高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    社会


    1: 高低差速報
    雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
    ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

    今週のテーマは、「元号」について。

    ホリ システムは全部西暦でいいんだよ。

    ひろ 1年ごとに区切れるならまだしも、例えば1月7日までは昭和64年ですけど、1月8日からは平成ですし、こんな感じでルールがややこしすぎるんですよ。
    今は長さの単位って主にmとかcmになっていますけど、昔の日本は「尺」とか「寸」とか使っていましたよね。あんな感じで使いたい人だけ使う感じにしたほうがいいと思います。

    ホリ 同意。

    ひろ ちなみに、日本人が海外で運転免許証を見せるときにも結構困るんですよね。海外で免許証を身分証代わりに使おうと思っても、
    日本の免許証って生年月日が平成とか昭和で書かれているから、外国人に上手く伝わらないんですよ。

    ホリ そうそう。あれはかなり不便だよね。だから、俺はわざわざ船舶免許証を持ち歩いているもん。
    船舶免許って西暦で英語表記もあるから海外でも身分証として使えて便利なんだよね。

    ホリ 本当は自動車の免許証でいけるようになればいいんだけど。

    ひろ ってことで、社会システムの部分はそろそろ西暦に統一した方がいい派が増えて欲しいものです。でも、
    あんまりそういう話が主流にならないですよねぇ。ITに関わってないと、元号とかすげーめんどくさいし、間違いのもとだし、コストも上がるとか、わからないものなんですかね。

    ホリ 元号を使っている日本って、けっこう稀なケースっぽいよ。

    ひろ 1977年に行った世論調査では元号存続派が80%、廃止派が5%だったらしいんですけど、今一度調査してみてもおもしろいでしょうね。公的な書類を書く時に「あれ? 今年って平成何年だっけ?」と戸惑う人も少なくないでしょうし。

    ホリ やっぱり、めんどくさいよな。利便性の妨げになってしまっているのは事実。

    引用記事:http://weblog.horiemon.com/100blog/46812/
    関連記事



    1: 高低差速報
    近代以降、ヨーロッパのエリート養成を担ってきた教育機関では長らく哲学と歴史が必修とされてきました。今日に至っても、たとえば政治・経済のエリートを数多く輩出しているオックスフォードの看板学部「PPE=Philosophy, Politics and Economics」(哲学・政治・経済学科)では、哲学が三学領域の筆頭となっていますし、フランスの高等学校課程=リセでは、理系・文系を問わずに哲学が必修科目となっており、バカロレアの第一日目の最初に実施されるのは伝統的に哲学の試験とされています。パリにしばらく滞在した人であれば、バカロレアの哲学試験にどのような問題が出されたか、自分ならどう答えるかがオフィスやカフェで話題になっているのを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

    あるいはアメリカに目を転じても、エリート経営者の教育機関として名高いアスペン研究所では、世界中で最も「時給」の高い人々であるグローバル企業の経営幹部候補が集められ、風光明媚なスキーリゾートとして知られるアスペンの山麓で、プラトン、アリストテレス、マキャベリ、ホッブズ、ロック、ルソー、マルクスといった哲学・社会学の古典をみっちりと学んでいます。

    彼らはなぜ、ともすれば「役に立たない学問の代表」とされがちな「哲学」を、これだけプライオリティの高い学問として学んでいるのでしょうか。アスペン研究所設立のきっかけとなった1949年の国際カンファレンス「ゲーテ生誕200年祭」において、発起人の一人であるシカゴ大学教授(当時)のロバート・ハッチンスは「リーダーに教養が求められる理由」について次のように言及しています。

    ・無教養な専門家こそ、われわれの文明にとっての最大の脅威
    ・専門家というものは、専門的能力があるからといって無教養であったり、諸々の事柄に無知であったりしていいものだろうか
    (日本アスペン研究所HPより)
    実に強烈です。哲学を学ぶと「役に立つ」とか「カッコいい」とか「賢くなる」ということではない、哲学を学ばずに社会的な立場だけを得た人、そのような人は「文明にとっての脅威」、つまり「危険な存在」になってしまうというのがハッチンスの指摘です。

    ひるがえって、わが国の状況はどうでしょうか。たまさか、筆者は先日ある経済団体の集まりに問題提起者として参加し、財界を代表する経営者と「文化と企業」の関係について議論する機会を持ちました。しかし、ここでわかったのは、このテーマについて、まともに「自分の意見を述べる」ことができる経営者が、少なくともその場にはいなかった、ということでした。多くの経営者は「文化は儲からない」「祇園におカネを落としたいが時間がない」といった幼稚なコメントに終始し、まともに「企業経営が文化形成に与える影響」について議論することができませんでした。

