高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    水素


    1: 高低差速報
    電気自動車(EV)への期待が高まっている。人気を牽引するのは米テスラだ。イーロン・マスク社長は「水素はバカだ」と公言し、未来のクルマといわれた燃料電池車(FCV)を攻撃する。しかしモータージャーナリストの清水和夫氏は「攻撃するのはテスラにとって一番厄介な敵だから」という。清水氏と元朝日新聞編集委員の安井孝之氏の「EV対談」。第3回をお届けします(全5回)。

    【安井】最近の電気自動車(EV)への傾斜は欧州での排気ガス問題が一つのきっかけでしたが、もう一つの要素として、イーロン・マスクのテスラの動きが自動車業界に刺激を与えていますね。

    【清水】テスラは恐竜を絶滅させた隕石のような存在です。それほど衝撃を与えています。

    テスラにとって一番厄介な敵は水素
    【安井】ZEV規制がテスラの業績を下支えしているわけですね。

    【清水】この規制でホンダやトヨタは年間数十億円のお金をテスラに払っているわけです。それがテスラの大きな収益源になっている。このことが実は、イーロン・マスクが「水素はバカだ」と言い、燃料電池車(FCV、フューエルセル車)を「フール・セル」と揶揄している理由だと僕は思っています。

    【安井】なぜですか。

    【清水】テスラにとって一番厄介な敵は水素だからです。

    ZEV規制は「水素」に移る可能性がある
    【清水】カリフォルニアの2018年モデルイヤー以降のZEV規制で、例えばEV1台販売した際に得られるクレジットが1だとしたら、FCは2.5ぐらいのクレジットもらえるようになるんです。カリフォルニア州の考え方として、EVはもう普及期に入ってきたから、クレジットを減らすよと言い始めた。次の高みを狙い、FCVにインセンティブを乗せるよということなのです。2018年からFCV、つまり水素のほうにカリフォルニア州は力を入れようとしている。

    【安井】イーロン・マスクにとっては、今のうちにFCVを潰しておかないとクレジットがこれまでのように売れなくなるということですね。だから水素を敵にしているという見立てですか。

    【清水】そうだと思います。イーロン・マスクほどの頭脳があればわかるはずです。あらゆるロビーイングで水素を潰すのが、今のイーロンの仕事だと見ています。

    http://president.jp/articles/-/23114




    GettyImages-490597796


    関連記事


    1: 高低差速報
    将来を不安視する質問が出された。世界最強の自動車メーカーとして
    盤石の地位を築いてきたトヨタであってもその状況はかなり心配だということだろう。
    「東洋経済」によれば、総会最後の豊田章男社長の締めの言葉は、
    「株主からの応援にも近い質問にこみあげるものがあったのか、涙ぐみながらの挨拶となった」そうである。

     これは、いかにトヨタが苦境に立たされているかを物語る。トヨタは、従来、
    将来のエコカーは水素を使う燃料電池車だと断定して、その開発に集中して来た。しかし、現実には、
    電気自動車シフトが世界の流れとなり、昨年秋に、やむなく、EV開発に舵を切った。
    その時も、世界トップメーカー、トヨタの意地なのか、EVも含めて何でもできる体制を整えるというような、負け惜しみの発表をしている。



    https://dot.asahi.com/dot/2017070900023.html?page=6

    img_825434d67c2428a2ad08d8704e03c817585153





    関連記事

    このページのトップヘ