高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    残業


    1: 高低差速報
    イクメンになるつもりだったのに

     「妻はなんでも一生懸命やるタイプで、自分は少々大ざっぱな性格です。5年前に子供が生まれた頃から、妻がイライラするようになりました。
    初めての子育てで、いろいろ大変だろうと思い、家事や育児に協力するようにしていました。世に言う“イクメン”です」

     先月、相談に訪れた結婚8年目の神奈川県在住Sさん(37)は、うつむきながら話し始めました。せっかく、イクメンになろうと意欲を燃やしていたのに、
    Sさんの熱意は空回りしてしまったからです。

     「洗濯物のたたみ方が違う」

     「食器をしまう場所が間違っている」

     妻から、やることなすこと文句ばかり言われます。かえって妻の手をわずらわせることもありました。そこで、Sさんは考え方を切り替え、
    頼まれたこと以外はやらないようにしたそうです。

    会社にもいられなくなった

     すると今度は、「なんでも私がやるのが当たり前だと思っているんでしょ!」と怒りをぶつけられたそうです。

     「自分が家にいることで、妻をイライラさせてしまっている」

     負い目を感じたSさんは、遅くまで会社に残るようになりました。特に仕事があるわけでもないのに、休日も会社に顔を出すようになったそうです。

     ところが、最近になって、会社は残業や休日出勤を厳しく管理するようになりました。また、「働き方改革」で定時退社が励行されるようになりました。
    休日出勤をする場合は、理由書を提出しなければいけなくなってしまったそうです。

     仕方なく定時に退社するようになったものの、Sさんの足は自宅へ向かいません。駅のベンチに腰掛け、電車が行過ぎるのをぼーっと眺めます。
    近くの公園で缶コーヒーを飲みながら、スマホゲームで時間をつぶすこともあります。

     自宅の明かりが消えるのを待ってから、そっと玄関を開けるそうです。「いつまでこんな生活が続くのだろう……」。Sさんは、ぼそっと漏らしました。

    全文
    http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170718-OYT8T50110.html




    IB0409_main-610

    関連記事


    1: 高低差速報
    ざっこw


    川人弁護士が、会社・元請けから提供された資料に基づいて分析した結果、
    自○直前の1カ月の時間外労働は211時間56分。2カ月前は143時間32分だった。

    この勤務時間は、セキュリティ記録やパソコンの記録、通勤の記録などから割り出したものだという。
    これは、会社の労使協定(36協定)をはるかに超過している。

    男性はあまりにも過労状態だったので、車通勤を辞めた。2月半ばからは、片道1時間かけて電車で通うようになった。

    起床は午前4時半、帰宅は0時半~午前1時。現場の仮設事務所には、仮眠部屋は存在しなかった。

    同居していた両親によると、起こそうとしても、なかなか起きられない状態だった。発症1カ月前には、
    1日平均2~3時間程度の睡眠しか確保できていなかったはずだという。

    会社側は……
    川人弁護士によると、男性を雇用していた建設会社は最初、時間外労働が「80時間以内だった」と遺族に話していた。

    (中略)

    この建設会社はBuzzFeed Newsの取材に対し、「こうしたことは、会社としても初めてです。事態を真摯に受け止めて、
    今回のようなことが二度と起きないように取り組みます」と、再発防止を誓った。

    男性はメモ帳に、次のような遺書を残していた。
    「突然このような形をとってしまい、もうしわけございません。身も心も限界な私はこのような結果しか思い浮かびませんでした」

    「家族、友人、会社の方、本当にすみませんでした。このような結果しか思い浮かばなかった私をどうかお許しください。すみません」


    https://headlines.ya...005-bfj-soci&p=2

    business_karoushi




    関連記事


    1: 高低差速報
    ヤマトホールディングスの2017年4~6月期は、本業のもうけを示す連結営業損益が70億円前後の赤字(前年同期は74億円の黒字)になったようだ。
    営業赤字は2四半期連続。従業員の「働き方改革」を巡り、過去のサービス残業分の賃金の支払いが増加。
    自社でさばききれない荷物の宅配を外部業者に委託するコストも重荷になった。

     中核子会社のヤマト運輸では運転手が昼休みをとらずに無償で働き続けるなど過酷な労働環境が…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18635590Y7A700C1MM8000/
    JPEG010815



    関連記事


    1: 高低差速報
    「仕事終われば帰る」過去最高48% 新入社員意識調査:朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK6V5GVRK6VULFA01V.html
     まわりが残業していても、自分の仕事が終われば帰ろう――。そう考える新入社員が約半数にのぼることが、日本生産性本部が26日発表した新入社員の意識調査でわかった。長時間労働の是正など「働き方改革」への関心が高まるなか、自分の時間を大事にしたいという意識が高まっているようだ。
     仕事についての考えを問う質問で「職場の上司、同僚が残業していても、自分の仕事が終わったら帰る」という項目に「そう思う」「ややそう思う」と答えた人の割合は計48・7%。前年度より9・9ポイント高く、同じ質問を設けた2001年度以降で最高だった。「職場の同僚、上司、部下などとは勤務時間以外はつきあいたくない」という項目では「そう思う」「ややそう思う」が計30・8%。前年度より10・1ポイント高く、こちらも過去最高だった。
     「デートの約束があった時、残業を命じられたら」との質問には「ことわってデートをする」が前年度より6・1ポイント高い28・7%。「デートをやめて仕事をする」は5・9ポイント下がって71・0%だった。5年前からデート派が増え、残業派が減る傾向が続いている。
     調査は今春入社した新入社員1882人を対象に実施した。調査を担当した同本部の岩間夏樹客員研究員は「会社に酷使されないかと不安を感じる新入社員が増えている。プライベートの時間をどれだけ保てるかへの関心が高まっている」と指摘する。(村上晃一) 


    img_2945522d7d879fa21f35f2d79dd4c67a305935

    関連記事




    このページのトップヘ