高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!


    1: 高低差速報
    「日本企業には優れた技術があるが、マーケティングのノウハウがないために海外企業に負けてしまう」という解説がよく聞かれ、書店にはマーケティングに関する書籍があふれている。
    マーケティングの基礎の基礎として、前回はブランドの資産価値、いわゆる「ブランド・エクイティ」について解説したが、今回はそのブランドイメージを維持することの難しさについて、立教大学経営学部教授の有馬賢治氏に話を聞く。

    ●安売りするくらいなら捨てたほうがマシ

    ――前回までのおさらいとして、改めてブランドの役割について教えてください。

    有馬賢治氏(以下、有馬) 消費者に対するブランドの主な役割は、端的には製品識別と安心感を与えることにあります。
    これによって、消費者は製造元が明確に分かるので、探索にかける時間を減らすことができるようになります。また、責任の所在が明確になることで、購買を失敗するリスクも削減できるというわけです。

    ――最近よく聞く「ハイブランド」のように、消費者に社会的に高いイメージが付与できると、企業にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

    有馬 まず、消費者は所有による心理的な満足感を得ることができます。
    また、ハイブランドというイメージは、高品質のシグナルにもなっていますので、それを選んだ自分のイメージをアップさせる効果も期待できます。
    ブランドイメージが消費者の自己イメージを投影できるシンボリックな装置にまで成長しますと、リピート購買が期待できる他ブランドと心理的差別化が図れる手段となるわけです。

    ――ブランドを良いイメージで維持できれば、中長期間のリピート購買にもつながると。

    有馬 はい。しかし、顧客の評価は移ろいやすく、企業は顧客が期待するブランドイメージを維持するために苦労しています。
    イギリスの高級ブランド、バーバリーが、衣類やアクセサリーなど約42億円相当の売れ残り商品を廃棄していたことが明らかになりました。
    これについて批判されていることは承知していますが、それはひとまず置いておいて、その意味をブランドイメージから説明したいと思います。
    バーバリーは、なぜセール販売などで売上げを得ることをしなかったのでしょうか。

    それは、安売りをすることで生じるブランドイメージの低下を強く警戒していたからだと説明できます。

    ●批判されたら即対応するのもイメージ戦略

    ――約42億円を無駄にしてまでブランドイメージを守りたかった?

    有馬 その通りです。この場合、ひとたび安売りされるイメージがつくと、消費者からは「待っていれば安くなる」ブランドだという印象が想起されるようになってしまいます。
    すると、常に定価販売される高級ブランドとして受け入れてもらうことが難しくなってきます。
    エルメスなども、公式に流通している商品は免税店以外で定価よりも安く買うことは至難の業といえるほど価格管理を徹底しています。

    ――ブランドイメージの維持は本当にデリケートなものだということがわかりました。

    有馬 良いイメージは日頃の積み重ねでしか構築できない半面、悪いイメージは誇大に消費者に反応されてすばやく浸透してしまいますからね。
    ですから、バーバリーの廃棄の件はブランドイメージ維持のためには苦肉の策だったといわざるを得ません。
    ですが、このように明るみとなって、さらにエコの観点から世間から批判的な目で見られていることがはっきりした以上、企業として対応を変えざるを得ないでしょうね。
    これで今後も廃棄を続けるのなら、更なるイメージダウンを進めてしまうことになります。

    ――アパレルブランドに限らず、どの業界でもこういった対応の難しさに直面しているということですね。

    有馬 そうですね。批判されたときにどう対応するかも、ブランドイメージ維持の面では非常に大切だということです。

    ――ありがとうございました。

    引用記事:https://biz-journal.jp/2018/10/post_25118.html 


    バーバリー1

    関連記事


    1: 高低差速報
    何年か前、筆者は毎日あえて同じ服を着るという実験をしてみた。一週間にわたり、同じダークグレーのTシャツとカーキのパンツで過ごした。周囲の人たちがそれについて何を言い、自分自身がどのような考えを持つか、試してみたいと思ったのだ。

    自発的にその実験を開始したにもかかわらず、感じたのは別の服を着るべきだというプレッシャーだった。われわれの大半は、毎朝何を着るべきか考え、決めるように訓練されている。筆者も例外ではない。

    だが、その1週間が経過しても、誰かが服について何か言うことはなかった。ほとんどの人は、それぞれ自分のことで手いっぱいだ。社会心理学者が呼ぶところの「スポットライト効果」を示すいい例だ。そして、この「沈黙」が筆者にもたらしたのは、「解放」だった。

    ワードローブを最小限にしたい人、人生の「ユニフォーム」を見つけたい人、そしてただ消費を控えたいと思っている人に、この実験を試してみてほしい。お勧めしたい理由は、以下に挙げるとおりだ。

    1. 「決断疲れ」を減らせる

    決断することから逃れられる人はいない。どの選択肢も、われわれを疲れさせる。そして、より大きな結果を伴う決断はより大きなエネルギーを消費させる。小さなことに思えるかもしれないが、いつも着る服を決めておくことで、一日分の意思決定のためのエネルギーを温存しておける可能性が高まる。

