高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    映画




    1: 高低差速報
    毎年多数公開されている邦画。これまで恋愛、ヒューマン、ミステリー、コメディーなど多くのジャンルの映画が公開され、
    「名作」と呼ばれている作品も多数存在します。
    そんな中、世の中の人が「一番泣いた」と感じている映画はどの作品なのでしょうか。そこで今回は、
    一番泣いた邦画について探ってみました。

    1位世界の中心で、愛をさけぶ 主演:大沢たかお、柴咲コウ 2004年公開 135票
    2位いま、会いにゆきます 主演:竹内結子、中村獅童 2004年公開 132票
    3位余命1ヶ月の花嫁 主演:榮倉奈々、瑛太 2009年公開 123票
    4位ALWAYS 三丁目の夕日 主演:吉岡秀隆 2005年公開 122票
    5位永遠の0 主演:岡田准一(V6) 2013年公開 120票

    6位海猿 主演:伊藤英明 2004年公開 118票
    7位八日目の蝉 主演:井上真央、永作博美 2011年公開 110票
    8位タイヨウのうた 主演:YUI(FLOWER FLOWER) 2006年公開 101票
    9位おくりびと 出演:本木雅弘、広末涼子、他 2008年公開 98票
    9位硫黄島からの手紙 主演:渡辺謙 2006年公開 98票

    引用記事:https://ranking.goo.ne.jp/column/4726/
    ae20c41974b14d74




    関連記事





    1: 高低差速報
    ¥ハリウッド映画『マトリックス』三部作のオープニングで流れ落ちる緑色のカタカナ混じりの文字コードは、
    実は寿司のレシピから抜粋して作られたものだった。作品のプロダクション・デザイナーを務めたサイモン・
    ホワイトリーさんが明かした。

    ホワイトリーさんは「みんなに喜んで打ち明ける話なのですが、あのマトリックス・コードは、実は日本の
    寿司のレシピなのです」
    と話し、日本人の妻が持っていた料理本から文字を借用して作成したと説明。そし
    て「あのコードなしには『マトリックス』は成立しません」とコメントした。

    映画『マトリックス』はウォシャウスキー兄弟(現在は性転換して姉妹)監督が1999年に撮影した作品。
    2003年には続編の『マトリックス・リローデッド』、『マトリックス レボリューションズ』がそれぞれ
    公開された。

    https://jp.sputniknews.com/entertainment/201710254220086/

    https://youtu.be/KoQOKq1C3O4



    matrix-wallpaper


    関連記事

    このページのトップヘ