高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    政府


    1: 高低差速報
    量子コンピューター、「天才」募集 最大500万円提供

     世界的な量子コンピューターの開発競争が進むなか、経済産業省は2018年
    度から、国内での量子コンピューターの専門人材の発掘・支援を強化する。
    専用のソフトウエアなどを開発できる人材を年齢などを問わず広く募集。
    その人材のアイデアを実現するために、必要な研究開発費や専門人材などを
    提供する。
    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25267970Q7A231C1NN1000/
    maxresdefault




    関連記事



    1: 高低差速報
     厚生労働省は10日、2016年度の年金特別会計の収支決算を発表した。時価ベースでは、会社員や公務員が加入する厚生年金が10兆5031億円、自営業や非正規雇用の人らが入る国民年金が2440億円と、いずれも2年ぶりの黒字となった。

     積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用成績が国内外の株価上昇を受けて好調で、約7兆9千億円の収益を上げたほか、保険料と年金支払い分に当たる給付費の収支差もプラスだった。

    https://this.kiji.is/268309593826412024?c=39546741839462401



    170118gpif_eye-700x336

    関連記事


    1: 高低差速報
     政府・与党で大学などの教育費の負担軽減策に充てる「教育国債」の構想が再燃している。大学卒業後、一定の収入を得たら授業料を「出世払い」で返済する制度と組み合わせ、政府は年内に具体案のとりまとめを目指す。安倍晋三首相が掲げる「人づくり革命」の目玉に位置づける。財政が厳しい中で歳出や債務を増やすため、ばらまき批判を呼ぶ可能性がある。

    日本経済新聞
    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGKKASFS26H4J_Z00C17A8MM8000/




    humanrevolution

    関連記事


    1: 高低差速報
    鴻海(ホンハイ)精密工業(台湾)の郭台銘(かくたいめい)会長は22日、
    東芝の半導体子会社「東芝メモリ」売却の入札について、経済産業省の担当局長の実名を挙げて、
    「鴻海の邪魔をした」と、日本政府の姿勢を批判した。

    東芝は、政府系ファンドの産業革新機構を軸とする「日米韓連合」を優先交渉相手に選んでおり、
    鴻海は劣勢に立たされている。

    台湾での株主総会後の記者会見で、技術流出への懸念を繰り返した日本政府への不満をぶちまけた。
    昨年、シャープを買収した際にも、「できればシャープを買わない方が良い」と同じ経産省局長に
    言われたというエピソードも披露。

    東芝メモリ関連の記事が載った現地紙を破って怒りを表した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000091-asahi-bus_all

    株主総会後の記者会見で、東芝メモリ買収が難しくなったことが書かれた現地紙を破る鴻海精密工業の郭台銘会長=22日、台湾・新北
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170622004454_comm.jpg
    no title





    関連記事



    1高低差速報
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00010004-houdoukvq-soci

    出生数が初めて100万人を下回ったことに、強い危機感を示した。
    菅官房長官は、 「安倍政権としては極めて深刻な問題。そういう中で、最優先課題としてしっかり対策を講じていきたい」と述べた。



    no title
    関連記事


    1高低差速報
    無料通信アプリを展開するLINEが政府のオンライン行政サービスと連携することが日本テレビの取材でわかった。LINEの画面からマイナンバーカードを使って一部の行政手続きなどができるようになる。

    関係者によると、LINEは9月にも政府がスタートさせるオンライン行政サービス「マイナポータル」と連携するという。LINEの画面から「マイナポータル」に直接アクセスすることができる。
    LINEのユーザーがスマートフォンなどに読み取り機能をつけてマイナンバーカードをかざせば一部の行政手続きができるという。

    LINEを通じて将来は税金の支払いや保育所の入所申し込みなどもできる見込み。

    マイナンバーカードはこれまで国民の1割程度の普及にとどまっており、政府はSNSとの連携で若者などにマイナンバーカードを広げたい考え。

    http://www.news24.jp/articles/2017/06/02/06363176.html


    line-icon-20160417-r

    関連記事

    このページのトップヘ