高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    東大


    1: 高低差速報
    実は「字が汚い人」ほど頭がいいってホント?美文字の秀才と、悪筆の天才

    「いわゆる悪筆で、もじょもじょと謎の線を書きつける天才タイプは、溢れるアイデアに手や言葉が追いついていかない傾向がある。
    そもそもノート自体が、のちに人が見るための記録ではなく紙上で書きながらリアルタイムに思考するためのツール。
    つまり勉強は他人のためでなく、あくまでも自分のため。考えること自体が楽しいという脳の持ち主で、その延長上で勉強ができてしまう」。

    そして、確かに字が綺麗なほうが採点者(私)の印象はいいのだけれど、本質的な勉強のできるできないに字の綺麗さは全く関係ない、
    さらに言うなら「こんな考え方もあったのか!」と採点者が驚かされるような冴えた輝きを見せる生徒の字は大抵ヘタクソというのも、発見でした。http://ddnavi.com/news/318047/a/

    intro




    関連記事




    1: 高低差速報
    将棋が最も上手くなる時期は10代後半だと言われているから俺は将棋に専念してどこまで行けるのか見てみたい気もする
    多分一生涯将棋で生きていけるだけのポテンシャルは持ってると思うんだがこう言う天才は別に学歴なんて関係ないだろ?お前らどう思う?



    aser

    関連記事


    1: 高低差速報
    若者が現政権に肯定的であることについて、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院の西田亮介准教授(社会学、メディア研究)は以下のように分析する。

    若者が政治意識を醸成する場は「①家庭②教育③メディア」に大別できるが、日本では家庭で政治の話をする習慣がなく、教育で生の政治を学ぶ機会がない。
    マスメディアはかつては両論併記によって比較的中立的な立場をとっていたが、今は若者への影響力を失っている。

    その結果、現実的なメディアリテラシーを持たない若者がインターネットの過激な言説に触れ、批判的に捉えることなく受け入れてしまうという状況が続いている。

    https://www-businessinsider-jp.cdn.ampproject.org/c/s/www.businessinsider.jp/amp/post-34482

    no title

    関連記事



    このページのトップヘ