高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    日本



    1: 高低差速報
     ライドシェア(相乗り)世界大手の米ウーバーテクノロジーズの日本事業が曲がり角を迎えている。27日、日本では当面タクシーの配車サービスに専念する方針を示した。ウーバーは日本法人社長の退任も明らかになっている。タクシー業界の反発や規制を前に日本市場を攻めあぐねており、民泊分野で規模を拡大する米エアビーアンドビーとの明暗が鮮明になってきた。

     「タクシー会社とのパートナーシップに優先的に取り組んでいく」。同日開いた日本事業の説明会で、アジア事業責任者のブルックス・エントウィッスル氏はこう強調した。自家用車で乗客を運ぶライドシェア事業を諦めたわけではないが、「規制当局との対話を重視している。スピーディーに進まない市場もある」と規制に従う考えを示した。

    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23944900X21C17A1TI1000/



    uberlabeledforreuse_500_x_333_0
    関連記事




    1: 高低差速報
    家計も貯蓄優先:7~9月期GDP統計

    2017年7~9月期GDP 1次速報が発表された(15日。表1)。全体として回復を持続しているが消費の弱さが目立つ。

    所得は伸びても支出が伴わず、消費性向はリーマンショック後 (2008年度)並の低さだ。


    引用記事:https://www.crinet.co.jp/message/archive/20171124.html

    関連記事


    1: 高低差速報
    「健康格差」は、健康に対する自己管理能力の低さが原因ではなく、生まれ育った家庭環境や地域、就いた職業や所得などが原因で生じた病気のリスクや寿命など、私たち個人の健康状態に気づかぬうちに格差が生まれてしまうことを指す。

    背景にあるのは、「失われた20年」に代表される日本社会の構造的な変化だ。大きな要因としてあげられるのは、非正規雇用者の増大などの労働環境の激変と、それにともなって生じる収入格差の拡大である。

    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53460
    kenkoushindan2_ojisan_good




    関連記事


    1: 高低差速報
    ー米国学術界の状況は。

     「米国は基礎的な研究は国の資金にサポートされているが、工学系の研究室はほとんど民間資金で運営している。国のサポートは小さく、民間から資金を集められなければ研究を続けられない。工学系の教授の50%は自分の会社を持っていてほぼ100%が企業向けにコンサルしている。教授はベンチャー経営者のようなものだ。企業へのコンサルで接点を作り、共同研究の資金を集める。これを原資に研究体制を整える。私はベンチャー2社を経営しているが、多い方ではない」


    【中略】

      「米国では政府は大学の経営に口を出さない。日本では大学が一つ一つ文部科学省にお伺いをたてて、官僚主義で検討もされずに認められない。米国の研究者は自由だ。実力があれば資金を集め、大学と交渉していく。そしてスポンサーとなればロシアや中国など、米国の仮想敵国にさえ通い詰める。日本の大学は日本の企業だけ相手にして、チャンスをつぶしている」

    【中略】

     「日本は職位や性別、年齢、健康で差別がある。企業も採用試験で研究内容や専門性ではなく、部活動や趣味など、課外活動について尋ねる。研究者や技術者の人事選考で研究以外の経験で人物を選ぶ国だ。研究者や科学技術を尊重する社会ではない」
    引用記事:https://newswitch.jp/p/11126
    newswitch


    関連記事


    1: 高低差速報
    「インドのシリコンバレー」と呼ばれる南部カルナタカ州の州都ベンガルール(バンガロール)が、世界各国の経営者を対象にした調査で、シリコンバレーを擁する米サンフランシスコをしのぎ世界45都市中、最高のデジタル都市に選ばれた。東京と横浜はワースト3入りした。




     デジタル都市上位10と下位10

     (1)ベンガルール

     (2)サンフランシスコ

     (3)ムンバイ

     (4)ニューデリー

     (5)北京

     (6)マニラ

     (7)上海

     (8)ジャカルタ

     (9)ロンドン

     (10)マドリード

     -------------

     (36)フランクフルト

     (37)香港

     (38)大阪

     (39)クアラルンプール

     (40)アデレード

     (41)ロッテルダム

     (42)台北

     (43)東京

     (44)横浜

     (45)ベルリン

    Bangalore_thumb



    引用記事:http://www.sankeibiz.jp/macro/news/171118/mcb1711180500014-n1.htm

    関連記事

    このページのトップヘ