高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    恋愛


    1: 高低差速報
    ESSPRIDEは10月17日、社長のモテ度に関する調査の結果を発表した。
    調査は、従業員2人以上300人未満の男性経営者100人を対象に実施した。

    これまで何人と付き合ったことがあるか聞くと、26%が11人以上と回答した。
    平均は7.76人で、最も人数が多い人は30人と付き合ったことがあるという。

    ■「ビジネスでの対人関係の方が思考がシンプル」という経営者も

    ただ、交際人数は多くても、自分が女性にモテると考えている人は43%と半数以下に過ぎなかった。
    女性にモテるためにやっていることとしては、「身だしなみを整える(髪、肌、ひげ、爪など)」が59%で最も多く、次いで「口臭や体臭に気を付ける」が35%、「若々しい印象を意識する」が25%だった。
    「女性にモテるためにやっていることはない」という人も29%いた。

    社長になってから恋愛で悩んだことがありますかという質問には76%が「ない」と回答。
    社長になるとモテるため、悩むことがないということだろうか。
    経営と恋愛のどちらが難しいと思うか聞くと、「経営」「どちらかといえば経営」という人が合わせて72%に上った。

    理由としては、
    「責任の重さが全く異なります」(50歳・東京都)
    「経営は相手を選べないから」(38歳・岐阜県)
    「経済力がないと恋愛もうまくゆかない」(59歳・秋田県)
    といった声が寄せられていた。

    一方、恋愛の方が難しいと答えた人からは、「ビジネスでの対人関係の方が思考がシンプル」(42歳・徳島県)、「未だ女心がわからない」(51歳・大阪府)といった意見が寄せられた。
    恋愛にどのような能力が必要だと思うか聞いたところ、「思いやり」が50%で最も多く、2番目は「誠実さ」(43%)、3番目は「マメさ」(41%)だった。

    「経済力」と答えた人も19%いた。
    社長ならば、経済力には自信がある人が多いのかもしれない。
    また、モテる社長のイメージに近い有名人を聞いたところ、1位は福山雅治さん(22%)で、同率2位は佐藤浩市さん、渡辺謙さん(いずれも20%)だった。

    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=60989
    kaisya_desk1_syachou_man



    関連記事



    1: 高低差速報
    5月13日に放送された『初耳学』(TBS系)で、予備校講師でタレントの林修が交際経験がない若年層の男性が増えている理由を語った。

     まず、林は「『告白は男からすべし』は女の願望にすぎない」と男性から告白することを望む女性に噛み付いた。「『男性からのアプローチがあれば交際を考える』という女性は、イギリスやアメリカがほぼ15%なのに対して日本では45%。つまり、(日本の女性は)相手からのアプローチを待っていて自分からは動かない」と内閣府のアンケート結果をもとに、日本人女性は諸外国の女性と比べて受け身体質であると指摘した。

     続けて、林は再び内閣府のアンケートを持ち出した。「気になる女性には自分から積極的にアプローチをするか」という設問に、20~40代の日本人男性で「はい」と答えた割合は25.9%にとどまったと紹介。「女性の45%は言われるのを待っている。でも、男性から行くのが26%しかいないから、なかなかカップルができない」と、男女間でミスマッチが生じていると説明した。

     「今は草食系男子のラベル(レッテル)も貼られ、ますます動きにくい状況。それでどういうことが起きているかと言うと、20代男性のおよそ4割が交際経験がない」と男性は女性に比べて、恋愛がしにくい状況に陥っていると熱弁した。

     「世界経済フォーラム」は昨年、男女格差の度合いを示す「ジェンダーギャップ指数」を発表。日本は144カ国中114位と過去最低の順位を記録し、“男女格差大国”の汚名を着せられた。

     日本は何ごとにおいても男性主導型で、男女格差が非常に強いとみる向きがある。格差の見直しが早急に叫ばれているが、今回、林の主張を鑑みると、女性は恋愛に関しては「男性にリードしてほしい」と男性主導型を望んでいるようだ。

     職場は男女平等社会へと変化しつつある。男女平等を進めるためには、恋愛でも女性が男性をグイグイ引っ張る意識も必要なのかもしれない。同時に、女性が動かないことには交際も結婚も成立しにくい時代になったともいえそうだ。

    引用記事:https://npn.co.jp/sp/article/detail/23990173/
    hayashisennsei



    関連記事



    1: 高低差速報
    ■職場で女性に“家庭的だな”と感じるポイントTOP10
    (3位まで回答。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力:アイリサーチ)

    1位 手作り弁当を持参している 296pt
    2位 デスクがキレイに整頓されている 103pt
    3位 水筒を持参している 101pt
    4位 言葉遣いが丁寧 93pt
    5位 化粧が濃くない 78pt
    6位 箸の使い方や食べ方がキレイ 54pt
    7位 露出の多い服装や派手な服装は好まない 41pt
    8位 飲み会で大皿料理が出てきたら進んで取り分けてくれる 40pt
    9位 ブランドものが好きではない(or控えめに持っている程度) 35pt
    10位 字がキレイ 32pt

    ほかを大きく引き離して「手作り弁当を持参」が1位に。やはり料理ができると家庭をイメージしやすいのだろうか。また、2位の「デスクがキレイに整頓されている」、
    3位の「水筒を持参している」など、何かとマメな人が好まれるようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13814271/



    関連記事


    1: 高低差速報
    35歳から54歳の未婚者の約半数が「あえて結婚していない」として、結婚を望んでいないことが分かりました。

     明治安田生活福祉研究所が35歳から54歳の男女1万人を対象に行った結婚意識に関する調査によりますと、未婚者の49%が「あえて結婚していない」と答え、「結婚したいができていない」の51%とほぼ同数でした。「あえて結婚しない」理由としては「元々、結婚を望んでいない」という独身主義が最も多く、「独身は精神的・時間的に自由がきく」が続いています。また、男女とも年齢が高くなるほど「今さら、結婚するような年齢ではない」との回答が多くなっています。逆に「結婚したいが、現在も独身でいる」理由としては、男性では「家族を養うほどの収入がない」、女性では「希望の条件を満たす異性に巡り会わない」がトップでした。このほか、これまでに経験した結婚のチャンスについて聞いたところ、「0回」と答えた人が男性で57%、女性で42%となり、「3回以上」と答えたのはともに1割ほどでした。

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000113232.html

    wedding_syukufuku




    関連記事


    このページのトップヘ