高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    消費


    1: 高低差速報
    日銀が今月開いた金融政策決定会合で、政策委員の間から、大規模な金融緩和を続けているにもかかわらず消費者
    物価の伸びが鈍い背景を改めて分析する必要があるという意見が相次いだことがわかりました。

    日銀は25日、大規模な金融緩和策の維持を決めた今月14日と15日の金融政策決定会合の主な意見を公表しました。

    この中では、消費者物価の上昇率がことし4月にかけて2か月連続で伸び幅を縮小し、目標の2%にほど遠くなってい
    る現状について議論が交わされ、委員からは「賃金や物価の弱さの背景を今一度しっかりと分析する必要がある」など
    と、来月の会合に向けて分析を深めるべきだという意見が相次いでいたことがわかりました。

    また、金融政策については大規模な金融緩和を粘り強く続けるべきだという意見が多く出されましたが、金融機関の収
    益力の低下など、金融緩和の副作用を指摘する意見も目立ちました。

    このうち委員の1人は「副作用が顕在化する前から対応を検討しておくことが必要だ」として、金融機関の収益力の低
    下が融資の減少などにつながらないか十分な目配りが必要だと指摘しました。

    欧米の中央銀行が利上げや金融緩和の縮小に向かう中、日本では金融政策の正常化のめどが立たない状況が続い
    ていて、物価の伸びが鈍い背景を日銀がどう分析し、対応を検討するのか注目されます。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180625/k10011494751000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002
    money_nichigin_building



    関連記事



    1: 高低差速報
    家計も貯蓄優先:7~9月期GDP統計

    2017年7~9月期GDP 1次速報が発表された(15日。表1)。全体として回復を持続しているが消費の弱さが目立つ。

    所得は伸びても支出が伴わず、消費性向はリーマンショック後 (2008年度)並の低さだ。


    引用記事:https://www.crinet.co.jp/message/archive/20171124.html

    関連記事


    1: 高低差速報
    金融機関に預金が集まり続けている。
    銀行や信用金庫などの預金残高は2017年3月末時点で、過去最高の1053兆円となった。

    日銀のマイナス金利政策で金利はほぼゼロにもかかわらず、中高年が虎の子の退職金や年金を預け続けている。
    預金は銀行の貸し出しの原資だが、今は活用されないまま積み上がる「タヒに金」。沸き立たぬ日本経済の今を映し出す。

     「預金を集めているわけではないんだが」。大手銀行幹部は苦笑する。 

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC24H01_Q7A610C1EA2000/?dg=1&nf=1




    editeur_pc_money_36



    関連記事


    1: 高低差速報
    デフレ心理転換容易でない 黒田東彦・日銀総裁が英オックスフォード大で講演

    日銀の黒田東彦総裁は8日、英オックスフォード大で講演し、大規模な金融緩和策が効果を発揮している一方、人々に定着したデフレ心理の転換は「決して容易でない」と述べた。日銀が9日にホームページで講演内容を公表した。

    黒田氏は、大規模緩和で企業や家計の経済活動を刺激したことによって、企業収益は過去最高水準で推移し、失業率も3%を下回る水準まで低下したと説明した。

    4年連続の賃上げなど「賃金の上昇を伴いながら物価上昇率が高まっていく好循環が作用している」と成果を強調した。 
    現状の緩和策は「日本経済を正しい方向に導く」としながらも、「知的探求はまだ完了していない」と指摘した。日銀はデフレ脱却を明確にするため物価上昇率2%目標を掲げているが、物価上昇率は0%程度と伸び悩んでいるため「達成にはなお距離がある」と訴え、緩和策を粘り強く続けていく姿勢を示した。http://www.sankei.com/economy/news/170609/ecn1706090015-n1.html
    maxresdefault

    関連記事


    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    若者と消費 変化の実相に迫ってこそ

     若者が車にも、お酒にも、海外旅行にも興味を示さなくなったといわれて久しい。消費をしない、草食化している、元気がない、などしばしば否定的に語られる。

     個人消費の回復に向けて彼らをターゲットにしたい企業側も「今どきの若者は好みが分からない」「それよりシニア市場に照準を」とどこか腰を引いているようだ。

     しかし、若者は消費市場の一翼を担う存在だ。若者を取り巻く環境や彼らの関心領域を丁寧に探っていくことが大切ではないか。

    以下ソース
    http://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/syasetu/article/280058




    35-21afd





    関連記事


     





    【画像】ソニー損保CMの女の子の現在www


    【超!閲覧注意】山で ”この光景” を見たら、自分は死ぬと思った方がいい

    【悲報】かつやの朝定食(390円)wwwwww

    【画像】これ許せないやつwww

    【拡散】韓国の滅亡シナリオが素晴らしすぎるwww

    女ウケする男の趣味一覧が面白いwwwww

    海外「アニメや文化じゃない!」西洋人が日本に夢中になる本当の理由に海外が納得

    この漁の映像すごすぎワロタwww途中からとんでもない事になるwwwww

    上場大手企業に勤務してる俺が「街コン」にいった結果wwwwwww

    小林麻央さん、余命2ヶ月と告白!!! ブログがヤバイ事になってる・・・・

    参照記事 : http://2ch.sc/



    このページのトップヘ