高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    広告


    1: 高低差速報
    霞ヶ関に突如現れた黒塗り広告。その企画意図は?

    ケンドリック・ラマーのセンセーショナルな広告が、突如東京メトロ国会議事堂前駅、霞ヶ関駅に出現した。

    公的文書のような紙に書かれた文字を黒く塗りつぶし、その上にはケンドリック・ラマーの最新アルバムタイトルである『DAMN.』の文字、そしてケンドリックのサインが記されている。

    日本に住む私たちには見覚えのある黒塗り文書。広告は全部で8種類あるが、塗りつぶされた文面をよくよく見ると、森友・加計問題を巡って国や自治体が公表した文書、そしてパワハラ告発に対してレスリング協会が出した見解文書をパロディーしているようだ。

    これまでも自身の音楽を通して、社会的・政治的なメッセージを発信してきたケンドリック・ラマー。不都合なものを隠す黒塗りの文書の上に「DAMN.(クソが!)」の文字が重ねられたこの広告にはどんなねらいがあるのだろうか。

    広告の企画者はCINRA.NETの取材に対して次のように明かす。

    「ケンドリック・ラマーは世界で初めてラッパーとして『ピュリツァー賞』を受賞したことからもわかるように、今日の世界において、音楽という観点のみならず政治的・社会的にも重要なメッセージを発信し続けている人物です。彼の現在の世界における重要さを日本の皆様に理解してもらうために、政治的・社会的に重要な問題へのアプローチを広告にしました」

    「現在日本社会を大きく揺るがしている、いわゆる『黒塗り文書』などに関する文書のパロディーグラフィックを製作し、その黒塗り部分に彼の代表作である『DAMN.』(クソが!)の文字を重ねる企画になっています」。

    また「黒塗り」を採用したことについては「本来は何かを暴くため、抵抗するため、声を挙げるための力である『黒』の力が、何かを隠蔽するため、抑圧するため、声を押し○すために使われる日本社会への皮肉なメッセージになればいいと考えました」。

    市アック最新アルバム『DAMN.』でヒップホップアーティスト初の『ピュリツァー賞』

    2017年に発表された『DAMN.』は、昨年アメリカで年間売上チャート1位を獲得した、ケンドリック・ラマーの4枚目のスタジオアルバム。

    今年発表された『グラミー賞』では5部門を受賞し、U2のボノ、The Edge、コメディアンのデイヴ・シャペルをフィーチャーした授賞式での圧巻のパフォーマンスも記憶に新しい。

    no title


    4月には『DAMN.』でヒップホップアーティスト初となる『ピュリツァー賞』を受賞。クラシックやジャズのミュージシャン以外が『ピュリツァー賞』音楽部門を受賞したのも、同部門が設立された1943年以来初という快挙だった。

    https://www.youtube.com/watch?v=bhCfQ8BGow8



    ケンドリック・ラマーは『DAMN.』について「(前作)『To Pimp a Butterfly』では世界を変える事や、物事に対してどう取り組み立ち向かっていくか、というアイディアを提案したんだ。今回『DAMN.』では、自分自身が変わらないと世界を変える事はできない、という考えを提示したんだ」と述べている。

    社会的・政治的な問題意識が込められた作品群

    犯罪率や貧困率の高く、アメリカで最も危険な地域とも言われるカリフォルニア州コンプトンで生まれ育ったケンドリック・ラマー。自身の内面に抱える葛藤や、貧困、人種差別、マイノリティーに対する社会の無理解への抵抗を音楽に込めてきた。

    2012年のメジャーデビューアルバム『Good Kid M.a.a.D City』では、自身の体験をもとに、ギャングの抗争や暴力が蔓延し、貧困に苦しむコンプトンでの厳しい現実が表現されている。

    以下全文はソース先で

    ケンドリック・ラマーの広告が掲出された霞ヶ関駅構内
    no title

    国会議事堂前駅、霞ヶ関駅に掲出されたケンドリック・ラマーの広告
    no title

    no title



    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00013528-cinranet-musi


    1: 高低差速報
    no title


    上位には自動車や小売り大手が目立つ

    1位はトヨタ自動車の4487億円。前年から403億円の減少となっている。ここ数年、トヨタ自動車は広告宣伝費を増やしていたが、今期は売上高の減少とともに広告宣伝費も減額となった。

