高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    残業



    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/yokoyamanobuhiro/20161121-00064659/

    (中略)

    「ワークライフバランスが大事ですから」といった表情で、ひょうひょうと定時でオフィスを後にしようとするのです。こういう部下に上司はキレそうになります。

    「残業はしてほしくないけど、今日やるべきことが残っているなら残業してでも今日じゅうにやれよ!」
    と言いたいのです。しかし今の世間の風潮は、この言い分を許してくれません。
    「絶対達成」よりも「残業ゼロ」が優先される世の中だからです。しかも何が成果なのか、何が組織の目標なのかが曖昧な部署においては顕著です。
    総じて作業密度が低いので、だらだら長時間労働をしますし、「残業をゼロにしろ」と言われれば、
    作業密度はそのままで、ただ残業せずに帰るだけ。先述した工場や店舗とは働き方が異なるため、
    今日の仕事を明日にまわしてもいい、さらに来週にまわしてもいい、
    上司から指摘されない限りやらなくてもいい……という姿勢が身についているためです。仕事があるのに残業せずに帰ってしまうのです。
    仕事があるのにも関わらず残業せずに帰って問題がないのであれば、
    その仕事は必要のないものだったのです。もし必要な仕事であるならば、他の誰かに必ずしわ寄せが来ます。
    ポイントは作業密度です。作業密度の高い状態で長時間労働をするのはよくありませんが、
    恒常的に作業密度が低い状態が続いているなら、むりやりにでも労働時間を短くし、時間あたりで処理する仕事量を増やすようにしましょう。
    いったん作業密度の低い状態で働く習慣を身に付けてしまうと、なかなかこのクセは治らないからです。




     IB0409_main-610

    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    一見、政府はブラック企業を退治する正義の味方のようにみえるが、実はこの上限規制の抜け道となるような労働時間の
    改革案を、すでに国会に提出している。それが第2、第3の電通事件を引き起こしかねない可能性もあるのだ。

     それは労働基準法改正法案の「高度プロフェッショナル制度の創設」と「企画業務型裁量労働制の対象者の拡大」だ。
     高度プロフェッショナル制度とは、管理職を除く労働者の時間外・深夜・休日労働に関する労働時間規制の適用を外そうというものだ。
    実施されれば、「時間外労働」という概念がなくなり、使用者は社員へ残業代を支払う義務もなくなることになる。
     対象者は高度の専門的知識、技術または経験を要するとともに業務に従事した時間と成果との関連性が強くない業務とされている。
    対象業務の例としては金融商品の開発、ディーリング、アナリスト、コンサルタント、研究開発業務など。
    年収要件は1075万円以上とされている。
    対象業務は曖昧であるが、管理職ではないのに年収1000万円以上を稼ぐ人はそんなに多くはない。
    だが、高年収で有名な電通のような大企業には存在する。

     政府は電通などの大手企業の社員が対象になることを想定し、時機をみて年収要件を下げていくシナリオを描いているとみられる。
    なぜなら当初から経済界がこの制度の導入を政府に提言し、年収要件も引き下げるように要望しているという経緯があるからだ。

     もうひとつの企画業務型裁量労働制とは、労使で話し合って1日の労働時間を9時間に設定すれば、法定労働時間の8時間を超える
    1時間分の手当は出るが、9時間を超えて働いても残業代が出ない仕組みだ。

    簡単にいえば、ブラック企業で問題になっている「固定(定額)残業代」を合法化するものだ。

     しかし、現行の企画業務型裁量労働制の業務は、「企画・立案・調査・分析」業務を行う人に限定される。
    しかも労働基準監督署への報告など手続きが煩雑であるため、導入企業は0.8%と少ない。

     そのため経済界は対象業務の拡大と手続きの緩和を求めてきた。その結果、追加された業務が(1)提案型営業と
    (2)プロジェクト業務の2つである。もちろん年収要件はなく、法案が成立すれば20~30代も対象になるだろう。
     電通をはじめとする広告代理店の多くは、広告営業が主要な業務であるが、その内容はまさに提案型営業といってもよい。
    従来の企画業務型裁量労働制の対象からは外れるが、新たにこの2つが対象業務になれば、一定の制限があるとはいえ、
    社員の多くを現行の労働時間規制の枠外に入れることが可能になる。

    電通社員の過労死、助長する法案が国会提出…残業上限撤廃、超過分残業代不払い合法化
    http://biz-journal.jp/2016/10/post_16968_2.html




    OB-VS057_1217_2_G_20121216180602

    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    ワイ「・・・あはは すいません・・・」

    上司「えっ いま何で笑ったの?」

    ワイ「えっ・・・」

    上司「笑うところじゃないよね。おかしくない?」

    ワイ「すいませんっ」

    上司「なんで謝るの?」

    ワイ「・・・」

    上司「なに黙ってるの?」



    こんな感じで毎日いびられてるんだけどどうしたらいい?
    精神的に限界なんやけど






    140627horribleboss-thumb-640x360-76653

     
    関連記事




    【画像】ソニー損保CMの女の子の現在www


    【超!閲覧注意】山で ”この光景” を見たら、自分は死ぬと思った方がいい

    【悲報】かつやの朝定食(390円)wwwwww

    【画像】これ許せないやつwww

    【拡散】韓国の滅亡シナリオが素晴らしすぎるwww

    女ウケする男の趣味一覧が面白いwwwww

    海外「アニメや文化じゃない!」西洋人が日本に夢中になる本当の理由に海外が納得

    この漁の映像すごすぎワロタwww途中からとんでもない事になるwwwww

    上場大手企業に勤務してる俺が「街コン」にいった結果wwwwwww

    小林麻央さん、余命2ヶ月と告白!!! ブログがヤバイ事になってる・・・・

    参照記事 : http://2ch.sc/



    このページのトップヘ