高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    政治



    1: 高低差速報
    安倍総理「株価はバブル崩壊以来26年ぶりの最高値を突破、新卒内定率は2000年以降で最高水準を記録してしまった・・・」
    post_18441_1




    関連記事


    1: 高低差速報
    政府は20日の閣議で、少子化対策の新たな指針となる「少子化社会対策大綱」を決定した。
    少子化の加速に歯止めをかけるため、平成27年から今後5年間を集中取り組み期間と位置付け、
    3人以上の子供がいる「多子世帯」の負担軽減など5つの重点課題とともに、個別政策の数値目標を設定した。
    また、結婚支援策を初めて盛り込んだ。

    また、「男性の家事・育児への参画が少ないことが少子化の一因」と指摘し、男性や企業の意識改革も求めた。長時間労働の是正などを通じて、
    32年には妻の出産直後の男性の休暇取得率を8割にする。男性の育児休業取得率も13%(25年度は約2%)に引き上げる数値目標を示した。



    0995eaafc57e99707bfdd86d6d0e0430

    関連記事


    1: 高低差速報

     国連安全保障理事会は18日(日本時間19日未明)、エルサレムをイスラエルの「首都」と認定した米トランプ政権に撤回を求める決議案を採決し、
    米国以外の14カ国がすべて賛成したが、常任理事国である米国が拒否権を発動し、廃案となった。米国と国際社会の亀裂が改めて鮮明になった。

     決議案はエジプトが作成した。決議案は米国の名指しを避けながらも、エルサレムの地位に関する「最近の決定に深い憂慮」を明記。
    エルサレムの地位について「交渉を通じて解決されるべき」問題と指摘し、地位の変更を主張する決定や行動を「無効」としていた。

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000008-asahi-int 
    USA_flag




    関連記事




    1: 高低差速報
    アメリカのドナルド・トランプ大統領は12月6日、ホワイトハウスで演説し、
    公式にエルサレムをイスラエルの首都と認め、国務省に対しテルアビブにある
    アメリカ大使館をエルサレムに移転する手続きを始めるように指示したと正式に表明した。

    世界各国の指導者からは、アメリカがこれまでの中東政策を逆行させ、
    パレスチナの和平交渉を阻害する恐れがあると懸念を強めている。

    引用記事:http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/06/trump-jerusalem-move_a_23299322/ 


    2745821

    関連記事

    このページのトップヘ