    2位のソニー、3位の日産自動車も売上高が前年比で減少。それに伴い広告宣伝費も、ソニーが275億円、日産自動車が288億円減少している。一般消費者向けにビジネスを展開する企業にとって、広告宣伝費は必要不可欠なコストだが、投下する額は業績の影響を受けやすい。特にランキング上位に入るような規模の大きい会社は、すでに知名度も高いので、売上高に対して一定以上の割合を超える広告宣伝費を、無理に捻出しなくていい場合もあるだろう。

    http://toyokeizai.net/articles/-/187757

    関連記事


    1高低差速報
    youtube、広告主(スポンサー)が続々と離脱を決め込む流れに顔面蒼白
    脱退理由は憎悪にまみれたキチ○イ動画に自社の商品の広告が流れることに堪えられなくなっため
    youtube運営、今年で広告収益機能の撤廃か、あるいは人力で悪質なユーチューバーのアカウント一斉削除が始まる模様

    ユーチューバーっていうブームも今年で最後だな




     youtuber
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    ◆アメリカ人をざわつかせた日本の差別的7つの商品や広告

    国によって文化はそれぞれ。
    我々が何の気なしに見ているCMや商品も、ザラっとした感情を覚える者もあるようだ。
    もちろんその逆も同様だ。
    つい最近ではアイドルグループの欅坂46がコンサートで着用した衣装が「ナチス・ドイツ」の軍服を思わせるデザインであるとし、
    人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が「強い嫌悪感がある」と声明を発表して話題となった。
    アメリカのサイトで、差別的内容であるとして批判を浴びた日本の7つの商品や広告がまとめられていたので見ていくことにしよう。

    1. ダッコちゃん(ちびくろサンボ)
    1988年、アフリカ系アメリカ人(ちびくろサンボ)の特徴をひどく誇張して、不快感を与える描写のされた玩具やガムを販売したとして、日本の玩具メーカー「タカラ(現タカラトミー)」がアメリカでボイコットされた。
    さらに、東京の某大手デパートにも同様の批判が寄せられているが、これは店内の黒いマネキンに関するものである。



    2. ANAの白人
    全日空(ANA)のCMに人種差別的な要素が含まれていたとして議論を呼んだ。
    日本人パイロットの1人が、航空路線の拡張は「日本人のイメージ」を変えることになると話すと、もう1人のパイロットが金髪のカツラと大きなつけ鼻を身につける。
    西洋人はこれについてすぐさま抗議した。



    3. さらにサンボ
    これは”うーふとむーふ”。ちびくろサンボのサイドストーリーとして2011年より販売された。
    海外では、真っ黒に描かれる黒人の描写は侮辱的であるとされている。



    4. ブレンディのCM
    ブレンディは日本のインスタントコーヒーの製品名だ。
    そのセールスポイントは製品に入れられているミルクである。
    とある学校の卒業式。
    生徒を牛に擬人化、鼻には鼻輪、女子生徒は校長から「濃い牛乳を出し続けるんだよ」と言われるなど、
    女性蔑視、若者軽視など海外から猛反発を浴びた。



    5.ブラックメロンパン
    2010年11月からコンビニ・ミニストップで発売されたもので、週刊ビッグコミックスピリッツに連載されていた漫画「アフロ田中」とのコラボレーション。
    ブラックは黒人、大きい鼻の孔は黒人の特徴をデフォルメ、アフロは黒人に多い髪形で、日本人は黒人を差別していると批判が相次いだ。



    6.女性の膝枕グッズ
    女性の膝を枕にする。これが女性軽視であるとの批判だ。
    典型的な日本的発想だと揶揄された。
    現代日本において女性の権利は大した問題となっていないのか?
    日本人女性はこれを見て何も思わないのか?との声も。



    7.マンダム ギャッツビー ペーパー洗顔
    レゲエ風の服装をした男と、黒人のブラザーにチンパンジー。
    海外では人種差別的な色合いがあからさまだと感じるそうだ。
    こうした類の広告が西洋諸国で流れることは絶対にないという。
    いくぶんぼかされているとはいえ、間違いなく感じ取れるラスタファリ思想への侮蔑的な調子を不快に思う人が確実にいるはずだと。



