2ちゃんねるのコメント


1高低差速報
https://wirelesswire.jp/2016/05/53318/





情報化社会と言われて久しいのですが、パーソナルコンピュータが生まれてから40年が経過しても、未だに最も普及している情報処理手段は紙と手書きです。
 そのなかでも非常に興味深いのは、コンピュータという最も高度な情報処理装置を使いこなすプログラマーほど、手書きを必要としているという点です。

 この写真は弊社のとあるプログラマーの作業風景ですが、キーボードの下に紙のノートを挟んで使っています。

 さらに、彼の左側には、ホワイトボードが設置され、そこにも何かを書いています。
 なぜ情報処理の達人であり、普通の人の何倍ものスピードでキーボードを打ち、自らのイメージする論理を直接コンピュータに
入力できる能力に長けたプログラマーたちが、よりによって紙への手書きを必要とするのでしょうか。
たとえば、これは筆者が高校生に最新の深層学習の用語や原理を教えた時のホワイトボードです。
 これを見ると一目瞭然ですが、複雑な概念や新規性の高い概念はキーボードで書くよりもまず手書きで書くほうが圧倒的に速く伝えることが出来ます。
 文字の配置や大きさによる強弱、数式、図、図と図の関係、文字と文字の関係、そういったものが一切の制約なしに書き下せるからです。

こちらも、筆者のオフィスのホワイトボードです。
 これは、プログラミングという道具と数学という道具の関係性を説明した図で、古典的な数学という(古い)道具ではシグマ(Σ)を使って
表さなければならなりませんでした。

 ところがΣで表現可能な演算は積和演算だけです。
 これはプログラミング言語ならforループという単純な構図で表せます。
 ただしシグマにもメリットがあって、プログラミング言語に比べると簡潔に表現できるのでより上位の概念を簡略化して説明することができます。
 プログラミング言語の場合、単純なシグマではできない複雑な計算や条件分岐ができるのも特徴です。
 同じ概念を表現するのに複数の表現手段を持っていることは強みである、ということでもあります。

 手書きで書く場合はシグマを使ったほうが圧倒的に速く、簡潔に書けますから板書を中心とする学校ではシグマを使った計算が多用されます。
しかし実際の計算をやらせるためには、シグマを使った数式を人間のプログラマーがプログラミング言語にいわば翻訳してやる必要があります。本来、これは非常にバカバカしく、非効率的なことです。
 しかし今のところ、本格的な数式を自動的にプログラミングする方法はありません。紺屋の白袴ではないのですが、プログラマーは怠惰なので、
自分に必要な数式をプログラミング言語に翻訳してしまうか、もしくはだれかが翻訳した実装をどこかから拾ってきて、それで良しとしてしまう癖があります。
 また、数式は単なる関係性を表現しているに過ぎず、数式のどの部分をどのように使うかということはその都度プログラマーが考えなくてはなりません。


141210programming-thumb-640x362-82191



関連記事
 






【愕然】 生保の女と○した結果wwwwwwwww


【激写】 高橋みなみ(25)の彼氏(40)が完全にそっち系で草!w

【悲報】ベッキーまたやらかす!!!! 炎上再びwwwwww

【経済】世帯当たりの平均貯蓄残高・・・

【速報】橋下徹 討論番組で論破しまくる 勝てるの石破茂と上祐しかいないだろこれ

【話題】サイコパスは8割が遺伝 遺伝にまつわる「言ってはいけない」タブー

日本人ってここ10年で一気に民度下がったよな

【画像】ワイのPC周りかっこよすぎてワロタwww

【悲報】IT企業に勤めるま~ん(笑)さん、とんでもない理由で退職をする

2月からユーチューバーになって得られた収益wwwwwww


参照記事 : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1466206464