高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    社会



    1高低差速報
    https://dot.asahi.com/aera/2017032200058.html

    日本の学歴社会の頂点に君臨してきた「東大法学部」。政財官に人脈を伸ばし、国を支えてきたえたエリートたちの母体だ。
    良くも悪くもスタイルを変えてこなかった「象牙の塔」にも、時代の激変の波は押し寄せる。偏差値序列社会は終わるのか。
    かつて「砂漠」と称された東大法学部はいま、脱皮の時を迎えている。AERA 2017年3月27日号では、東大法学部を大特集。
     試験を変えなければ、教育は変わらない──。新センター試験対策に、すでに学校現場が動き始めている。キーワードは
    「アクティブラーニング」「英語」だ。いったい、何が評価される時代になるのか。



    summary

    関連記事



    1高低差速報
    http://www.sankei.com/economy/news/170321/ecn1703210028-n1.html

    経団連の榊原定征会長は21日の定例会見で、東芝の半導体事業を分社化する「東芝メモリ」について、
    「東芝の半導体事業は国の基幹事業、最重要技術だ。日本にとどまることを希望する」として、政府による支援策が浮上していることに理解を示した。

     東芝メモリをめぐっては、政策投資銀行、産業革新機構などが共同で入札に応じ、
    海外流出などに歯止めをかけるために、拒否権を持つ株式の3分の1超を出資する案が浮上している。
    榊原氏は「現時点では決まっていないのでコメントできない」としながらも、
    「東芝の半導体技術や、人材が海外に流出することに懸念する」とし、政府支援の必要性を強調した。



    phpZMJPUV_58d2cfd024a4b
     
    関連記事


    1高低差速報
    英科学誌ネイチャーは23日、日本の著者による論文数が過去5年間で8%減少し、日本の科学研究は失速していると発表した。日本政府が研究開発への支出を手控えた状況が反映されたという。

     同誌は「日本は長年にわたって世界の第一線で活躍してきた。だが01年以降、科学への投資が停滞しており、高品質の研究を生み出す能力に悪影響が現れている」と指摘している。

     自然科学系の学術誌68誌に掲載された論文の著者を、データベースを使って調べた。

     その結果、12年から16年の5年間で、中国の論文数が48%、英国が17%伸びた一方、日本は8%減少したことが判明した。米国も6%減った。

    https://this.kiji.is/217342253709379067





    2913122900001_1

    関連記事

    このページのトップヘ