高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    新作


    1: 高低差速報
    Apple、最上位モデル「iPhone X」発表 - ITmedia NEWS
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1709/13/news044.html#l_kf_iphone_00.jpg

     米Appleは9月12日(現地時間)、iOS搭載スマートフォンの最上位モデル「iPhone X」(テン)を発表した。有機ELディスプレイを採用し、ディスプレイ周囲のベゼル幅を狭くした。顔認証機能「Face ID」を備えるほか、ワイヤレス充電にも対応する。日本などで10月27日から予約を受け付け、11月3日に発売する。11万2800円(税別、以下同)から。
    no title




    関連記事



    1: 高低差速報
    村上春樹氏の7年ぶりとなる本格長編『騎士団長○し』が2月に新潮社から刊行されたが、
    売れ行きが当初の目論見から外れ、「過去の作品と比べると、明らかに動きが鈍い」(大手取次幹部)という。
    新潮社は昨年11月以降に、かなり力を入れたPRを行ってきた。初版は上下巻合計で異例の100万部を刷り、
    しかも発売直前に増刷をかけて過去最高の130万部を用意した。ニュース番組でも報じられた発売日とその直後には
    かなりの売れ行きを見せ「初動で50万部くらいまでは一気に売れたが、そこで急激にブレーキがかかった」
    (大手出版社関係者)という。現に、一般書店では今もうずたかく積まれた状態が続いており、最近では
    「50万部以上が返本される可能性が取り沙汰されている」(出版業界関係者)。全量は保管できないため、
    多くが裁断処理されることになるが、新潮社には「返本10万部あたり1億数千万円」(同)ともいわれる負担が
    重くのしかかる。前回、2009~2010年に新潮社から『1Q84』が出版された際は社会現象にまでなったが、
    その夢よもう一度という願いは難しい状況になっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170605-00010000-sentaku-soci
    kisidancho




    関連記事


    1高低差速報
    村上春樹の新作長編小説『騎士団長殺し』(新潮社)がさっぱり話題に上らない。
    発売当初こそマスコミに大々的に取り上げられたものの、次第に『騎士団長殺し』はおろか「村上春樹」の名を目にすることもほとんどなくなった。

    なにより、これまでの村上作品と違うのは、熱狂的信者であるはずの“ハルキスト”をはじめ、一般読者からの反響がほとんどないことだ。
    第1部「顕れるイデア編」、第2部「遷ろうメタファー編」を合わせて130万部も発行されているにもかかわらず、これほど反響が少ないのは異常事態。もはや世間から「完全スルー」されているようにも見える。

    しかも、それは『騎士団長殺し』が「おもしろくない」からではない。
    村上春樹の新作長編小説がまるで盛り上がらない理由について、専門家は「村上春樹ブームそのものが終わったため」と指摘する。 (以下略)


    http://news.livedoor.com/article/detail/12859969/



    haruki-11

    関連記事




    1高低差速報
    新潮社は20日、今月24日に発売される村上春樹さん(68)の長編小説「騎士団長殺し」(全2冊)の発行部数を、第1部「顕(あらわ)れるイデア編」は70万部、
    第2部「遷(うつ)ろうメタファー編」は60万部に増やすと発表した。当初、共に50万部としていたが、書店や読者の反響が大きく、発売前に増刷する「事前重版」を決めた。

    村上作品の「発売前」部数としては、第1部の70万部は「1Q84 BOOK3」(2010年)と並ぶ最多という。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12698781/
    kouteisasokuhou



    関連記事

    このページのトップヘ