    カラパイア 2016年11月02日
    http://karapaia.livedoor.biz/archives/52227809.html




    関連記事


     

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    電車のマナーには、「駆け込み乗車はしない」「乗車時はきちんと並ぶ」などほとんどの人が納得するようなものもあれば、
    中には賛否の声が上がるものも。東急グループのマナー向上広告として、電車内で化粧をする女性を「みっともない」
    と切り捨てる動画とポスターが公開され、批判を集めている。

    ■車内化粧はみっともない?
    「わたしの東急線通学日記」と題されたマナー向上広告のシリーズでは、上京したばかりの女の子が電車のマナー違反に気づく、
    というコンセプトで動画と駅貼りポスターが登場。列の割り込みや歩きスマホなどへの注意を促しているが、
    その中の「車内化粧」に対しての広告が批判を集めることに。

    「車内化粧篇」の動画は、主人公の女の子の「都会の女はみんなキレイだ」というナレーションからスタート。
    しかし車内で化粧をする女性たちが映されると、「でも時々、みっともないんだ」というナレーションが流れ、
    女の子が「みっともな…」と吐き捨てる。その後、この広告シリーズではお決まりになっているらしい
    ハイテンションな曲とダンスに合わせて「お出かけ前になぜできない?」「みっともないないない~」という歌が流れだす。

    ポスターにも同様に「都会の女はみんなキレイだ。でも時々、みっともないんだ」という文言が書かれており、
    これらの広告に対して女性たちからは「何で化粧だけ叩かれなきゃいけないの?」と批判の声が上がっている。

    ■どうして化粧だけがマナー違反なの?
    以前から「車内化粧」はよく議論の対象になってきたが、鉄道会社が公式に「みっともない」と切り捨てたことで
    「車内の酔っ払いとどっちがみっともないんですかね?」「女がそんなことをするのがみっともないっていう価値観?」
    と女性たちの不満は噴出。(以下ソースで)

    スマダン 2016年10月25日 17時12分 (2016年10月26日 03時17分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/smadan/20161025/E1477379136950.html
    動画



    画像


    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1:
    http://news.biglobe.ne.jp/it/0421/imm_160421_0362440242.html

    ジャストシステムは4月21日、広告ブロックアプリに関する調査結果を発表した。調査期間は4月7日?11日で、調査対象は10?60代の男女1332人。
     調査によると、PCやスマートフォンにインストールすると、ネット上の広告を非表示にできるアプリの認知率は34.9%で、そのうちの33.3%が利用中だと分かった。利用していない認知者のうち、46.6%は興味を持っているという。
     利用者の理由で最も多かったのは、「Webページを閲覧する際にバナー広告が邪魔だったから」(58.1%)。
    広告主となる企業から報酬を受け取ることでホワイトリストとして登録し、その企業の広告はブロックされないようになる広告ブロックアプリについては、67.1%が否定的であることが分かった。
     一方で、多くのアプリ利用者は「ストレスが減った」と回答。利用者の83.9%が「コンテンツ閲覧のストレスが減った」、
    76.1%が「Webページやコンテンツの内容をじっくりと見ることができるようになった」、75.5%が「Webページの表示スピードが改善された」と答えている。


    maxresdefault


    関連記事
     






    ベッキーついにブチ切れた!ゲス川谷に鉄槌


    早稲田大学サークル「SOPHIE」、居酒屋での非常識なトラブルで炎上・・・(画像あり)

    民進党・山尾議員のコーヒー代がすごい額になってるんだがwwwww

    マクドナルドのヤバい映像

    “ヤバすぎる”日本三大奇書とは?

    硫酸のパワーすげえ!が良く分かる面白実験。わずか3分でこんなになっちゃうのか。

    【朗報】またやったぜ日本!折りたたみスマホの開発に成功!!!

    Wi-Fiただ乗りしてる隣人を晒し上げたいんだけど

    入社式で結構可愛い女が泣かされててワロタwwwwwwwww

    韓国人「日本のツイッターで拡散している韓国の画像をご覧ください」

    参照記事 : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1461330412/



    このページのトップヘ