高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    批評


    1高低差速報
    3日放送の「池上彰のニュースそうだったのか!!」(テレビ朝日系)で、池上彰氏が、韓国の現状を「民主主義国家としてはまだ発展途上ともいえる」とコメントした。

    番組では、韓国の朴槿恵大統領をめぐるスキャンダルを取り上げた。
    この事件に関連して、朴大統領との親交を利用して国政に介入したなどとして、友人の崔順実(チェ・スンシル)被告が職権乱用と詐欺未遂で身柄を拘束された。
    さらに、朴大統領の責任を問い、辞任を求める抗議デモに、全国で190万人が参加したとも発表されている。

    ここで池上氏は、韓国でこのような大規模なデモが発生する背景について、約30年前の成功体験があったのではないかと分析したのだ。

    韓国は1988年のソウル五輪直前まで軍事独裁政権下にあり、事実上、言論の自由もなければ、民主的な選挙も存在しない状態だったという。
    だが、87年の「6月民主抗争」で、数万から数十万人規模のデモが韓国全土で20日間以上にわたって発生した結果、民主化が達成されていた。

    池上氏は「『みんなで集まってデモをすれば、自分たちの言い分が通るんじゃないか』という成功体験があるからこそ、何かあったらみんな集まるんじゃないかと言われますね」と持論を述べる。
    そして、
    「韓国はそこから民主化に向かって歩み始めたという意味では、民主主義国家としてはまだ発展途上ともいえるんではないか、ということですよね」と指摘していた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12370477/




    photo001

    関連記事


    1高低差速報
    邦画大ヒットの年に是枝裕和監督が「日本映画への危機感」を抱く理由
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50258

    良くも悪くも、日本映画は国内のマーケットだけで投資を回収できる可能性がある。
    なので、海外に出て行こうとする意欲が作り手にも配給会社にもありません。東宝、東映、松竹、角川など日本の大手の映画会社は特にそうです。
    そうなると企画が国内で受けるものに特化してくる。この状況に強い危機感を感じます。

    『君の名は。』は、当たる要素がてんこ盛りですからね。ちょっとてんこ盛りにし過ぎだろ、とは思いましたけど。
    この映画に限らず、女子高生とタイムスリップという題材からはそろそろ離れないといけないのではないか、と思います。


    mainvis




    関連記事

     

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    ここでいう学歴ってのは芸大限定なんやけどな
    例えば絵売ろうって思ったらそういう肩書は生きてくるんかやっぱり




     
    5d02f9ee
     
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    京都講演会で
    「映画「君の名は」が大ヒットしてるけどあれを見て名作だと言ってる女性が多くて日本の将来大丈夫か?って不安になった

    あの映画はただの今まで売れた映画や漫画のエッセンスを良いとこどりした駄作中の駄作でしょ私はアニメに携わった人間として一瞬も君の名はを見ていて面白いと思わなかったし感動もしなかった

    本当に内容も稚拙で脚本も酷い出来だった あれを芸術の域まで達した宮崎アニメと比べるのは間違ってますね」




     maxresdefault
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    ピコ太郎、米ビルボードトップ100「PPAP」総合77位!聖子以来26年ぶり快挙
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161019-OHT1T50227.html

    タレントの古坂大魔王(43)が「自分がプロデュースする謎のアーティスト」と称する
    「ピコ太郎」の人気動画「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」の音源が、
    19日付の米ビルボード総合チャートで77位にランクインした。日本関連の作品でトップ100に入ったのは、
    90年に松田聖子(54)が米歌手ドニー・ウォルバーグと歌った
    「ザ・ライト・コンビネーション」(54位)以来、26年ぶりだ。

    おもしろ動画に端を発した「PPAP」が、快挙を成し遂げた。かつては同チャートで坂本九さんが
    「スキヤキ」で1位(63年)を獲得。最近では4月に女性3人組「BABYMETAL」が
    アルバムチャートで39位にランクインしたが、日本人のシングルのランクインは四半世紀以上、遠ざかっていた。

    動画の制作にかかった費用は衣装代2万円とスタジオ代だけ。わずか1分程度の動画は、
    人気歌手ジャスティン・ビーバーのツイッター投稿をキッカケに全世界に飛び火した。
    今月7日には世界134か国・地域で配信開始。公式動画の再生は8月25日の投稿から、
    この日までに約5500万回。YouTubeでは、関連動画を含めて再生3億3000万回で、
    同サイトの再生チャートで2週連続の「世界1位」となった。





    c4eee447

    関連記事




    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    10月15日に明石家さんま(61)が、自身のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で“お笑い芸人批評”について持論を語り話題となっている。

    番組ではタレントの菊地亜美(26)が、『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)に審査員として出演した際に、お笑いコンビ「フルーツポンチ」の村上健志(35)に対して
    「ふだんは面白くなかったけど、今日は面白かった」と発言したところ、村上から4年間無視されたというエピソードを伝えた。

    そのエピソードについてさんまは「人の批評はしたらあかん」と持論を展開。「村上の気持ち、俺たちは分かるよね」と切り出し、
    「一生懸命考えたネタを、何も笑いの勉強してない菊地亜美が“ふだんは面白くないですけど、今は良かったですね”って。
    “普段面白くない”、すごいショックやろうね」と4年の間、菊地を無視したという村上を擁護した。
    さらにさんまは、「もしアイドルが俺のこと批評したら、たぶん頭蓋骨つかむよ」「“おのれ、どれくらいの人間やねん”って」とコメントした。
    http://dailynewsonline.jp/article/1214165/






    cached

    関連記事






    このページのトップヘ