高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    時価総額


    1: 高低差速報
    任天堂 6兆0700億 
    ソニー 5兆3600億
    武田  4兆8200億
    パナソ 4兆0800億  
    日立  3兆8300億  
    東芝  1兆3300億 



    jobs_top_logo

    関連記事


    1: 高低差速報

    時価総額とは何か
    時価総額1兆円と聞くとそれだけで”スゴイ”印象はありますが、同業他社や類似企業、関連する産業の企業と比較してどの程度の規模なのかを確認しておきましょう。

    ちなみに、時価総額とは株価と発行済株式総数を掛け合わせたものです。現在の利益規模をベースにして利益成長への期待が高ければ時価総額は大きくなりますが、現在の利益規模が大きくとも成長期待が乏しかったりすると低い評価しか受けないということもあります。

    スタートトゥデイ時価総額1兆円の立ち位置を確認しよう
    さて、比較する対象を見ていくことにしましょう。Eコマースサイトの日本で代表的な企業は楽天ではないでしょうか。扱っているものは多岐にわたっており、金融事業なども行っているので比較する対象として違和感があるという指摘もあるでしょうが、そこはEコマースサイトとしてスタートトゥデイの競合企業のイメージを持つことを優先したいと思います。

    楽天の2017年8月10日の時価総額は約1兆8,640億円。スタートトゥデイの同日の時価総額が約1兆780億円。両者を比較するとまだまだ楽天の方が時価総額は大きいですが、スタートトゥデイの成長スピードは目を見張るものがあります。

    では、リアル店舗を持つ百貨店はどうでしょうか。三越伊勢丹ホールディングスは約4,410億円、J. フロント リテイリングが約4,320億円、高島屋が約3,630億円といった具合です。時価総額の比較だけであれば、スタートトゥデイの方が既に大きいことが分かります。

    では、リアル店舗を持つアパレル小売企業はどうでしょうか。アパレル小売で時価総額が最も大きな企業はユニクロで知られるファーストリテイリングで時価総額は約3兆4,450億円あります。また、アパレル小売とは言い切れないまでもアパレルを取り扱っている無印良品を展開する良品計画は約8,720億円。しまむらは約5,090億円、青山商事が約2,100億円、アダストリアが約1,230億円、ユナイテッドアローズは約1,090億円といった状況です。ファーストリテイリングは別格といえそうですが、アパレル小売りと比較してもスタートトゥデイには存在感があります。

    時価総額の話が長くなりましたが、続いて業績の数字に話を移しましょう。

    2017年3月期の同社連結の売上高は764億円、対前年度比は+40%増、営業利益は263億円、対前年度比は+48%増となっています。また、営業利益率は34%を超えており、非常に高い収益性を実現しています。

    また、財務諸表を見ていくと、総資産は557億円、自己資本は294億円。大きな借入もなく、現金及び預金を220億円保有しており、非常に健全といえます。

    スタートトゥデイは成長率も高く、また高い収益性を確立しています。その結果として財務体質も健全でなんとも勢いがあり盤石な企業がさらに成長をしている印象を持ちます。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00003899-toushin-bus_all&p=2
    1-3




    関連記事


    1: 高低差速報
    大体の内容

    8月8日にアリババがニューヨーク取引所当日の終値で時価総額4000億ドル(約44兆円)を超えました。
    ※取引時間中の値では既に7月末頃に4000億ドルを超えてる。

    世界で時価総額4000億ドル超えの企業はこれまで6つで、
    ・アップル
    ・グーグル
    ・マイクロソフト
    ・アマゾン
    ・Facebook
    ・バークシャーハサウェイ
    中国のアリババは7つ目の企業となる。

    以下ソース
    http://t.m.youth.cn/transfer/index/url/news.youth.cn/gn/201708/t20170809_10478585.htm 


    0019b91ecbef156a6c1255

    関連記事


    1: 高低差速報
    Google Financeのデータによれば、今日(米国時間7/20)、テクノロジー企業のトップ5の時価総額の合計が3兆ドル〔336兆円〕を超えた。市場のテクノロジー・ブームは新たな段階に入ったと言えそうだ。

    2000年のドットコム・バブルを象徴したのがNasdaq指数が5000を記録したことだった。New York Timesによれば、テクノロジー企業のビッグ5の時価総額が今や3兆ドルに達したことは、この分野が湧きたち、あらゆる面で新記録が生まれていることの表れだという。

    現在の株式市場はテクノロジー市場といってもいい。まずはいくつかの数字を確認し、ここまで来た経緯を振り返ってみよう。

    3兆ドルを超えて上昇中

    Google Financeの数値をベースにCrunchBase Newsが作成したスプレッドシートによれば、ビッグ5(Apple、Alphabet、Amazon、Facebook、Microsoft)の時価総額合計は3.03兆ドルとなった。Yahoo Financeのデータでは3.002兆ドルだった。

    なおWolfram Alpha(これについては後述)では2.978兆ドルという結果を出した。多少の誤差はあるものの全体として3兆ドルかそれ以上という点に間違いないようだ。

    この額に達するまでにビッグ5はかなり波乱に満ちた経過をたどってきた。直近52週の最安値と比較すると、現在の株価の上昇率は以下のとおりだ。

    Apple: 56.63%
    Amazon: 44.61%
    Facebook: 44.55%
    Microsoft: 39.54%
    Alphabet: 33.45%
    52週の最高値と比較するとAppleは3.59%安、.Alphabetは0.24 %安となっているが、全体としてテクノロジー企業の株価が新たな水域に入ったことは間違いない。
    http://jp.techcrunch.com/2017/07/21/20170719techs-5-biggest-players-now-worth-3-trillion/
    Amazon-Apple-Google-Alphabet-Facebook



    関連記事


    1高低差速報
    【AFP=時事】米電気自動車(EV)メーカー大手テスラ(Tesla)が3日、時価総額でフォード・モーター(Ford Motor)を抜き、同国自動車メーカー2位に浮上した。


     大手メーカーの多くが3月売上高の前年比大幅減を報告する中、テスラは先週末の発表で、今年第1四半期(1~3月)の出荷台数が前年同期比69%増の2万5000台に上ったと報告した。
    これを受け、テスラ株は3日の株式市場で急騰。一方の大手自動車メーカー各社は、先月の売り上げが期待を下回ったことから急落した。

     テスラ株は7.3%増の298ドル52セントで同日の取引を終了。同社の時価総額は486億3000万ドル(約5兆4000億円)に達した。
    ゼネラル・モーターズ(GM)の株価は一時4.4%減まで急落したが、時価総額は509億ドル(約5兆6000億円)以上で米自動車メーカー1位を維持。
    一方、フォードの株価は一時3%減まで下落し、時価総額は454億7000万ドル(約5兆円)となっている。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000002-jij_afp-bus_all



    00
     
    関連記事

    このページのトップヘ