高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    未来


    1: 高低差速報
    SF小説や映画でよく題材として扱われる「タイムスリップ」。自由自在に時間を移動できたら、過去の失敗を帳消しにしたり、気になる未来を覗いてみたりすることができるはず。

    しかし、もし強制的にタイムスリップさせられ、元の時代戻れないとしたら、100年前と100年後のどちらを選ぶだろうか?

    ■未来に行きたい人が6割
    しらべぇ編集部は全国の20〜60代男女を対象に、究極の選択として、戻れないタイムスリップをするなら100年前と後のどちらに行くか、調査を実施した。

    調査の結果、「100年後」と答えた人が62.2%と多数派。もう知っている過去に行くよりも、まだ何が起こるか予想することも難しい未来へ行く人が多いようだ。

    男女・年代別では、全ての年代で男性よりも女性が「100年後」と答えた割合が多い。女性は未来への好奇心が強いようである。

    さらに、女性でも若い世代ほどその傾向が強く、20代女性で69.2%、30代女性で68.8%と3分の2を上回っている。

    引用記事:https://sirabee.com/2018/05/22/20161611402/
    time-slip-olmito



    関連記事


    1: 高低差速報
    2012年5月、私は「アジアの未来」というシンポジウムに出席するために訪日した。
    中、私は多くの日本政府高官と言葉を交わし、その中で、とわりけ日本が如何にして
    問題を解決するのかについて彼らに見解を求めた。

    彼らを刺激しないよう、「移民を受け入れるということは考慮しているか」とは問わ
    ず、「どうやって解決すべきか」とだけ尋ねた。すると、彼らの口から出る答えは、
    その多くが「産休と出産助成金の確保」というものだった。

    私は失望した。助成金がどれほどまでの効果を発揮するというのか。同じような政策
    を実施した国を見てもその効果は非常に限られているではないか。これはお金で解決
    が図れるような単純な問題ではなく、人々のライフスタイルの変化、考え方の変化と
    いった社会の総合的な要素がもたらした問題であるのだ。フランスやスイスのような
    支援策の成果があがった国であっても、そのプロセスは緩やかで、莫大な資金が投じ
    られている。

    日本は今、世界でなんら変哲もない平凡な国へと向かっている。当然、国民の生活水
    準は今後すぐには低下しないだろう。西洋諸国と違い、日本の「外債」は少ない。
    しかも、日本の科学技術は依然高水準で、国民の教育水準も非常に高いためだ。

    これらすべての条件が時間稼ぎをしてくれるが、最終的には人口問題が暗い影を落
    とし、そこから逃げ出せなくなるだろう。もし私が日本の若者なら、他の国への移
    民を考える。日本に明るい未来は見えないからだ。

    (作者:シンガポール元首相 リー・クアンユー)

    引用記事:http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2014-03/26/content_31910340.htm




    singapore-lee-kuan-yew2

    関連記事



    1: 高低差速報
    no title


    No.1 価格比較サイト
    ゲイツの予測:自動的に価格比較を行うサイトが登場する。人々は複数のサイトを比較して価格をチェックし、あらゆる製品を低価格で購入できるようになる。

    No.2 モバイル端末
    ゲイツの予測:小さな端末をどこへでも持って行くようになる。常に連絡が取れるようになり、どこにいても仕事ができるようになる。
    ニュースをチェックしたり、予約した航空機をチェックしたり、株式市場の情報を入手するなど、小さな端末で何でもできるようになる。

    No.3 支払いの簡素化、オンラインでの金融サービス、ウェブを使ったヘルスケアサービス
    ゲイツの予測:インターネットを使ってお金を支払い、資産状況をチェックし、主治医と話をするようになる。

    No.4 パーソナルアシスタント、IoT
    ゲイツの予測:パーソナルアシスタントが登場する。パーソナルアシスタントはあなたの持っているすべてのデバイスとスマートな方法でつながり、
    同期する。家だろうと、オフィスだろうと、デバイスは情報を交換し合う。パーソナルアシスタントはあなたのメールや通知をチェックし、
    必要な情報をあなたに提供する。買い物に行った時、あなたはパーソナルアシスタントにどんな料理を作れば良いか尋ねることができ、
    してパーソナルアシスタントは、購入すべき材料を教えてくれる。あなたが買い物やスケジュール調整などに使っているすべてのデバイスに情報を知らせ、
    あなたの行動に自動的に適応できるようにする

