高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    投資



    1: 高低差速報

    時価総額とは何か
    時価総額1兆円と聞くとそれだけで”スゴイ”印象はありますが、同業他社や類似企業、関連する産業の企業と比較してどの程度の規模なのかを確認しておきましょう。

    ちなみに、時価総額とは株価と発行済株式総数を掛け合わせたものです。現在の利益規模をベースにして利益成長への期待が高ければ時価総額は大きくなりますが、現在の利益規模が大きくとも成長期待が乏しかったりすると低い評価しか受けないということもあります。

    スタートトゥデイ時価総額1兆円の立ち位置を確認しよう
    さて、比較する対象を見ていくことにしましょう。Eコマースサイトの日本で代表的な企業は楽天ではないでしょうか。扱っているものは多岐にわたっており、金融事業なども行っているので比較する対象として違和感があるという指摘もあるでしょうが、そこはEコマースサイトとしてスタートトゥデイの競合企業のイメージを持つことを優先したいと思います。

    楽天の2017年8月10日の時価総額は約1兆8,640億円。スタートトゥデイの同日の時価総額が約1兆780億円。両者を比較するとまだまだ楽天の方が時価総額は大きいですが、スタートトゥデイの成長スピードは目を見張るものがあります。

    では、リアル店舗を持つ百貨店はどうでしょうか。三越伊勢丹ホールディングスは約4,410億円、J. フロント リテイリングが約4,320億円、高島屋が約3,630億円といった具合です。時価総額の比較だけであれば、スタートトゥデイの方が既に大きいことが分かります。

    では、リアル店舗を持つアパレル小売企業はどうでしょうか。アパレル小売で時価総額が最も大きな企業はユニクロで知られるファーストリテイリングで時価総額は約3兆4,450億円あります。また、アパレル小売とは言い切れないまでもアパレルを取り扱っている無印良品を展開する良品計画は約8,720億円。しまむらは約5,090億円、青山商事が約2,100億円、アダストリアが約1,230億円、ユナイテッドアローズは約1,090億円といった状況です。ファーストリテイリングは別格といえそうですが、アパレル小売りと比較してもスタートトゥデイには存在感があります。

    時価総額の話が長くなりましたが、続いて業績の数字に話を移しましょう。

    2017年3月期の同社連結の売上高は764億円、対前年度比は+40%増、営業利益は263億円、対前年度比は+48%増となっています。また、営業利益率は34%を超えており、非常に高い収益性を実現しています。

    また、財務諸表を見ていくと、総資産は557億円、自己資本は294億円。大きな借入もなく、現金及び預金を220億円保有しており、非常に健全といえます。

    スタートトゥデイは成長率も高く、また高い収益性を確立しています。その結果として財務体質も健全でなんとも勢いがあり盤石な企業がさらに成長をしている印象を持ちます。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00003899-toushin-bus_all&p=2
    1-3




    関連記事


    1: 高低差速報
    夢の別荘地、10万円投げ売り 「もはや財産ではない」
    http://www.asahi.com/articles/ASK8B455KK8BUUPI002.html

    ■負動産時代
     お金を払ってでも土地を処分したい人たちがでてきた。1990年前後のバブル期、別荘にあこがれたサラリーマンたちが高値で別荘やリゾートマンションを購入した。あれから30年。人口減を背景に地価の下落は止まらず、タダでも買い手がつかない。この春、静岡・伊豆の別荘地を買値の130分の1で売った男性もその一人だ。

     契約は東京・帝国ホテルのラウンジだった。
     まだバブルだった1991年初め。伊豆半島の丘陵地の一角に約300平方メートルの別荘地を購入した時のことを、大分県に住む男性(78)は鮮明に覚えている。当時は首都圏暮らしのサラリーマン。老後はゆったりした場所で過ごしたいと夫婦でドライブしながら物件を探し、1300万円の大枚をはたいた。

     男性は今年3月、その別荘地を更地のまま手放した。売値は10万円。手数料や広告費として仲介した不動産業者に21万円支払ったため、差し引き11万円のマイナスだ。それでも男性は「ほっとした」という。



    bessou_log_house


    関連記事


    1: 高低差速報
     厚生労働省は10日、2016年度の年金特別会計の収支決算を発表した。時価ベースでは、会社員や公務員が加入する厚生年金が10兆5031億円、自営業や非正規雇用の人らが入る国民年金が2440億円と、いずれも2年ぶりの黒字となった。

     積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用成績が国内外の株価上昇を受けて好調で、約7兆9千億円の収益を上げたほか、保険料と年金支払い分に当たる給付費の収支差もプラスだった。

    https://this.kiji.is/268309593826412024?c=39546741839462401



    170118gpif_eye-700x336

    関連記事


    1: 高低差速報
    個人間の物品売買を仲介するフリーマーケットアプリのメルカリ(東京・港)が、株式の上場を東京証券取引所に申請したことが21日分かった。年内の上場をめざす。時価総額は1000億円を超える可能性が高く、現時点で今年最大の案件であるスシローグローバルホールディングス(988億円)を上回る大型の新規株式公開(IPO)になりそうだ。

     21日までに東証への予備申請を終えた。予備申請は本申請後の審査を簡素化でき…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO19144740S7A720C1MM8000/



    img_bc6812bd69e0621671663f8f6af0af07278144

    関連記事


    1: 高低差速報
    大体の内容

    8月8日にアリババがニューヨーク取引所当日の終値で時価総額4000億ドル(約44兆円)を超えました。
    ※取引時間中の値では既に7月末頃に4000億ドルを超えてる。

    世界で時価総額4000億ドル超えの企業はこれまで6つで、
    ・アップル
    ・グーグル
    ・マイクロソフト
    ・アマゾン
    ・Facebook
    ・バークシャーハサウェイ
    中国のアリババは7つ目の企業となる。

    以下ソース
    http://t.m.youth.cn/transfer/index/url/news.youth.cn/gn/201708/t20170809_10478585.htm 


    0019b91ecbef156a6c1255

    関連記事


    1: 高低差速報
    中国でのビットコイン取引所「OKCoin」で日本時間14時15分、1ビットコインあたり3256ドルに、取引所「Kraken 」では3242ドルに達した。ニュースサイト「TechCrunch」によると、ビットコインは過去最高値を更新した。

    仮想通貨ニュースサイト「Forklog」は、6月中頃に1ビットコインあたりの価値は初めて3000ドルを超えたと指摘。その後2900ドルに反落し、7月中頃には2000ドルを切った。

    1日に起きたビットコインの分裂と、新たな規格(プロトコル)「ビットコインキャッシュ(BCC)」の発足直前に、ビットコインの価値は再び2900ドルに到達。BCC登場後には2600ドルに下がった。

    BCCは一方、8月5日午前には1枚あたりの価値は256ドルだったが、登場1日後の一時は価値が750ドルに上がっていた。

    https://jp.sputniknews.com/business/201708053963063/




    biticoin


    関連記事

    このページのトップヘ