高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!


    1高低差速報
    生年月日: 1984年5月14日 32歳
    生まれ: アメリカ
    Facebookの創業者。
    総資産581億ドル(約6兆6689億円)

    マーク・ザッカーバーグは、アメリカ合衆国のプログラマ、実業家である。 ハーバード大学在籍中にソーシャル・ネットワーキング・サービスサイト、「Facebook」を立ち上げた。



    この人凄すぎないか?
    関連記事


    1高低差速報
    KDDIの持ち株比率

    1位 13.62% 京セラ
    2位 12.13% トヨタ自動車
    3位  6.61% 日本マスタートラスト信託
    4位  5.27% 日本トラスティサービス信託
    5位  3.21% ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー

    マジか



    kddi
     
    関連記事


    1高低差速報

    GPIF 去年10~12月の運用実績 10.5兆円の黒字
    3月3日 9時04分

    公的年金の積立金を運用している、GPIF=年金積立金管理運用独立行政法人の、
    去年10月から12月までの運用実績が、アメリカのトランプ大統領の経済政策への期待感を背景に
    株高や円安ドル高が進んだことなどから、四半期としては過去最高となる、およそ10兆5000億円の
    黒字になったことがわかりました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170303/k10010897091000.html?utm_int=all_contents_just-in_001




    5754115467fa8022fb1e0aed327d655f
     
    関連記事


    1高低差速報
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170301-00518344-shincho-bus_all

     東芝の株価下落に歯止めがかからない。東証一部から二部への“メルトダウン”は確実で、
    紙屑になる恐れも現実味を帯び始めた。自社株を保有する社員は少なくなく、東芝社員にとってはボーナスカットと併せてダブルパンチである。


    ■“忠誠心の証”
    「株価下落で、人生設計が滅茶苦茶になりました」
     こう沈痛な面持ちで語るのは、東芝の30代技術職社員だ。
    「実は、結婚を考えている彼女と一緒に住むマンションを購入しようと計画していたのです。不正会計発覚前、自分が持っている
    自社株の評価額を調べたら300万円ほどだった。それで株を売却して“頭金に”と考えていたのですが、半額以下に目減りしたので購入を見合わせました」
     株価下落は若いカップルの夢を打ち砕いたが、ベテラン社員の悩みも深刻だ。40代の管理職社員は頭を抱えながら、

    「上場来高値は、1989年の1株1500円。私の平均購入額は1株900円から1000円ですから、
    購入額の5分の1程度まで目減りしたことになる。定年まで住宅ローンが残っていたら、自社株の一部を売って
    返済に充てるつもりでした。昨年末に住宅ローンの返済計画を見直した結果、専業主婦だった妻にもパートで働いてもらうことになったのです」

     数年前まで勝ち組だった東芝。社員の妻も、よもやこんな日が来ようとは想像もしていなかったはずだ。
    自社株を買い続ければ、含み損も膨らむ一方だが、
    「今後も、自社株を買い続けるつもりです。以前は、管理職の飲み会で“俺の方が株数が多い”などと自慢し合っていました。
    保有する株数は会社に対する“忠誠心の証”。こんな時だからこそ、買い続けて株価を支えなければならないのではないでしょうか。
    万が一、上場廃止になったとしたら……」(同)
     彼らの“忠誠心の証”が、紙屑にならないことを祈るばかりだ。



    8a998d697f2f707af5abddc1ac0d026f95a280361487154864




    関連記事

     


    1高低差速報
    公的マネー、東証1部の半数980社で大株主に
    http://www.asahi.com/articles/ASK2T1TN5K2TULZU001.html

     年金資産を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と日本銀行が、東証1部に上場する企業の約半数の約980社で事実上の大株主になっていることが、朝日新聞などの調べでわかった。経済政策アベノミクスによる巨額の「公的マネー」が株式市場を支える一方、企業の本来の実力が株価に正しく反映されない恐れもある。




    5754115467fa8022fb1e0aed327d655f

    関連記事

    このページのトップヘ