    一方で、このように無教養な「お金儲けの専門家」によって率いられている多くの日本企業から、子どもでさえ仰天させるようなコンプライアンス違反が続出しているわが国の状況を鑑みれば、このアスペン研究所設立の前提となったハッチンスの問題意識が極めて予見性に満ちたものであったことがわかります。
    引用記事:https://toyokeizai.net/articles/-/221844

    book_yoko




    関連記事


    1: 高低差速報
    グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(69)が“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクト。 
    渡辺氏は、自然な笑顔を引き出すべく、撮影する人に「一品」を持ってきてもらって、それにまつわるエピソードを聞きながら撮影する。

    カレーハウスCoCo壱番屋創業者の宗次徳二氏(69)が持ってきたのは、後任の社長から贈られた「バイオリンのピンバッジ」だ。

    クラシック好きが高じて28億円の私財をなげうち、名古屋にコンサートホール『宗次ホール』を建設した。輝くピンバッジは、
    開館日に現社長から贈られた。

    妻と二人三脚で始めた事業は右肩上がりで大成功。「三流経営者でも何とかなる見本でしょうか」と謙遜するが、朝4時台の出社など、
    並みの経営者以上の働きがもたらした結果なのである。

    「この先も“百利あって一害なし”の早起きを続け、これまで同様、毎日一所懸命生きることが私の終活。亡き後の私財は相続させず、
    奨学金やホームレス支援などにすべて投じます」

    自分に辛口、世に甘口な男だ。

    引用記事:http://www.news-postseven.com/archives/20180527_679178.html 


    images


    1: 高低差速報
    地方創生は、人口減少を阻止するための事業だ。それが初手からないがしろにされている。

    だがその中間点を過ぎたいまこそ、事業のあり方を見直し、まずはその原点に返って、私たちはいかにして人口減少を止められるのか、真剣に考えるきっかけを作らなければならない。

    そのきっかけこそ、地方創生をはじめる際に各自治体で策定した「人口ビジョン」にある。

    人口ビジョンは、政府が自治体に総合戦略とあわせて策定を求めたものだ。将来人口の見通しを示せ、それにあわせて戦略を立てていく。そういう建て付けであった。

    「人口下げ止まり」をめぐる難題
    人口ビジョンが果たすべき役割は次の二点にある。

    まず第一に、減少していく人口が下げ止まる場所を見つけること。そしてその下げ止まりを何が何でも必ず実現することだ。

    第二に、人口下げ止まりが実現するにしても、逆に言えばそこまでは必然的に人口は縮小するのだから、その最終形にあった行政の形(インフラ、サービスなど)にあわせて社会を縮小する準備をしていくこと。

    しばしば自治体では後者の方に焦点をあてて人口減少を考えがちだが(そして前編で述べた基本目標4もこれにあたる)、実は前者が重要なのである。

    引用記事:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55580



    c0117762_7193163



    関連記事


    1: 高低差速報
    5月13日に放送された『初耳学』(TBS系)で、予備校講師でタレントの林修が交際経験がない若年層の男性が増えている理由を語った。

     まず、林は「『告白は男からすべし』は女の願望にすぎない」と男性から告白することを望む女性に噛み付いた。「『男性からのアプローチがあれば交際を考える』という女性は、イギリスやアメリカがほぼ15%なのに対して日本では45%。つまり、(日本の女性は)相手からのアプローチを待っていて自分からは動かない」と内閣府のアンケート結果をもとに、日本人女性は諸外国の女性と比べて受け身体質であると指摘した。

     続けて、林は再び内閣府のアンケートを持ち出した。「気になる女性には自分から積極的にアプローチをするか」という設問に、20~40代の日本人男性で「はい」と答えた割合は25.9%にとどまったと紹介。「女性の45%は言われるのを待っている。でも、男性から行くのが26%しかいないから、なかなかカップルができない」と、男女間でミスマッチが生じていると説明した。

     「今は草食系男子のラベル(レッテル)も貼られ、ますます動きにくい状況。それでどういうことが起きているかと言うと、20代男性のおよそ4割が交際経験がない」と男性は女性に比べて、恋愛がしにくい状況に陥っていると熱弁した。

