高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    日本


    1: 高低差速報
    東芝、製造業最大9657億円の赤字、監査意見は「限定適正」


    対立の米WDや台湾鴻海とも交渉、3月までの完了に最善-綱川社長
    前期は製造業で過去最大の9657億円赤字、債務超過額は5529億円

    東芝は10日、先送りしていた前期(2017年3月期)の有価証券報告書を提出した。綱川智社長は、残された大きな経営課題は債務超過解消のためのメモリー事業売却のみとなったとの認識を示し、優先交渉先に決めた産業革新機構などの「日米韓連合」以外とも協議を進めていることを明らかにした。

      米原発事業での損失に関して東芝と一時意見が対立していたPwCあらた監査法人は、有報に概ね問
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-10/OUCXKM6TTDS001




    _97264255_gettyimages-659706850

    関連記事



    1: 高低差速報
    昨今、「働き方改革」の必要性が叫ばれていますが、一方でこれまではあまり注目されていなかった、「企業が犯している労働法違反」が摘発されるリスクが高まっています。
    これまで、労働法に反する時間外の長時間労働やサービス残業などは、「ある程度は仕方ない」「現実は法律と違う」といった理屈で、野放しになっていたのが現実です。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170802-00182037-toyo-bus_all



    miwake3

    関連記事


    1: 高低差速報
    アトキンソン氏 実は、私自身、この本を書き始めるまで、なぜ日本が世界第3位の経済大国なのかを 十分に説明しきれていませんでした。

    大学で日本の経済を勉強し、 
    その後、ゴールドマンサックス証券で7年も働いていたにもかかわらずです。 日本の産業をよくよくみてみると、農業も含めてそうなのですが、 
    なぜ産業として成り立っているのか不思議なものもあります。

     
    トヨタ自動車はすごい企業ですが、世界を席巻するようなとんでもない技術を持っているわけではありません。 何でこうなったのか不思議に思っていました。 今回の本を執筆するにあたって、改めて日本を分析して、日本の高度成長の要因が、 すべてとはいいませんが、かなりの部分、急激な人口の増加にあったことが分かってきました。 

    日本は世界3位の経済大国ですが、一人当たりのGDP(国内総生産)をみると、 20~30位をうろうろしています。一人当たりの生産性は低いのですが、その分を人口増 でカバーしていたわけです。人口の激増は過剰な競争社会を形作ります。また、 特に日本のような男性社会はなおさら競争になります。その原動力が日本を発展させていったんです。 でも、日本は経済大国のようにもみえますが、生産性は低い国なんですhttp://j.sankeibiz.jp/article/id=1434



    233072490-1414083048_l
    関連記事


    1: 高低差速報
    息を吐くように場の人間を迫害、マウンティングできるタイプが「変じゃない人」、「普通の人」になってるんだよなあ



    wst1604190002-p1

    関連記事


    1: 高低差速報
    京都人「えっ?」

    ギリシア人「紀元前6000年以上前から続いているギリシアの都市アテネです」

    京都人「あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )



    703468d279b35eb671b5238231f495d0c0672661_56e6981d3504c_p

    関連記事


    1: 高低差速報
    なぜ日本の生産性と賃金は停滞しているのだろうか?これに対して多くの経済学者が論争を繰り広げているが、大きく2つの要因に分けて考えることができる。第一は、円高による日本企業の大々的な生産設備の海外移転を挙げられる。前述した自動車工場の例から分かるように、製造業の割合が高い国であるほど生産性の向上速度が速い。飲食店や美容室の生産性を向上させるのは限界があるが、製造会社は革新的な技術の採用、あるいは新鮮な協力のアイデアを受け入れるだけでも生産性を向上させる機会をつかまえることができるためだ。したがって、国内総生産で製造業の割合が高い国であるほど、生産性の向上速度が速い傾向がある。 (以下略)
    http://japanese.joins.com/article/092/231092.html
    http://japanese.joins.com/article/093/231093.html
    488x-1



    関連記事

    このページのトップヘ