    2. 似合うものが分かる

    同じ服には飽きてしまうだろうか?その服装は、本当に自分に似合っているのか?──実験中の1週間で、筆者は自分自身を試した。そして、どのような服が自分にとって最も重要なのかを認識することができた。

    自分自身の「スタイル」を見つけるまでには、時間がかかるかもしれない。だが、何を着ていれば自信を持てるのか、快適でいられるのかを理解することは、自分に力を与えてくれる。

    3. ワードローブを最小限に抑えられる

    ミニマリズムとは、最も重要なことに焦点を絞り、それ以外を排除することだ。何にでも取り入れられる考え方だが、服については特にそうだといえる。

    筆者は実験後、積極的にこの考え方を実践し、服を買い替えないよう努めてきた。すると少しずつ、自分にとって本当に大切なものになる服だけを選ぶようになっていった。服を選ぶときに、どれを着たいのか悩むこともなくなった。

    yewa



    https://forbesjapan.com/articles/detail/16710

    関連記事


    1: 高低差速報
    http://president.jp/articles/-/21640?page=2

    ◆英語公用語化「丸5年」でも、社員は「困っています」
    実際に英語が公用語となることでどんな変化があったのか?
     「ユニクロ」を世界展開しているファーストリテイリング(2012年3月に英語公用語化への移行を実施)の社員に聞いてみました。

    【社員Tさん(20代男性)】

    英語に対する意識は確かに上がりましたが、同じ部署の日本人同士は日本語で会話することがほとんどです。日本人同士で英語を使うことは、
    めったにありません。(会議などでは)頑張って英語を使いますが、日本語に比べると言いたいことが表現できず、困っています。
    (社内の英語)研修などで学ぶ機会はあるのですが、業務をこなしてから勉強となると、正直、やる気も上がりきらないことも多いです。
    TOEICも受けていますが、仕事で使う英語だけでスコアアップはできないので、参考書を買って自習しています。これからは英語ができないと、
    昇進にも影響しそうですから、必タヒです。

    【社員Aさん(30代女性)】

    私は海外支社の人とメールでやり取りをすることが多く、その時は英語を主に使っています。ただし、直接会うわけではなく、
    メールで使う程度の英語が理解できればいいので、それほど苦労はしていません。メールなら、わからない英単語があっても辞書で調べて理解する時間がありますからね。
    会社全体を見ると、公用語を英語にしても、部署によってその浸透度はかなり違いがあります。海外の支社や取引先と連絡をよく取る人は英語必須ですが、
    日本人同士だと会議をしても日本語で進めてしまうことがほとんどです。大人数であったり、上司が同席したりする会議であれば頑張って英語を使いますが、
    言いたいことの5割も言えないのが正直なところです。
    他にも数人に聞きましたが、多くが似た内容の回答でした。国内にいて、日本人同士であれば日本語で話してしまう。まあ、それは仕方ありません。
    ただ、全社員を調査したわけではないですが、どうやら完全公用語化への道は険しいと言わざるをえません。

    *編注:ジャーナリスト溝上憲文氏がユニクロの30代の管理職業務の女性に取材したところ、
    「目標のTOEIC700点をクリアするまでオンライン学習が義務づけられている」「文書の日英併記などの業務も加わり、生産性は落ちた」
    「国内の店舗従業員にとって日常業務での英語の必要性も感じず、忸怩たる思いで辞めた人もいる」といったコメントが返ってきたという




    9bc83ed594e52cc8b52845676f84b36f

    関連記事



    1高低差速報
    ユニクロ、脱・セール頼み 国内売上高横ばい

     ファーストリテイリング傘下のユニクロが、「セール」だけに頼らない売り方を模索している。13日発表した2016年9月~17年2月の
    国内ユニクロ事業の売上高は4551億円で、前年同期とほぼ横ばいにとどまった。一部商品の値下げの正式表明から1年。
    抑制する週末セールに頼らず、どう平日から集客して販売するか。堅調に利益が持ち直す一方で、新たな課題が生まれている。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HKU_T10C17A4000000/

     


    関連記事



    1高低差速報
     目立ったファッションの流行がなく、低価格のカジュアル衣料の活用したおしゃれが若者に浸透している。

     通販サイトや交流サイトで買い物をする人も増え、百貨店は流行発信源になりにくくなっている。
    現状アパレル業界は売り上げを左右する要素が多く、世相の流行にも大きく影響される分野である。
    年によって全く違う流行へ対応する必要がある業界なので、企業の施策ひとつで売り上げに大きく影響する。

    (中略)

     アパレルのオンラインショッピングサイト、「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営する「スタートトゥディ」は
    「世界中をかっこよく、世界中に笑顔を」という企業理念のもとに、衣料品不況が叫ばれる中、
    2016年3月期の売上高
    544億2200万円(前期比32・1%増)の業績を上げている。

     日本のアパレル小売市場規模は約9兆3500億円(繊研新聞推計)と言われている。

     既存企業では長年競争し成功した体験を持つ多くの「業界人」は想定外のライバルの出現や消費者の
    おしゃれ意識の変化に対しての対応が遅く、時代の変化に取り残されていることが、アパレル産業の大きな課題である。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00010009-newswitch-bus_all




    kouteisasokuhou


    関連記事

    このページのトップヘ