高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    生産性


    1: 高低差速報
    マスク氏がメールに記した、生産性を上げるための7つのアドバイスを同氏の言葉で紹介する。\

    大規模な会議は、時間の無駄
    「会議のやり過ぎは大企業をダメにし、ほぼ例外なく、時間とともにひどくなる。参加者全員にとって有意義だと確信が持てない限り、大規模な会議は撤廃しよう。どうしても開く場合は、手短に済ませるように」

    差し迫った問題がない限り、頻繁に会議を開かない
    「喫緊の問題に対処している場合を除き、頻繁に会議を開くのはやめよう。会議の頻度は、緊急の問題が解決し次第、直ちに減らすべきだ」

    会議にいる必要性がなければ、退席しよう
    「自分が会議に付加価値を与えていないと分かったら、すぐに退席しよう。途中退席は失礼ではない。人を会議に付き合わせ、時間を無駄にさせることこそ失礼だ」

    わかりにくい専門用語は避けよう
    「テスラ社内の物、ソフトウエア、プロセスについて、アクロニム(複数の単語の頭文字を取って作る頭字語)やよく分からない単語を使うのはやめよう。わざわざ説明を必要とするようなものは、一般的に円滑なコミュニケーションの妨げになる。テスラでは、用語集を覚えなければ仕事にならないという状況は、望ましくない」

    階級構造によって、効率を落としてはいけない
    「コミュニケーションは、『指揮系統』通りではなく、目標を達成するための最短経路で行うべきだ。指揮系統通りのコミュニケーションを強要しようとする管理職に、ここに居場所はない」

    誰かと話し合いたい場合は、直接そうしよう
    「問題の主な原因として、部署間のコミュニケーションの乏しさがある。これを解決するには、情報が全役職、全部署間で自由に流れるようにすることだ。部署間で何かを成し遂げようとするとき、担当者がマネジャーに話し、マネジャーがディレクターに話し、ディレクターがVPに話し、VPが別の部署のVPに話し、そのVPがディレクターに話し、ディレクターがマネジャーに話し、マネジャーが実際の担当者に話さなければならないとしたら、非常にばかげたことが起こるだろう。担当者同士が直接話し合って、正しいことを実現することが認められなくてはならない」

    くだらないルールに従って、時間を無駄にしてはいけない
    「原則として、常に常識に沿って行動しよう。特定の状況下で『会社の規則』に従うことが『ディルバート(Dilbert)(注:管理的な会社を皮肉った漫画)』の題材になるくらい明らかにばかげているなら、規則自体が変わるべきだ」


    引用記事:https://www.businessinsider.jp/post-165996


    5b234f6039a37e2b455e337b8421aa5688a098e4_2880x1620

    関連記事


    1: 高低差速報
    神奈川県に住む人の通勤コストが年間100万円に達するという話がネットで話題となっている。これは現実の通勤コストではなく機会費用の話なのだが、長い通勤時間が日本人の生活にマイナスの影響を与えているのは確かだ。通勤時間の問題は、生産性の問題と直結しており、働き方改革そのものといってよい。

    http://www.newsweekjapan.jp/kaya/2017/10/post-39.php



    img_90b4cb78ce5ba1f46f58f13d96ee35b3562563

    関連記事


    1: 高低差速報
    アトキンソン氏 実は、私自身、この本を書き始めるまで、なぜ日本が世界第3位の経済大国なのかを 十分に説明しきれていませんでした。

    大学で日本の経済を勉強し、 
    その後、ゴールドマンサックス証券で7年も働いていたにもかかわらずです。 日本の産業をよくよくみてみると、農業も含めてそうなのですが、 
    なぜ産業として成り立っているのか不思議なものもあります。

     
    トヨタ自動車はすごい企業ですが、世界を席巻するようなとんでもない技術を持っているわけではありません。 何でこうなったのか不思議に思っていました。 今回の本を執筆するにあたって、改めて日本を分析して、日本の高度成長の要因が、 すべてとはいいませんが、かなりの部分、急激な人口の増加にあったことが分かってきました。 

