高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    左翼




    1: 高低差速報
    「ミュージシャンがライブ会場などでメッセージを発信することもあるが、彼らが信頼されてるのは音楽があってこそ。
    なのに自分自身が信頼されていると勘違いし、言葉を発信するのは謙虚ではない」



    f42b0813

    関連記事




    1高低差速報
    「慰安婦がどうこうとかいつまでもうるさいわねえ」
    「仏像を盗んだことを司法が容認するとかおかしいんじゃないの?」
    「ちょっと国民性を疑っちゃうわ」

    うーんこの




    ccfdeb682cf876ce124fe497aa622b96_s-640x400
     
    関連記事


    1高低差速報
    アンケート調査で判明した日本の若年層の「学歴・肩書主義」
    http://myjitsu.jp/archives/14014
    若年層になるほど保守傾向が進み、学歴・肩書を尊重する――。
    今年は18歳の選挙権が始まった歴史的な年だが、彼らが示した意思は、野村総研研究所が昨年発表した日本の10代の若者についての『生活者1万人アンケート調査』のなかで、
    すでに浮き彫りとなっていた。この調査は、1997年より3年ごとに15~79歳の男女1万人を対象に生活の価値観や実態について動向を調べているものだ。

    若年層で特に大きな変化があった項目が《日本の国や国民を誇りに思うか?》についてだった。2000年には10代男子の《そう思う》(《そう思う》と《どちらかといえばそう思う》の合計)
    が44.4%と過半数に満たなかった。しかし、2015年の調査では75.8%にまで大幅に増えた。さらに10代女性の伸びも著しく、41.8%(2000年)から84.7%(2015年)と、
    誇りに思うという回答は倍増した。

    この10代の若者が持つ日本へのプライドは、一体どこからきたものなのだろう。
    「昨年調査で回答した10代は、生まれたときにはすでにバブル景気が終わっていて、経済不況とともに育ってきた世代です。そのため、常に将来に対する不安や閉塞感が
    隣り合わせにありました。そんな漠然とした不安定な自分のアイデンティティーを国家に見出したのでしょう」(社会学者)




     10_Yoshida_Mount-Fuji_getty149469433-1680x1050
    関連記事

    このページのトップヘ