事でスーツ姿で農家に挨拶に行ったら
    「お前、そがんキレイな格好ばしておいの土地ばちゃんと見てきたとか?」と怒られた。
    健康福祉本部医務課に異動して数日後、佐賀広域消防局に出向き、救急医療の現場を直に知るため、
    「救急車に乗せてほしい」と申し出たときは、「なんば考えとっとね、君は! バカじゃなかね」と怒鳴られた。
    そう、本書は筆者の失敗の記録といってもいい。いや、さまざまな経験を積み重ね、
    その教訓を生かして成功の方策を模索しながら構築していくようすを具体的につづりながら、
    筆者は佐賀県の救急医療の現場で、救急車にiPadを導入して救急搬送の時間短縮化を推進したり、
    ドクターヘリの配備などを次々と実現していっている。
    公務員の世界では、“希少種”といっていい存在なのかもしれない。だからこそ、自ら「はみだし公務員」
    と名乗っているのである。しかし、多くの公務員に希望の光を見せるとともに、
    この書は民間で働くサラリーマンの人たちにとってもうなづきや気づきを与えてくれるだろう。
    失敗から学び、目的へのベクトルを繋いでいく。それは公務員でも民間企業でも同じことだからだ。
    チャレンジなくして、仕事の達成感、面白みは味わえない。仕事とは、そういうものだからだ。
    つまりこの本は、いま多くの人たちが「守りの仕事」で自分の仕事の可能性を狭めているなかで、
    本当に楽しい仕事を自ら創造するためには何が必要なのか、いわば“ポジティブ・シンキングの指南書”だと言えるだろう。
    00002_1350529115





    【悲報】IKEAの机の中身、ハニカム構造の厚紙だったwwwwwwwww


    【悲報】北海道で史上稀に見る猛吹雪で大変なことに・・・

    【緊急】 misono(31)が超ヤバイ・・・・ (●Д●;))

    【衝撃】 マ ジ か よ ……っ て な る 画 像く だ さ い

    【画像】右足だけで100kgあるインド人が発見される

    宇宙最大のブラックホールをもつ銀河を撮影 太陽の210億倍、ハッブル宇宙望遠鏡で

    【画像】SEALDsが名古屋で渋滞を発生させながらデモ「民主主義ってこれだ!」

    【悲報】イタ飯屋予約客40名が一人も来ない

    もしも「国」がなかったらどうなると思う?

    俺、Amazonで箱買いしたチキンラーメンを泣く泣く捨てる

    参照記事 : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1457927047/



    2ちゃんねるのコメント


    1:
    俺「?」
    意識高い系「いやぁ、バカだなぁ。ってw」
    俺「は?」
    意識高い系「そもそも君は一流企業が求めているコミュ力の定義を履き違えている」
    俺「なら、一流企業が求めているコミュ力って何なんだよ」
    意識高い系「それはズバリ人の話を丁寧かつ愛想よく聞き、理路整然とした話が出来る能力のことだ」
    俺「はぁ?コミュ力ってのはウェイウェイ能力のことだろ?」
    意識高い系「それもコミュ力の一種だ・・・しかし、その類のコミュ力が評価されるのは低いレベルの集団内だけだ。決して一流企業が求めているコミュ力のことではない」
    俺「お、おう(こいつバカ過ぎるだろ)」

    これマジバナだからな。意識高い系ってマジで性格も頭も悪いわ


     IMG_0067-1




    【速報】 ベッキー同情派だった西川史子、立場一転「間違ってました」


    【驚愕】最新のPCにwindows2000をインストールした結果www

    手帳みたいなスマホケース使ってる奴www

    【画像】さかなくん、超えちゃいけないラインを超える

    明治大法学部でカンニングばれた学生が駅まで逃走wwwwwwwww

    【画像】NHKの偏向報道がヤバイwwwwwwwwww

    世界中の偉人達の名言集

    マック「くそ…客離れ…ポテトにチョコかけたろ!

