高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    派遣


    1: 高低差速報
    正社員「えっ?あっ....でも俺さんは業務委託ですから大丈夫ですよ!」
    俺「へーじゃあ大丈夫か」
    正社員「大丈夫っす大丈夫っす」

    実質俺も派遣とそんなに差はないと思うけどね
    business_kubi_haken




    関連記事


    1: 高低差速報
    ニート一年から仕事復帰したけど、ミス多いし、何か間違えたら大変なことになるプレッシャーもあるし、時間内に作業しなきゃいけないし。

    しかも残業多く夜勤もあって辛い。油臭いし、汚くなるし臭いもきついし

    3ヶ月でやめられるが辞めてもいいかな?

    今から夜勤ある…


    koujou_kikai_sousa

    関連記事


    1: 高低差速報
    帝国データバンクは24日、人手不足に関する企業の動向調査結果を発表した。「正社員が不足している」と回答した企業は、2016年7月の調査に比べ7.5ポイント増の45.4%となり、06年5月の調査開始以来の最高を更新した。人材難はIT関連業種などで深刻化しており、企業活動を制約する可能性もある。

     業種別では、ソフト開発など「情報サービス」が9.7ポイント増の69.7%と最も高く、「家電・情報機器小売」や「放送」、「運輸・倉庫」も60%台だった。

     帝国データは「商品・サービスの新規開発に影響が出ており、人手不足を原因とした倒産も増加している」と指摘。今後の経済成長に向け、「働き方改革を進め、性別や年齢にかかわらず働きやすい環境を整えることが重要だ」と分析している。

     調査は今年7月18~31日に全国2万3767社を対象に実施した。回答率は42.5%。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00000074-jij-bus_all



    job_it_dokata


    関連記事




    1高低差速報
    人材サービス各社が人手不足感が強いエンジニア派遣で、アジアなどの人材の大量採用に踏み切る。
    国は専門性の高い外国人を積極的に呼び込む政策を採っており、人材会社が外国人技術者を正社員として雇用し、企業に派遣する環境が整ってきた。

    国内在住の外国人エンジニアは5万人前後。人材会社はエンジニア派遣の外国人を合計で年間1000人規模で増やす。外国人の専門人材の国内流入に一段と弾みがつきそうだ。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ29I9F_R30C17A5MM8000/



    10-image1


    関連記事

    1高低差速報
    ■正社員追い出しビジネス
    「解雇しやすい社員づくり」への動きは、このほかにも相次いでいる。
    第二次安倍政権下では国家戦略特区が導入されたが、ここでも特区内で解雇規制を緩和する案が提案された。
    これが世論の批判で不調に終わると、雇用を守った企業に支給される雇用調整助成金を減らし、他の企業への移動を促す労働移動支援助成金を増やすという転換が始まる。

    2013年3月の第4回産業競争力会議において、メンバーである大手人材ビジネス「パソナグループ」会長の竹中平蔵・慶應義塾大学教授(当時)は、
    「雇用調整助成金を大幅に縮小して、労働移動に助成金を出すことは大変重要。
    是非大規模にやって欲しい」とし、当時、1000対5だった雇用調整助成金と労働移動支援助成金の比率を「一気に逆転するようなイメージでやっていただけると信じている」と発言した。

    翌2014年には、545億円対301億円と二つの助成金の額は肩を並べ、2015年には193億円対349億円と逆転した。
    転職支援を手掛ける人材ビジネス業界への利益誘導ではないかとの批判が上がった。
    その見方を裏付けるように、翌2016年2月22日、朝日新聞は、大手人材会社が王子ホールディングスの子会社に、
    政府の助成金をもとにした「戦力入れ替え」を指南し、「転職支援」を請け負っていたことを明らかにしている。

    これに先立つ2014年には、都内で開かれた労働問題の集会で、人材ビジネスの誘いに乗って大手電機メーカーの退職勧奨を受け入れた社員が、
    転職先が決まらず、元の会社に低待遇の派遣社員としてあっせんされたという例も報告された。
    正社員の追い出しビジネスが、政府の補助金で促進される事態が起きた、ということだ。
    http://news.livedoor.com/article/detail/13062422/

    このページのトップヘ