高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!





    1高低差速報
    1980年代後半から90年代前半にかけて、地価や株価の異常な高騰をともなう好景気を背景に、独特の文化が生まれた「バブル時代」。そのファッションやライフスタイルに注目する動きが広がるが、企画者の中には当時を知らない若者も多い。なぜなのか。(沢木香織、大貫聡子)

    バブル時、全国各地で若者が集ったディスコ「マハラジャ」。バブル崩壊にともない閉店したが、ここ数年、東京や名古屋で相次いで復活している。1号店があった大阪・ミナミでも今年3月、25年ぶりに「マハラジャ ミナミ」が復活した。コンセプトは「原点回帰」と「歴史の継承」だ。

    今月26日夜、バナナラマの「ヴィーナス」が流れる店内には当時を知る世代に交じり、20~30代の姿も。同店の林道晴部長(52)は「若者には、当時の『はじけた感じ』が新鮮に映るのでは。大人の遊び場として、バブルの良かった部分は残し、次世代に伝えていきたい」と話す。

    「90s生まれのアシスタント3人が80sを追体験!」。雑誌「VOGUE(ヴォーグ) JAPAN」は5月号で、20代の女性アシスタント3人がバブル時代を追体験する様子を、計11ページにわたって特集した。華やかなファッションやメイクで着飾り、夜景を見下ろすレストランで食事をし、ディスコで踊る、という内容だ。

    スパンコールやラメなど80年代をほうふつとさせる「グラムスタイル」の企画会議で、3人の80年代への強い憧れがわかり、特集に結びついたという。

    欲を抑え、人と深く関わらず、…(以下省略)

    金曜夜、25年ぶりに復活したマハラジャ ミナミで踊る人たち
    =4月28日午後、大阪市中央区、遠藤真梨撮影







    http://www.asahi.com/articles/ASK5V5WYCK5VPTIL02Q.html

    関連記事



    1高低差速報
    ・ボーナス袋が直立する
    ・100万円の商品がなかなか売れ無かった時に、200万円に値段を書き換えると即売れた
    ・ヨーロッパ研修旅行にて、会社から「100万円くらいなら使っていいよ」とゴールドカードを渡された
    ・タクシーがつかまらない、または乗車拒否される。
    ・マーチ(車)が中古で倍額に
    ・日給4万円の仕事があった
    ・50前後の公務員のお父さんよりも、新卒の銀行員の娘のボ-ナスのほうが多かった
    ・説明会に行くだけで内定がもらえた
    ・飲み会の帰りは必ずタクシー券がもらえた
    ・1枚6千円のシャツのシリーズ全色(8~10枚)をまとめ買い
    ・企業説明会で交通費が3万円支給された
    ・毎年100万ずつ給料が上がっていた
    ・深夜の通販番組で、クルーザーを売っていた
    ・未成年でも400万の車のローンが通った
    ・入社する気がない会社の面接を受け、交通費だけをせしめる人がいた。
    ・4650万円のフェラーリが、2億5千万まで高騰。
    ・銀行に100万を一年預けて、25万円の利息がついた事もあった。




    47fbbc45-6824-48d1-b54c-c47402c90ae3
     
    関連記事





    当時の何気ない東京の日常風景に、その頃の思い出がフラッシュバックしてしまいます。
    昔の自動販売機

    80's Japan - Vending Machines



    当時は路上の自動販売機で、誰でも酒類が買えました。お父さんにお金を渡されて、ビールを買いに行った思い出も。


    切符は駅員さんがひとつひとつをもぎり

    80s Japan - Yamanote Line 80年代 山手線 pt.1



    駅の改札。ここは池袋駅のようです。自動改札機はまだなくて、駅員さんがひとつひとつ切符を切っていました。

    出典:NichiBeiTrader

    東京全体に自動改札機が導入されたのは、1990年以降なのだとか。

    夜の東京の様子雨の日の夜の新宿駅前の様子。意外とみんな、ファッションがシンプルですよね。

    街の看板もどことなくレトロな感じがします。

    80s Japan - Tokyo at Night 東京 の夜 80年代
    (なぜかモバイルからは再生出来ません)



    どれも懐かしくて胸がきゅっとなる!まるでタイムスリップしたような気分を味わうことができる、1987年の東京を映した動画。

    この動画を投稿したのは、アメリカ人のNichiBeiTraderさん。当時、東京を観光しながら撮影したものだそう。

    どれも懐かしくて、時間を忘れて見入ってしまいます!

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12595575/

    このページのトップヘ