高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    社会


    1: 高低差速報
     今回はゴルフ界にとって大きな問題についてお話しします。

     少子化とともに、年々ゴルフ人口が減っていることは皆さんもご存じのことと思います。ある調査によると、
    2016年にゴルフコースで1回以上プレーした人は15年に比べて210万人も少ない550万人だったそうです。
    実に27.6%の減少。ゴルフ人口はピーク時の2分の1以下になった計算です。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23916360W7A121C1000000/



    golf_jou_man


    関連記事


    1: 高低差速報
    AIが脅かすのは「単純労働でなく知的労働」――ソフトバンクが語る、シンギュラリティの誤解

    コンピュータが人間の能力を超える――「シンギュラリティ」(技術的特異点)が2045年に訪れるといわれている。
    そんな中、ソフトバンクロボティクス事業推進部の吉田健一本部長は、同社のロボットカンファレンス「SoftBank Robot World 2017」(11月21~22日)の基調講演で、「シンギュラリティは単純労働に影響をもたらすと思われているがそれは誤解だ」と述べた。

     よく「AI(人工知能)は人の仕事を奪うか」という議論があるが、その議論の際真っ先に出てくるのが「単純労働はロボットやAIに代わる」という話だ。吉田さんは「単純労働に影響をもたらすのではない。ファンドマネジャーや医者、弁護士といった知的生産物を創造する『ナレッジワーカー』にこそ影響する」と話す。
    具体的には、患者のサポートを行う看護師の価値は上がるが、ドクターの判断は必要なくなるという。逆に、肉体労働や職人仕事、介護といった仕事はしばらくの間なくならないと予測する。

     理由は、人間の肉体作業をロボットで行うのはかなり難しいため。例えば、一見単純労働に見える清掃員の仕事をロボットに代替してもらうのは困難だという


    画像と続きはソースで
    引用記事:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/22/news136.html
    960x0



    関連記事



    1: 高低差速報
    日馬富士と貴乃花と相撲の世界について、経済学者が率直に思うこと

    大相撲も、年6場所で1場所あたり15日間。毎日、とは言わないが、年中行われている。
    これをすべて「ガチ○コ」でやったら怪我人が続出し、大相撲もビジネスとして成り立たないのは容易に推量できる。
    筆者は、もちろん「注射」が本当に存在するのかどうか、その実態を知らないが、
    ビジネスとして大相撲を捉えるなら、そうした仕組みがないと継続するのは難しいとも思う。
    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53698 


    sumo_torikumi

    関連記事


    1: 高低差速報
    ローソンは4日、深夜や早朝の午前0時?5時は従業員が接客せずに「無人」で決済できる
    店舗を来春から導入する、と発表した。首都圏の2?3店舗で実験的に始める予定だ。
    コンビニエンスストアでは人手不足が目立ってきており、解消のために新型店を導入
    することにした。

    買い物をする人は、あらかじめスマートフォンのアプリをダウンロードする。コンビニ入り口で
    アプリを起動させ、センサーにかざすと入店できる。店内では商品を手に取り、アプリを起動
    させたスマホで商品のバーコードを読み取らせると、自動的に決済される。
    引用記事:https://news.goo.ne.jp/article/asahi/business/ASKD45WP0KD4ULFA01R.html 


    h_img_8


    関連記事



    このページのトップヘ