高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    生活



    1: 高低差速報
    昨年末に公表された、2017年の人口動態統計(年間推計)によると、国内で生まれた日本人の赤ちゃんは94万1千人で、統計の残る1899年以降、過去最少を更新したという(日本経済新聞 2017年12月22日など)。

    筆者はこれまで、「日本の少子化の要因は、結婚した夫婦が子どもを多く産まなくなっていることにあるのではなく、結婚しない人の割合が増加したことにある」と強調してきた。

    なぜ若い男女が、結婚という選択をしなくなっているのか。

    少子化対策を熱心に言挙げする人々は、しばしば仕事と子育ての両立難や、若年男性の経済的困窮をとりあげて、「若者は結婚したくても、できない」というリアリティを強調してきた。
    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53966
    wedding_syukufuku



    関連記事





    1: 高低差速報
    実は「1日3食」食べる方が健康に悪い?
    間違っていた食事の常識

    ■実は「1日3食」が不健康のもと!

    「1日3食」が不健康をもたらすとは意外な気もしますが、
    このことについては、野生動物や古代人の食べ方、
    そして断食の理論がヒントになるのだそうです。

    まず考えてみるべきは、
    「1日3食きちんと食べる野生動物がいるか」
    ということ。当然ですが、そんなことはあり得ません。

    肉食動物は狩猟だけでもひと苦労。
    エネルギーを維持するためにかなりの時間を食事に費やす草食動物にも、
    律儀に食べる法則はないそうです。

    古代人も野生動物と同様で、
    狩猟ができたときにまとめて食べることも多かったでしょうし、
    農耕がはじまったあとの時代でも1日2食、
    しかも粗食が一般的だったといわれているといいます。

    にもかかわらず、飽食の現代人よりも健康的な肉体を持っていたのです。

    引用記事:http://suzie-news.jp/archives/9858
    family_syokutaku


    関連記事


    1: 高低差速報
    若い頃「これはおばさんのやること」と思っていたことに興味を持ち始めたり、お金をかけたり、時間を使うようになったことってありませんか? 今回はそんな、「ああ、年取ったなあ」と思う瞬間あるあるを集めてみました。

    引用記事:http://news.livedoor.com/article/detail/14040922/ 


    yopparai_karami

    関連記事

    このページのトップヘ