高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    政治



    1高低差速報
    「芸能人とか3人しか知り合いいないよ。芸人1名、モデル1名、タレント1名。
    もうちょっと飯食いながら語れる有名人とかいたらうれしいよねw実業家の方々なら結構いるんだけれども。
    こうやって有名人云々言ってる時点でまだまだ子供だなぁと反省。」



    tehu_dentsu-2
    関連記事



    1高低差速報
    フランスのエマニュエル・マクロン大統領は5月17日、閣僚名簿を発表し、中道左派の社会党と中道右派の共和党から
    閣僚経験者を選ぶなど、既成政党、民間からのバランスを重視した顔ぶれとなった。

    マクロン氏は15日に、共和党のエドワール・フィリップ氏を首相に指名し、組閣を指示した。

    外相にオランド前政権で国防相を務めたジャン・イヴ・ルドリアン氏、内相にマクロン氏を支持したリヨン市長のジェラール・
    コロン氏など社会党の有力者を起用する一方、財務相に共和党のブルーノ・ルメール元農相を充てるなど、重要閣僚に
    社会・共和両党の実力者を取り込んだ。民間からは環境活動家のニコラ・ユロ氏をエコロジー・連帯移行相に起用した。
    内閣は閣外の大臣を含めて22人で、既成政党と民間からそれぞれ半数選出している。

    またマクロン氏の公約通り、男女平等を重視した内閣となった。

    女性閣僚は11人で、スポーツ大臣に元オリンピック選手ローラ・フレセル氏、文化大臣に出版業のフランソワーズ・ニッサン氏
    などが選ばれた。

    マクロン氏は11日、6月に控える国民議会選挙の公認候補428人を発表したときも、候補者の半分は女性だった。

    マクロン氏は大統領選を通じて男女平等を訴えていた。1月には「今、有権者の53%は女性です。国民議会に選出される
    女性の割合が30%以下というのは許されません。他の政党と違い、我々は男女平等を尊重します」と語っていた。

    マクロン氏の組閣は、カナダのジャスティン・トルドー首相を思い起こさせる。トルドー氏は2015年11月、首相就任初日に
    30人の閣僚を発表したが、そのうち15人は女性だった。

    トルドー氏はその理由を問われると「もう2015年ですから」と答えている。
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/17/france_n_16678780.html





    img_a71a3bf2ef44bd1b456c845a7f211caa100899


    1高低差速報
    「マイクロソフト」社創業者ビル・ゲイツ氏が、13年以内に起こる出来事7つを予言していたことが判明。
    世界最高峰の経営者が語る驚愕の未来をご紹介する。

    ■ビル・ゲイツの未来予言

    ゲイツ氏は1999年にも多くの予言をし、その高い的中率で業界人の度肝を抜いた。
    たとえば、価格評価サイトの隆盛、スマートフォンの出現、オンライン上での支払い、IoT(モノのインターネット)の出現、SNSの普及など、今日ではその予言のほとんどが実現している。
    この度の予言も、世界の動向を見極める上で必見の内容だ。「Futurism.com」(5月13日)の記事を参考にみていこう。

    1、「15年後、3300万人が感染病により1年以内にタヒぬ」

    ミュンヘン安全保障会議での発言。
    空気感染する病原菌が、突然変異、事故、テロリストによる生物兵器の使用などにより、世界中にばら撒かれる危険性があるという。
    中世ヨーロッパを襲った黒タヒ病(ペスト)はヨーロッパ人口の3分の1がタヒに、1918年に発生したスペイン風邪では5000万人~1億人がタヒ亡した。
    衛生環境が整った現代では爆発的な感染拡大は起こりにくいように思うかもしれないが、大都市への人口集中により、むしろ感染病の拡大が深刻な被害をもたらすとの見方もある。

    2、「食糧生産においてアフリカ諸国が自給自足を実現する」

    ゲイツ氏によると、構造変化によりアフリカの食料自給率が100%になるという。ゲイツ氏が挙げている理由は3つ。
    1つ目に、改良された肥料や穀物による生産効率の劇的な向上が見込まれること。
    2つ目に、各種インフラが整備されつつあること。たとえば、ガーナでは高速道路が拡張され、生産地から消費地への輸送が容易になり、セネガルでは高速道路のチェックポイントを廃止することで渋滞を回避している。
    3つ目に、携帯電話やスマートフォンが普及し、気象予報や市場価格などを容易に調べることができるようになったことを挙げている。

    3、「モバイルバンキングが貧困者の生活に劇的な変化をもたらす」

    自身のブログ「gatesnotes」の年報での記述(2015年)。
    電子バンキングの発達により、「2030年までに銀行口座を持たない20億人の人々が携帯やスマホで預金の管理や支払いをするようになる」と語っている。

    4、「2035年、貧困国はもはや存在しない」

    ゲイツ氏は世界が急速に変化していることを指摘。
    自身の半生を振り返るだけでも、ソビエト連邦と米国の冷戦時代から現在までに多くの変化が世界で起こったことから、世界には自ら変化する大きな潜在能力が備わっているという。
    その変化のひとつとして「2035年までに貧困国が無くなる」と予想しているのだ。
    ブログ「gatesnotes」に掲載した2014年の年報では、「援助とは素晴らしい発明品です。
    そして我々はもっと援助をしていかなければなりません。世界中の人々の命を救い、改善する効果的な方法です」と記している。

    5、「2030年までにクリーンエネルギーに革命的なブレイクスルーが起こる」

    2016年にゲイツ氏が予言した内容によると、具体的な再生可能エネルギーに言及してはいないものの、若い人々への投資により、エネルギー問題が解決すると信じているとのことだ。
    ゲイツ氏はすでに、あらゆるテクノロジー分野に20億ドルの投資をしている。

    6、「機械化により膨大な量の仕事が失われる」

    米ニュースサイト「Quartz」のインタビューで、人間の労働力はロボットに取って代わられると発言。
    しかし、ロボット税を課すことで、高齢者の援助や子どもが関わる仕事など、人間だけが行える仕事の創出が期待できるという。

    7、「2019年までにポリオ(ポリオウィルスが引き起こす急性灰白髄炎)が根絶される」

    2013年にブログ「gatesnotes」の年報で発表、ポリオの流行が減少していることを指摘。
    ポリオ根絶の鍵として「計測」を挙げている。
    曰く「問題がオープンに議論できる環境を整えることに加え、正確な計測も必要。
    そうすることで、何が効果的であるか実際に評価することが可能になる」とのことだ。

    ゲイツ氏の予言を7つご紹介した。
    世界の未来について悲観的な見方が多いなか、高的中率を誇るゲイツ氏が、希望ある予言をしていることは救いかもしれない。
    今後もゲイツ氏の発言に注目だ。

    http://tocana.jp/2017/05/post_13216_entry.html 




    141221BillGates





                     関連記事


    このページのトップヘ