    日本は世界3位の経済大国ですが、一人当たりのGDP(国内総生産)をみると、 20~30位をうろうろしています。一人当たりの生産性は低いのですが、その分を人口増 でカバーしていたわけです。人口の激増は過剰な競争社会を形作ります。また、 特に日本のような男性社会はなおさら競争になります。その原動力が日本を発展させていったんです。 でも、日本は経済大国のようにもみえますが、生産性は低い国なんですhttp://j.sankeibiz.jp/article/id=1434



    233072490-1414083048_l
    関連記事


    1: 高低差速報

    問題は「現場」よりも「マネジメント側」にあり
    人材コンサルタントの伊賀泰代氏は、工場以外の生産性という前提で、日本企業の生産性の問題は、現場よりもマネジメント側にあると指摘した。

    「生産性はある意味、現場の人がきびきび働いているかどうかとは関係のないところで決まる。たとえば、無駄な作業を一所懸命きびきびやっても、あるいは対価が取れないサービスを一所懸命に提供しても、生産性は上がらない。生産性の良しあしは、現場ではなくマネジメントの問題に帰着する。また生産性が低い要因は、労働賃金が安かった時代の成功体験が、そのままマネジメントの考え方に残っていて、稼ぎ方を変えようという意識が希薄だからだ」

    生産性は、企業だけの目線ではとらえられない。地方行政にも、さまざまな無駄が隠れている。

    エリア・イノベーション・アライアンス代表理事の木下斉氏は次のように話す。「地方は、大勢の人を動かしながら、1銭にもならないことをやっていることが少なくない。夕張市はその典型例で、炭鉱が次々に閉山された後、テーマパークやスキー場の開発などリゾート開発に力を入れたものの、失敗。その揚げ句、粉飾を重ねて財政再建団体になった。また、たとえば全国にある『道の駅』は、約8割が行政の設置。わずかな成果をあげるために、過剰な投資が行われる」と指摘。補助金が入る結果、生産性が低くても、施設の運営が維持されてしまう「地方の構造問題」を指摘した。

    税収不足の昨今、本当の意味で生産性を高めなければならないのは、地方公共団体のほうなのかもしれない。

    では、どうすれば生産性を向上できるのか。この点について、伊賀氏は次のように説明する。

    「研究活動、営業活動、人材育成、管理業務、意思決定のそれぞれにかかわっている人が、各人で生産性を向上させているかどうか自問することが肝心。たとえば人材育成なら、研修に参加することが生産性を向上させるきっかけにつながっているのか。また、意思決定にかかわっている人なら、1分1秒でも速い意思決定を行っているかどうかを、それぞれ振り返るようにする」

    また、会議時間を短縮させることが生産性の向上につながるという人もいるが、「それは間違い。生産性の高い意思決定ができたかどうかが大事であり、会議時間を短縮できたかどうかは、その結果にすぎない」。
    http://toyokeizai.net/articles/-/174096?page=2




    download

    関連記事


    1高低差速報
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1703/14/news037_4.html
    なにかとつけて「人」に解決策を求めてきたというのは宅配業界の価格が象徴している。
     27年前の社会と今の社会で「価値」が激変しているというのに、クロネコヤマトの宅配料金は据え置きだった。
    環境の変化を「人のがんばり」で補っていたのだ。このような「昭和の宅急便」の「常識」や「ルール」をひきずっている人々が、
    先端技術で効率化をすることができるだろうか。できるわけがない、と筆者は考える。



    productivity1

    関連記事


    1高低差速報
    俺経済学派なんだけど同学の友達が哲学を常に否定してくるんだが 哲学も好きな者としてはこれを論破したいんだが...わからん



    statue-756624_640-1



     
    関連記事


    1高低差速報
    http://toyokeizai.net/articles/-/155234

    2015年には世界第27位だった日本の「1人あたりGDP」。IMFが最近発表した2016年のデータによりますと、
    さらに下がって第30位に落ち込んでしまいました。

    日本は、潜在能力は高いにもかかわらず、毎年順位が下がっています。同時に貧困化が進み、
    社会福祉の支出が膨らみ、国の借金も増える一方です。もはや「生産性を上げたからといって幸せになるとは限らない」などと、
    のんきなことを言っていられる状況ではなくなりました。生産性向上は、日本にとって喫緊の課題です。


    img_406685b3ec5fb7b3b930f75c8ce10d5b712133





    関連記事

     

    このページのトップヘ