高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    恋愛


    1: 高低差速報
    5月13日に放送された『初耳学』(TBS系)で、予備校講師でタレントの林修が交際経験がない若年層の男性が増えている理由を語った。

     まず、林は「『告白は男からすべし』は女の願望にすぎない」と男性から告白することを望む女性に噛み付いた。「『男性からのアプローチがあれば交際を考える』という女性は、イギリスやアメリカがほぼ15%なのに対して日本では45%。つまり、(日本の女性は)相手からのアプローチを待っていて自分からは動かない」と内閣府のアンケート結果をもとに、日本人女性は諸外国の女性と比べて受け身体質であると指摘した。

     続けて、林は再び内閣府のアンケートを持ち出した。「気になる女性には自分から積極的にアプローチをするか」という設問に、20~40代の日本人男性で「はい」と答えた割合は25.9%にとどまったと紹介。「女性の45%は言われるのを待っている。でも、男性から行くのが26%しかいないから、なかなかカップルができない」と、男女間でミスマッチが生じていると説明した。

     「今は草食系男子のラベル(レッテル)も貼られ、ますます動きにくい状況。それでどういうことが起きているかと言うと、20代男性のおよそ4割が交際経験がない」と男性は女性に比べて、恋愛がしにくい状況に陥っていると熱弁した。

     「世界経済フォーラム」は昨年、男女格差の度合いを示す「ジェンダーギャップ指数」を発表。日本は144カ国中114位と過去最低の順位を記録し、“男女格差大国”の汚名を着せられた。

     日本は何ごとにおいても男性主導型で、男女格差が非常に強いとみる向きがある。格差の見直しが早急に叫ばれているが、今回、林の主張を鑑みると、女性は恋愛に関しては「男性にリードしてほしい」と男性主導型を望んでいるようだ。

     職場は男女平等社会へと変化しつつある。男女平等を進めるためには、恋愛でも女性が男性をグイグイ引っ張る意識も必要なのかもしれない。同時に、女性が動かないことには交際も結婚も成立しにくい時代になったともいえそうだ。

    引用記事:https://npn.co.jp/sp/article/detail/23990173/
    hayashisennsei



    関連記事



    1: 高低差速報
    ■職場で女性に“家庭的だな”と感じるポイントTOP10
    (3位まで回答。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力:アイリサーチ)

    1位 手作り弁当を持参している 296pt
    2位 デスクがキレイに整頓されている 103pt
    3位 水筒を持参している 101pt
    4位 言葉遣いが丁寧 93pt
    5位 化粧が濃くない 78pt
    6位 箸の使い方や食べ方がキレイ 54pt
    7位 露出の多い服装や派手な服装は好まない 41pt
    8位 飲み会で大皿料理が出てきたら進んで取り分けてくれる 40pt
    9位 ブランドものが好きではない(or控えめに持っている程度) 35pt
    10位 字がキレイ 32pt

    ほかを大きく引き離して「手作り弁当を持参」が1位に。やはり料理ができると家庭をイメージしやすいのだろうか。また、2位の「デスクがキレイに整頓されている」、
    3位の「水筒を持参している」など、何かとマメな人が好まれるようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13814271/



    関連記事


    1: 高低差速報
    35歳から54歳の未婚者の約半数が「あえて結婚していない」として、結婚を望んでいないことが分かりました。

     明治安田生活福祉研究所が35歳から54歳の男女1万人を対象に行った結婚意識に関する調査によりますと、未婚者の49%が「あえて結婚していない」と答え、「結婚したいができていない」の51%とほぼ同数でした。「あえて結婚しない」理由としては「元々、結婚を望んでいない」という独身主義が最も多く、「独身は精神的・時間的に自由がきく」が続いています。また、男女とも年齢が高くなるほど「今さら、結婚するような年齢ではない」との回答が多くなっています。逆に「結婚したいが、現在も独身でいる」理由としては、男性では「家族を養うほどの収入がない」、女性では「希望の条件を満たす異性に巡り会わない」がトップでした。このほか、これまでに経験した結婚のチャンスについて聞いたところ、「0回」と答えた人が男性で57%、女性で42%となり、「3回以上」と答えたのはともに1割ほどでした。

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000113232.html

    wedding_syukufuku




    関連記事



    1: 高低差速報
     モデルでタレントの紗栄子(30)が13日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなうSP」(金曜・後9時)に出演。「他人のおカネで生きている」という
    自身への世間のイメージに猛反論した。

     「本音でハシゴ酒」のコーナーの冒頭、「ダウンタウン」の松本人志(54)に「ご無沙汰してます」とあいさつしたが、「初めましてですよね」と返され、
    「ひどーい」と叫んだ紗栄子。「(松本の)娘さんと私の次男が幼稚園のクライスメイトで。何度もお会いしてます」と訴えた。

     坂上忍(50)にも「『バイキング』で『この人、何者?』と言われた」と苦情をポツリ。松本から「すごいお金持ちってイメージ」と言われると、
    「私、いつも、そういう感じの、人のおカネで生きてる女って報じられ方するんですけど、自分でも稼いでるんだけどなあと思うんです。でも、
    私も稼いでるんだけどと自分で言うのも違うし」と反論。

     「今はファッション誌メインで(モデルを)やってます。14歳から芸能のお仕事させていただいていて、時給計算したら72円だった。これじゃダメだと、
    17の時に電話の(ファッション、化粧品の)通販を始めて。年商は? 億単位? うーん、そうですね」と正直に答え、「私に普通の女性の幸せは訪れないから、
    そういう(金銭面での)形で」と答えた。

     2007年11月に大リーグ・ドジャーズ(当時日本ハム)のダルビッシュ有投手と結婚、長男と次男に恵まれたが、12年1月に離婚。15年12月に
    ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作社長(41)との交際をブログで報告も今年8月に破局した。坂上に「どこで、そういう人たちと出会うの?」と
    聞かれると、「港区」と答え、共演者を爆笑させた。

     「異性関係をすぐ写真誌に撮られる」という悩みを明かすと、写真誌の記者とスーパーでバトルを繰り広げた経験も告白。「記者の人のカメラ付きのバッグを揺さぶって、
    『ちょっと撮らないでよ』と騒いだら、私が万引きGメンみたいになっちゃった」と明かした。

     “新恋人”と噂されるイタリア人デザイナーについては「一緒に来日した別のイタリア人男性もいて、彼らはゲイなんです。(恋愛)対象にならないから、
    インスタにも載せたら、新恋人って言われちゃった。マネジャーとも2回くらい、恋人と報じられたし、ほっとくと、どこまでも(噂が)大きくなるから」と否定した。

     9歳の長男、7歳の次男を現地の学校に入れるため、先月からイギリスでの生活がスタート。「子供たちだけで行かせるのが寂しいから、私も行くことにしました」と
    話した紗栄子。

     今後の恋愛については「背の高い人がすごく好きです。ビジュアルで言うと。自分にないものを持っていて、その道のトップの人はリスペクトできます」と
    話し、「今は(恋人は)いないです。あなたは(恋愛で)百戦錬磨なんでしょ。ゴルゴ13みたいなんでしょと言われて…。マスコミの人が作ったイメージでうまく(交際が)
    行かなかったこともあった」と、こぼしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000128-sph-ent




    1b4b0bb173a10a06cea503e9a0f00841

    関連記事


    このページのトップヘ