     「世界経済フォーラム」は昨年、男女格差の度合いを示す「ジェンダーギャップ指数」を発表。日本は144カ国中114位と過去最低の順位を記録し、“男女格差大国”の汚名を着せられた。

     日本は何ごとにおいても男性主導型で、男女格差が非常に強いとみる向きがある。格差の見直しが早急に叫ばれているが、今回、林の主張を鑑みると、女性は恋愛に関しては「男性にリードしてほしい」と男性主導型を望んでいるようだ。

     職場は男女平等社会へと変化しつつある。男女平等を進めるためには、恋愛でも女性が男性をグイグイ引っ張る意識も必要なのかもしれない。同時に、女性が動かないことには交際も結婚も成立しにくい時代になったともいえそうだ。

    引用記事:https://npn.co.jp/sp/article/detail/23990173/
    hayashisennsei



    関連記事


    1: 高低差速報
    * * *

    ホリ 大学生の生活費の中で、携帯電話代金の占める割合が増えているっていう日本学生支援機構のデータがあったけど、それっておかしくない?

    ひろ 仕事で使う人は除きますけど、携帯電話の料金って要領の悪い人ほど高くなるイメージがあります。

    ホリ だよね。そもそも大学生なら「格安スマホ」とか「格安SIM」と呼ばれるMVNOを使えば安くなるのに。

    ひろ 時間帯によっては通信速度が遅くなるといわれてますが、単純に携帯料金を安くしようと思えばMVNOは有効ですよね。大手キャリアに比べて、半額から3分の1になりますから。

    ホリ 「お金がない」と言っている人ほどムダ遣いをしてるよね。

    ひろ あとは、「節約とか細かいことはよくわかんねえ」みたいなのが、男らしいと思われるような価値観もあるような…。

    ホリ ちなみに俺は昔、MVNOを使ってたけど、通信速度が微妙だったから、結局、キャリアの回線を使ってる。海外に行っても手間なくそのまま使えるし。

    ひろ 僕は日本にいるときには「au」っすね。フランスにいるときには格安のサービスを使っていて、日本やアメリカの固定電話にかけても通話料がかからないプランなので、毎月2600円ぐらいかな? ほかのヨーロッパの国に行ってもローミングしてくれるのでそのまま使えて便利なんですよ。日本でauを使っているのは、SIMをなくしてもすぐに対応してくれるからって理由だけです。

    ホリ なんでみんなMVNOを使わないんだろ?

    ひろ そもそも知らない人が多いんじゃないですか? 自分のスマホのSIMカードが交換できることを知らない人は多そうですし、SIMロック解除とかよくわからない人もたくさんいそうです。

    ホリ 昔は大手キャリアで契約した場合はSIMロック解除ができなかったけど、少し前に総務省のガイドラインが策定されてからは、契約から一定期間過ぎたら簡単に解除できるのにね。

    ひろ まあ、なんだかよくわからないから手を出さないって層は、一定数いる気がします。

    ホリ キャリアで買うと端末が割賦で購入できるというポイントもあるのかもね。月々の支払額だけ見るとべらぼうに高いわけじゃないし、複雑な割引システムやキャンペーンに引っ張られている感じもしなくはない。とはいえ、結局、大手キャリアと格安SIMではトータルで支払う金額が全然違ってくるのに。

    ひろ まあ、自分が支払うトータルの金額を全員が把握しているわけではないですからね。それができたらクレジットカードのリボ払いなんて存在しないわけで。

    ホリ あれはヤバいよね。「月々決まった額」とか「少額で返せる」なんて聞こえのいい触れ込みだけど、高い金利のせいで元本がなかなか減らないなんてこともある。

    ひろ でも、リボ払いを使っている人は少なくないですよね。

    ホリ まあ、納得しているならいいけど、そうじゃない人だらけなのが問題なんだよ。
    引用記事:http://wpb.shueisha.co.jp/2018/05/05/104006/
    img_87e8cc28922d6eb5bef31a9dc2ed3be5170611



    関連記事


    1: 高低差速報
    日大DLの選手が、退部の意向であることが分かった。
    日大関係者が15日に明らかにした。
    責任を感じて決意したという。

    関係者は反則が内田正人監督の指示だったとも明かした。
    内田監督は連盟へ10日付で8月末まで現場指導の自粛を申し入れていたことも判明した。

    内田監督は10日に厳重注意処分を受けると、12日の関大戦からベンチ入りは自粛すると伝えていた。

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00209874-nksports-spo
    20180516-00209874-nksports-000-6-view



    関連記事

    このページのトップヘ