    No.5 オンライン・ホームモニター
    ゲイツの予測:常に自宅の様子をモニターでチェックすることは当たり前になる。不在中に誰かが来たら知らせてくれる。

    No.6 ソーシャルメディア
    ゲイツの予測:友だちや家族向けのプライベートなウェブサイトが一般的になる。チャットや旅行の計画を立てたりできる。

    引用記事:https://www.businessinsider.jp/post-160440

    関連記事


    1: 高低差速報
    AIによって2045年のシンギュラリティ(技術的特異点)までに世界で実現すること一覧

    ・2020年代にはコンピュータの集積度が人間の脳易を超えることはほぼ間違いない。

    ・その後、10~20年でアインシュタインやボーアレベルの人類のトップを超越したスーパー人工知能が地球上に複数誕生

    ・2045年までには、相対性理論や量子論も書き換えるような創造性を持った知能がそれらの理論レベルを超越した革命理論を日々発表し続ける

    ・すべての製造業はあと5年で3Dプリンタに置き換わる
    (2018年現在ですでに、米国では自動車のタイヤ以外のすべてを3Dプリンターで作ることに成功、中国では、ビルや住宅の部屋を3Dプリンターでつくり、それを組み上げる実験中)

    ・モノをつくってから遠隔地に運ぶ必要がなくなる。現地に3Dプリンターをおいて、素材だけを送る。いずれ国際宇宙ステーションにも3Dプリンターが置かれる

    ・あと数年で、コンビニに3Dプリンタが置かれるようになる。モノを買いたい人はデータだけを購入し、コンビニで「プリントアウト」する形になる
    (メーカーが在庫を抱える必要がなくなり、製品開発や売り出しへのネックがなくなることで個々のニーズに合わせたバラエティあるラインナップに)

    ・3Dプリンタによってマイクロレベルの超小型電池が生産できるようになる(スマートコンタクトレンズや、身体に埋め込む医療機器の実現)



    Google-Logo-New


    関連記事


    1: 高低差速報
    シンガポールのリー・クアン・ユー元首相は、著書『One man‘s view of the world』のなかで、
    深刻な高齢化社会を長年解決できずにいる日本の将来を悲観し、
    「私がもし日本の若者だったら、他国へ移民する」との見解を示した。

    リー氏は、人口の減少は必然的に経済規模の縮小を伴うため、人口とその構造は
    国の運命を決める決定的に重要な問題だとしたうえで、日本の高齢化問題は極めて深刻だと指摘。
    日本の出生率はいまや1.39人。人口交替率(総人口の維持に必要な 出生率)である2.1よりはるかに低い。

    そして最後に、「日本は、平凡な、『その他多くの国の一つ』になろうとしている。
    もし私が日本人の若者だったら、おそらく他の国に移民するだろう。日本にいては未来が見えないから」と締めくくった。


    9b69b820


    関連記事


    1: 高低差速報
    ヨハネスブルグ近郊にある南アフリカを代表する大学、ウィットウォーターズランド大の研究グループが、医用生体工学の分野でブレークスルーを成し遂げた。
    プレスリリースによると、人間の脳をリアルタイムでインターネットに接続する方法が初めて発見された。

    この「Brainternet」と呼ばれる技術は、脳波を計算できるインターフェース「Emotiv」を利用者の脳に接続して集収された「EEGシグナル(脳波信号)」を用いる。
    信号はコンピューター「Raspberry Pi」に送信され、さらにそのデータがソフトウェアインターフェースにリアルタイムで送られたあと、公開されたウェブサイトに表示される。
    つまり、ウェブサイトを訪問する人は誰でも脳の活動を観察することができるのだ。

    プロジェクトのリーダー、アダム・パンタノウィッツ氏によれば、今回の技術は「ニューロコンピュータ・インターフェースの開発における新たな地平」だという。
    このプロジェクトは、自分自身の、そして他人のものも含めた脳の働きの理解に役立つことを目的としている。
    「Brainternet」は脳の活動を絶えずモニターし、その利用者にある一定の双方向性を提供するとされている。


    AI-Startups-compressor



    https://jp.sputniknews.com/science/201709184095984/

    関連記事

    このページのトップヘ