高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    睡眠


    1: 高低差速報
    20代以上の男女の1日の平均睡眠時間を調べたところ、40代男女の半数前後が6時間未満しか眠れていないと答えていたことが厚生労働省の2017年国民健康・栄養調査で分かった。世代別で男女を比べると、40代以上では、いずれも女性の方が睡眠時間が短い傾向が強かった。

     「睡眠で休養があまり取れていない」「全く取れていない」と答えた人の割合も40代男女の30.9%が最も高く、50代(28.4%)、30代(27.6%)が続いた。

     調査によると、40代男性は「睡眠時間が5時間未満」が11.3%、「5時間以上6時間未満」が37.2%で合わせると48.5%。40代女性では5時間未満10.6%、5時間以上6時間未満41.8%で合計すると52.4%に上った。

     睡眠時間を6時間未満とした人の割合は、男女とも40代が最も高く、次に高かった50代は男性44.9%、女性51.6%だった。最も睡眠時間が長いのは70歳以上だった。〔共同〕
    引用記事;https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35695240U8A920C1CR8000/
    suimin_man



    関連記事


    1: 高低差速報
    成人の1%ほどに睡眠時間が10時間以上必要な「ロングスリーパー」と、5時間以下で十分な「ショートスリーパー」がいるとされる。

    筑波大学のグループは睡眠にかかわる特定の遺伝子に変異があるとみて、約1千人を対象に調査を始めた。
    いまだによくわかっていない睡眠の仕組みを解き明かすのに役立つという。

    調査するのは、同大国際統合睡眠医科学研究機構の柳沢正史機構長らのグループ。柳沢さんによると、
    成人に必要な睡眠時間は6~8時間だが、ごくまれにロングやショートの人がいる。だが、睡眠時間を正確に測ることが難しく、
    詳しくはわかっていなかった。

    グループは「活動量計」を1週間被験者の腰に付けてもらい、動かなかった時間を測定。これと被験者の睡眠時間の申告を照合して、
    厳密な睡眠時間を割り出す。さらにロング、ショートの人は家族にも協力をお願いし、血液を採取して遺伝子を調べる。

    引用記事:http://news.livedoor.com/article/detail/14482909/?_clicked=social_reaction


    suimin_man

    関連記事


    1: 高低差速報
    「仕事、仕事でほとんど寝てないよ」
    こちらから尋ねてもいないのに、「最近むちゃくちゃ忙しくて残業ばっかり」とか「仕事、仕事でほとんど寝てないよ」とか、自分から忙しさをアピールする男性がいますね。しかし冷静に考えると、これは自分の能力不足や生産性の低さを述べていることになります。それなのにちょっと自慢げな表情……だから、聞くほうは違和感を抱くわけです。
    no title


    引用記事:http://president.jp/articles/-/24613

    関連記事


    1高低差速報
    http://style.nikkei.com/article/DGXMZO10880880Q6A221C1000000?channel=DF140920160927

     ビジネスリーダーたちが、良い判断を下し事業を育てるうえで睡眠が果たす役割について、
    公の場で発言を始めている。確かに、ビジネス界には早起きをやたら自慢する人
    もまだまだ多い(「6時から朝食を一緒にしないか?」「いいね、僕にはちょっと遅めだけど。
    まあ、ジムでひと汗流して、ヨーロッパに何本か電話を掛けてから行くよ」)。しかし、睡眠を優先していることを
    カミングアウトする経営者も増えてきた。「ハフィントンポスト」の創設者として知られ、現在は睡眠の伝道師ともいえる活動に取り組む
    アリアナ・ハフィントン氏が語る。


    (続きはサイトで)




     9c79f150ab59d2cab05ea378a43602b0
    関連記事

    2ちゃんねるのコメント


    1:
    ■日本人の平均起床時間は?

    総務省統計局による「平成23年社会生活基本調査」によると、全国の平均起床時間は6時37分(平日)。ちなみに都道府県別の
    平均で起床時間が最も早かったのが、青森県で6時19分。最も起床時間が遅い傾向にあったのが、東京都で6時52分でした。
    東京は交通網が発達しているため通勤・通学に時間がかからないせいか、比較的ゆっくり起床できるのかもしれませんね。

    ちなみに青森県に次いで起床の早かった都道府県が、岩手県(6時22分)と新潟県(6時22分)、島根県(6時22分)。
    東京都に次いで起床の遅かった都道府県が、京都府(6時51分)、大阪府(6時49分)でした。やはり交通網が発達していて人口が密集している地域ほど、
    起床時刻は遅くなりがちな傾向があるようです。 

    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20160603/Mycom_freshers__gmd_articles_37352.html
    20141002154945743



    関連記事

     




    【愕然】 生保の女と○した結果wwwwwwwww


    【激写】 高橋みなみ(25)の彼氏(40)が完全にそっち系で草!w

    【悲報】ベッキーまたやらかす!!!! 炎上再びwwwwww

    【経済】世帯当たりの平均貯蓄残高・・・

    【速報】橋下徹 討論番組で論破しまくる 勝てるの石破茂と上祐しかいないだろこれ

    【話題】サイコパスは8割が遺伝 遺伝にまつわる「言ってはいけない」タブー

    日本人ってここ10年で一気に民度下がったよな

    【画像】ワイのPC周りかっこよすぎてワロタwww

    【悲報】IT企業に勤めるま~ん(笑)さん、とんでもない理由で退職をする

    2月からユーチューバーになって得られた収益wwwwwww

    参照記事 : http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1464935814/



    このページのトップヘ