    女は素直な方が可愛いよなwwwwwwwww

    【悲報】ゆとり社員さん、勤務中にコーラ飲む

    参照記事 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1433351953//a>



    2ちゃんねるのコメント


    1:
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/463805/012100069/

    日本は今、空前のIT技術者不足。ユーザー企業のIT部門も、SIerも、下請けベンダーも、
    そしてブラック企業も「必要な頭数を確保せよ」と、まるでモノか何かをかき集めるかのような
    口調で技術者の“調達”に奔走している。この私にさえ技術者不足への対策を聞いてくる人がいるが、
    そんな時は必ず「諦めてください。それが日本や大勢の若者のためです」とだけ答えることにしている。
     なぜ、そんな木で鼻をくくったような態度をとるかと言うと、これまで抜本的な対策を打とうともせず
    、周期的に「技術者が足りない。大変だ!大変だ!」と騒ぐ浅薄な連中が大嫌いだからである。
    それに、モノか何かのようにかき集められる若者の将来よりも、国や大企業などのシステムのほうが大事だと思っている
    点もゲンナリする。そんなものは圧倒的に小事である。

     そもそも、「技術者不足への対策は技術者を増やすこと」と脊髄反射的に考えるのは、
    何とかならないものだろうか。ご存知の通り、システム開発の需要は景気などの影響を受けて大きく変動する。
    今のように需給が逼迫している時にかき集めた技術者の多くは、不況になり需要が大きく落ち込むとお払い箱になる。
    技術者を増やすという対策は、人でなしの所業である。
     「モノか何かのように」と書いたが、本当のモノだと、人のようにはかき集めることができない。憶えているだろうか。
    日中関係が緊迫したのを受けて、中国がハイブリッド車のモーターなどの製造に
    不可欠なレアアース(希土類)の対日輸出を、一方的に停止したことがあった。
    なんせ中国はレアアース生産量の9割を握っていたから、日本の主力産業が大打撃を受けると、
    それこそ「大変だ!大変だ!」と大騒ぎになった。
     その結果、どうなったかと言うと、何事も無かった。代替素材の開発などが一気に進み、
    中国産レアアースへの依存を大きく減らしたのだ。まさにモノ不足がイノベーションを引き起こしたわけだ。
    で、普通はこうだろう、と思う。なぜハイテク産業であるはずのIT業界では「技術者不足→大変だ!大変だ!→若者をにわか技術者に仕立てろ」
    になってしまうのか。あまりに安直である。
    ITベンダーは日頃、顧客に向かっては「これからはITを活用したイノベーションが必要」とご宣託を語る。
    これはもう悪い冗談にしか思えない。自分たちはというと、そんな“お告げ”に自ら耳を傾けず、
    人海戦術の労働集約型産業からいつまでたっても“イノベーション”しようとしない。そして技術者が足らないとなると、
    「素人でもいいから、人をかき集めろ」となる。

     まさに人月商売、IT業界の多重下請け構造の恐ろしさである。SIerをはじめとする
    ITベンダーは人月商売にどっぷりとつかっているから、需要に対する技術者の頭数でしか
    ビジネスを考えることができなくなっている。しかもSIerなど大手ITベンダーは、技術者不足だからといって
    正社員を増やす必要はない。業界の多重下請け構造により、外部の技術者を安く“調達”できるのである。
     さらに人月商売が始末に負えないのは、技術者不足だからといってもITベンダーは本質的には何も困らない点だ。
    モノ不足の場合、先ほどの例で言うと、もしレアアース不足の問題が解決していなかったら、
    高性能モーターなどを造れず、自動車産業をはじめ多くの製造業が苦境に陥っていただろう。
    製品を造れないのだから、下手をすると経営破たんといった最悪のケースもあり得る。
     人月商売のITベンダーの場合、作るものは一品モノの情報システム。技術者不足で外部調達もままならないのなら、
    官公庁や金融機関などの上客の案件に技術者を回して、それ以外の客の案件は断ればよいだけだ。
    客は困るだろうが、知ったことでない。しかもSIerなど大手ベンダーは不景気になっても、
    下請けベンダーを切り内製率を上げれば、容易にしのぐことができる。

     まさに労働集約というローテク産業の特権。人月商売万歳、多重下請け構造さまさまである。
    「火中の栗作戦」などとアホなことを言って危ない案件を取りにさえ行かなければ、生きるか死ぬかといった
    他の産業のような苦境に陥る心配が無い。そんな経営者がノホホンとしていられるような環境では、
    イノベーションなどどだい無理な相談なのである。
    arti_work2_1685




    【速報】 ベッキー同情派だった西川史子、立場一転「間違ってました」


    【驚愕】最新のPCにwindows2000をインストールした結果www

    手帳みたいなスマホケース使ってる奴www

    【画像】さかなくん、超えちゃいけないラインを超える

    明治大法学部でカンニングばれた学生が駅まで逃走wwwwwwwww

    【画像】NHKの偏向報道がヤバイwwwwwwwwww

    世界中の偉人達の名言集

    マック「くそ…客離れ…ポテトにチョコかけたろ!

    女は素直な方が可愛いよなwwwwwwwww

    【悲報】ゆとり社員さん、勤務中にコーラ飲む

    参照記事 : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1453714339/




    このページのトップヘ