高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    林修



    1: 高低差速報
    タレント・紗栄子(30)が24日、TBS系で放送された「林先生が驚く初耳学」に出演。2年ぶりにテレビ出演を果たした。

    紗栄子は前夫でドジャースのダルビッシュ有(31)との間にもうけた長男(9)と次男(7)に、
    「1歳のおわりぐらいから」英語教育をしている、と教育ママぶりを明かしたが、
    予備校教師でタレントの林修氏から、“英語至上主義”にノーをつきつけられる展開となった。

    2人の息子はロンドンの名門校に入学するため、今月に入り、紗栄子と渡英。すでに無事に入学している。
    番組収録は渡英の数日前、今月7、8日ごろに行われたようだ。

    紗栄子は英語教育について「1歳の終わりぐらいからしてる。コミュニケーションツールとして、英語持ってるのは強いと思います」と熱弁。
    しかし、幼児教育について「かなり研究している」と自負する林先生は「子供に早期英語教育やらしてる東大出身の親に会ったことがない」とバッサリ。

    ゲストの青山学院大陸上部長距離ブロック監督の原晋氏も「世の中は英語ができたら全てができると勘違いしている」と指摘し、
    林先生は「日本社会はそこの物差しが狂ってる。
    もともと(本人)のスペックを高くしたら、英語はすぐにできるようになります」と断言。
    数日に渡英を控えた紗栄子は「そうなの?!」と驚きの声を上げていた。



    hayashisennsei

    関連記事


    1: 高低差速報
    実は「字が汚い人」ほど頭がいいってホント?美文字の秀才と、悪筆の天才

    「いわゆる悪筆で、もじょもじょと謎の線を書きつける天才タイプは、溢れるアイデアに手や言葉が追いついていかない傾向がある。
    そもそもノート自体が、のちに人が見るための記録ではなく紙上で書きながらリアルタイムに思考するためのツール。
    つまり勉強は他人のためでなく、あくまでも自分のため。考えること自体が楽しいという脳の持ち主で、その延長上で勉強ができてしまう」。

    そして、確かに字が綺麗なほうが採点者(私)の印象はいいのだけれど、本質的な勉強のできるできないに字の綺麗さは全く関係ない、
    さらに言うなら「こんな考え方もあったのか!」と採点者が驚かされるような冴えた輝きを見せる生徒の字は大抵ヘタクソというのも、発見でした。http://ddnavi.com/news/318047/a/

    intro




    関連記事


    1: 高低差速報
    「グサッとアカデミア 林修が教える女の現実学」にて

    27歳のモデルさんの求める結婚相手への条件はこうだ。
    ・身長180cm以上
    ・年収2000万以上
    ・年齢は28~35歳
    ・姑と離れている地方出身者
    ・見た目「さっぱり濃い」
    ・芸能人、スポーツ選手は嫌


    それに対しての林修さんの意見↓
    「この条件を満たす男性というのは天文学的な存在ですよ。万が一、こんな男性がいたとしても、はっきり言って女性なんて選び放題」
    「それでも、この人と仮に結婚できたとして、いったい彼に何の見返りがあるんですか?あなたは何を与えることができるんですか?」
    「あなたがとんでもない条件を求めるのであれば、それ相応のGIVEが必要ですよ。」



    intro

    関連記事


    1高低差速報
    18日放送の「グサっとアカデミア」(日本テレビ系)で、林修氏が、「頑張ってる」アピールを一刀両断した。

    番組では、林氏、中山秀征、フリーアナウンサーの神田愛花らが文京区根津の寿司店「鮨 かじわら」を訪れ、トークを繰り広げていた。

    その中で、神田が林氏に対し、「いろいろな意味で、一割増しな女性にみられたい」「もっとできる女にみられたい」と相談を持ちかけた。神田はこの目標を達成するべく、毎日3~4時間ほどを新聞やニュースをチェックする時間に当てているそうだ。

    だが林氏は「それがもう、根本的に『できない人』の発想ですから」と、神田の考えを一蹴。林氏は、自身が多くの受験生に接してきた経験から「『僕こんなに頑張ってるんです!』っていう生徒で、本当に頑張っている生徒をあんまり見たことない」と、その言動も切って捨てたのだ。

    林氏のストレートな物言いに対し、神田は堪えたような顔をみせ、他の出演者からも「グサッとくる!」「ウソでしょ!」という声が飛んでいた。
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13083784/





    images
    関連記事


    1高低差速報
    2日放送の「林先生が驚く 初耳学 2時間SP」(TBS系)で、林修氏の元教え子が登場し、予備校授業での毒舌ぶりを暴露する場面があった。

    番組では、世界でもっとも権威のあるミスコンとしてミス・ユニバースを取り上げた。
    VTRの中で、ミス・ユニバース・ジャパン東京大会ファイナリストで、ビューティーキャンプ賞を受賞した庄司圭織さんは、高校時代に林氏の授業を受けていたことが紹介される。

    VTR後、林氏の元教え子である庄司さんが、スタジオの観覧席にいることが明かされ、林氏と久しぶりの対面を果たした。
    庄司さんを前に林氏は「こんなに美しく変わった生徒は過去にいない」と大絶賛。

    すると、千原ジュニアが庄司さんに「テレビに出てる林修先生と普段の先生は違う?」という質問をぶつけた。
    庄司さんは「普段のほうがもうちょっと毒吐きますよね」と、林氏の顔を見ながら話す。
    そして、
    どんな毒舌かを聞かれた庄司さんは「東大以外は大学じゃない(とか)」と暴露。
    ほかの出演者が大ウケする中、林氏は「やめなさ~い!」「絶対カットで!」と、庄司さんの発言を遮るようにツッコミを入れた。

    林氏は「(庄司さんが)東大特進コースというところに通ってたので、東大に行きたいというモチベーションをあげるために、口八丁ですよ!」と釈明。
    庄司さんも東大には落ち、早稲田大学の政治経済学部に入ることとなったが、結果として林氏からは
    「大学はひとつの肩書きだから、もう1年(浪人生として)がんばる間に、自分の好きなことでがんばりなさい」と、
    浪人せずに進学するようアドバイスを受けたことを明かしていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12886779/ 



    20130608_hayashiosamu_08




    関連記事

     


    このページのトップヘ