高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    滝沢カレン


    1: 高低差速報

    みなさん、こんにちは😃❣️ なんと、言わずにはここにいれない、 最高な満足感があるお話をしましょう💖✨❤️ なんと❣️本日の出来事ですが、2017年ベストジーニスト賞(デニムの賞👖)を頂きました🏆🙇🏼‍♀️💕💖💕✨ 当たり前ですが、人生初となる私のとっておきの絶賛する賞であり、これは誰にも分かってもらわなきゃ困る賞ということを先に言っておきましょう...🌎 こんなどこにいるか分からないようで何着てたって思わないような、私がまさか❣️こんな繊細な賞を頂けるなんて、どこの誰も予想できないでしょう🤔🌟 私もどっから言って頂いたんだ🤔というくらい優しい方がいるんですねぇ🙋🏼🌟 もっと周りをよく見ながら歩かなきゃと思わせる今日でした😆💋 こちらは、ジーンズにどっかの結びつきをした方に贈られる賞でして、これを頂けると長いこと喜んでられます🙌🏻🏆💖😍💖😍(私は) ジーンズは何を隠そう大好きで、ぶっといジーンズから棒状のジーンズまで持っているという人は知らないやり方でジーンズを愛し続けていました🙏🏻👖❤️💕🌟🙏🏻 今日それを大々的に分かって頂けた記念日となりましたこと、ありがとうございました😊❣️ みなさんに伝わればいいですが、どうなってんだか良く分からない方はそれがらしさですので気にしないでくださいね🙋🏼😘🤗🌎 とにかくとてつもない賞だということです❣️❣️❣️. #旅の途中の探し物 #見つかったようで見つからないから楽しいんだ #探し求めたものがあったときの #嬉しみが生ものであってほしいから #感情はずっと行き続けるのだから #怖がらず今日も進むよ前なき道へ

    滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 -

    関連記事


    1高低差速報
    takizawakarenofficial
    みなさん、こんばんは☘️
    土曜日の夜、みなさん存在を大にして歩き回ったり、居間で寝そべっているでしょう
    私は張り切りの夜で今日は、もしかすると親友とまで言えるかもしれないくらいのレベルの友達のお誕生日会です️‍
    数えてしまうならもう7年くらいの長さで、愉快でずべこべ言えてしまう仲です️‍
    そんなお友達が私はこう見えてたくさんいます☘️☺️☘️
    心友もいれば様々な角度に友達も居ますが、やっぱり私なんかと仲間でいてくれたり、向こうから時々だとしたっても、連絡をくれるって素敵な現実だと思いますか 私は思います

    いたって別々の人生を歩んでいたのに、
    今こうやって楽しい時間を横目でふと見れば、また笑ってる❣️え、また笑ってる❣️と言えてしまう関係️‍
    確実に何かよりは大切な事なので、そんな私を大きくふわふわなワタでいつも揺るがせては受け入れてくれる仲間を、何があっても守っていこうと女ながらに私は思います
    力づくでは守れ兼ねませんが、感情の問題ですね
    そんな仲間を理由にここまでかきましたが、
    みなさん5月発売のJJ7月号は買ったんですか☘️
    「おいおい、5月売りなのになんで7月号なんだ🤔」と密かに根本から疑問な方
    気持ちは分かりますが、今着たら四季を大切にしてないのかと勘違いされちゃいかねないが、7月くらいに着たらいいんじゃないか🤔
    というような視線でやってますので、あまり7月号というとこには気持ちを置かずに、JJということだけに気を取られてください
    まぁでも季節のうまい具合な移動は、自然任せなので私たちがここでこうしたい❣️と言った所で、どうにもなりません

    読めない先だからこそ楽しい明日が待ってるのですね さよなら☺️
    関連記事


    1高低差速報
    takizawakarenofficial
    みなさん、こんばんは

    少しほっこりまったりな気持ちになった本当のことをお話しましょう☘️
    とある先日、言っときますけど嫌いな人は見たことがないあの、「全力!脱力タイムズ」の声付けに行った日のことです
    誕生日翌日にして、少し24歳の一年間を思い出しつつも、25歳へのバトンタッチにやや戸惑いを隠しながら、もはや目もはっきりしないままノソノソと行き着いた先に、
    私の開きもしない目に入って来たのがこのチラシでした
    「お誕生日おめでとう」までは100歩譲って分かりますが....まさか、
    「25歳最初のナレーション録り」のたった一文ではありますが私の全ての25歳だというあそこへの指令を搔き乱しました
    この一文で、私はなにか一線を良い意味で越えたような気までして、声を今から出すというのに涙が先に出そうになってしまった危ない一瞬でした☘️
    人の気持ちをあそこまでざわつかせる一文があったなんて、まさかあの一文で私の気持ちがざわつくなんて、どちらをとっても25歳への道を無理やりにでも引き伸ばしたような幸せいっぱいの気持ちになった瞬間を今でも忘れません☺️
    脱力タイムズの声付け役を始めてから、
    まだなんの日数もたっていないフワフワの今、誕生日を覚えて頂けてることも嬉しいですが、わざわざ紙にまであんた大々的に書かれていることが、嬉しくてたまらなかった私がいました☘️
    ふと振り向くと、たくさんの味方がいてたくさんの優しい人間がいることを、わざわざ自分の誕生日が来ないと気付けない自分を奮い立たせながらも、
    毎日こんな、湖のようななんの引っ掛かりもない、落ちつき倒し、音一つも感じさせない人間でいれる方に憧れを持てたとある25歳の眩しき朝のことでした🏝 
    関連記事

    このページのトップヘ