高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    理系




    1高低差速報
    理系脳、文系脳という言葉を最近よく耳にする。
    親としては、子どもの可能性を最大限に伸ばしてあげたいが、
    その分かれ道はいつなのだろうか?

    http://news.mynavi.jp/articles/2017/03/14/brain/ 



    16b2e87801879612bef94fe47f847af6

    関連記事


    1高低差速報
    その時代の花形が見えてくるで

    いちおう
    ・1967年から5年飛びで文理それぞれ貼ってく
    ・年代が変わる毎にその10年間での1位の回数が多かった企業ランキングも貼る(60年代のみ5年分だけ)





    141122company_cluture-thumb-640x360-81611
     
    関連記事


    1高低差速報
    http://www.toushin-1.jp/articles/-/2746






    東芝のトップには文系が多く、日立は全員が理系
    まず、東芝の結果から見てみましょう。1939年に東京芝浦電気が発足後、現在の社長である綱川智氏は
    19代目の社長となりますが、このうち経歴が確認できなかった1人を除くと、理系社長は7人、
    文系社長は11人と、文系社長のほうが多いという結果になります。
    一方、日立は創業社長である小平浪平氏から数えて現在の社長の東原敏昭氏は11代目の社長となりますが、この間、全員が理系出身者でした。
    ちなみに、両社には社長の在任期間でも大きな違いが見られます。単純計算では、東芝は約4年(1939年から現在までの78年間÷19人)、
    日立は約8年(1928年から2017年までの89年÷11人)と、2倍もの開きがあるのです。
    それだけ、日立のほうが長期政権の社長が多く、東芝は社長の入れ替わりが頻繁であったということになります。
    このように、歴代社長の出身学部と在任期間だけを見ても、同じ重電メーカーではあるものの東芝と日立には大きな違いがあることがわかります。 (以下略)



    reutersmedia

    関連記事

    このページのトップヘ