高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    社会





    1: 高低差速報
    「文武両道あり得ない」下関国際・坂原監督が野球論語る
    8/12(土) 12:02配信

    13日に登場する下関国際(山口)は、創部52年で春夏通じて初の甲子園。高校野球の指導者を目指していた坂原秀尚監督(40)は、
    教員免許取得のために東亜大に通いながら、05年、大学近くの下関国際の監督に就任した。
    就任前に部員の集団万引が発覚、山口大会の抽選会直前で出場停止処分になるなど荒れ放題だった野球部を立て直した坂原監督の野球論とは――。


    ■荒れ放題だった野球部を甲子園に

    ――野球部はかなり荒れていたと聞きますが。

    「僕が来た当初はそうですね。突然、厳しい監督が来たとなって、(部員が)みんな辞めて最後は1人になりました。その後、3人戻ってきて4人になった。
    グラウンド整備や道具の扱いが、とにかくヒドかった。野球がうまい下手のレベルじゃない。そういうマナーを教えると、面倒くさがって辞めていくんです」

    ――今年は主将の子が逃げたとか。

    「そうです。今年に限らず、毎年います。イベントみたいな感じ(笑い)。一昨年も(県大会で)準優勝したんですが、
    キャプテンで4番でエースの子に責任を持たせるためにあえてそういうポジションにしたんですが、途中で逃げ出しました」

    ――どうやって立て直し、選手に自信をもたせたのですか?

    「春先に県外のチームと試合をして、競ったり勝ったりして自信をつけてきました。広島、東京、大阪にも行きます。
    遠征費は、毎月3000円の部費を生徒から徴収してますので、それでまかなう。僕がマイクロバスを運転して広島まで往復すると、ガソリン代と高速代で2万円くらいかかる。
    泊まりの場合はご家庭で(宿泊費を)負担してもらいます。東京には北九州空港から行きます。
    年末に近くのマルハニチロさんの漁港で冷凍した魚を冷凍車から降ろすアルバイトをさせてもらって、そのお金で飛行機に乗るんです」

    ■携帯電話は入部時に解約

    ――朝5時から練習するそうですが、選手が自主的に?

    半強制です。自主的にやるまで待っていたら3年間終わっちゃう。練習が終わって学校を出るのは21時くらい。本当に遅いときは23時くらいまでやることもあります
    毎日ではないけど、長期休みの時期とか。遠征に行っても、大広間で生徒はみんな同じ空間にいるけど、やっていることはバラバラ。練習でもそうです。
    今の子は連帯感が希薄なんですよね。少しでもそういうのを大事にしていかないと、うちのような弱いチームは他に勝てない。進学校さんはそういうやり方が嫌いだと思いますけど」

    ――確かに、自主性をうたう進学校は増えています。

    「そういう学校には、絶対負けたくない。実は東筑(福岡の進学校で今大会に出場)さんとは(現監督の)青野さんの前任者のときに1回、合同練習をしたことがあるんですけど、
    うちの練習を見た監督から『やってて意味がない』と言われたんです。(下関国際のように)きついことはしていない。賢い子も『意味がない』と、すぐに言うでしょ?
    今回の県大会で宇部(初戦)と下関西(2回戦)と、進学校に当たったので、普段練習してないだろうと思って、思いっきり長い野球をやっちゃろうと。
    ボールも長い時間こねて、牽制もバンバン投げて。七回になったら向こうもヘトヘトでした。僕ね、『文武両道』って言葉が大嫌いなんですよね。あり得ない」



    no title

    関連記事


    1: 高低差速報
    ワイ新入社員「???」

    上司「いいかワイくん、君まだ1年目だろう?そうやって先人の仕事に口出しするのは良くないよ?」

    ワイ新入社員「いや、明らかに非効率的な部分を指摘して、よりよい成果があがるようにしたいだけなのですが」

    上司「学生気分が抜けてないね?社会は結果より大切なものがあるんだよ。そうやって若い頃からなんでも効率化して楽をしてってやると成長しないよ?」

    ワイ「僕の成長の話をしてるのではなくてプロジェクトの効率化の話をしてるんですが」

    上司「はぁ…君ちょっと仕事終わったら話そうか」

    これはワイが悪いんか?



    n-BUSINESSMAN-BOSS-large570

    関連記事


    1: 高低差速報
    JR九州社長、ローカル線「郷愁で残すのか」
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170809-OYT1T50031.html

    JR九州の青柳俊彦社長は8日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、
    採算の厳しいローカル線について、「JRが全て面倒をみるということでは済まない。
    住民とよく議論したい」と述べ、鉄道の維持に向けた負担のあり方を巡る議論の活発化に期待を示した。

    青柳社長は路線の維持に努めていることを説明した上で、「社会資本としての交通をどう残していくか。
    人口減の中、維持のためにどうするのがいいか。住民のみなさんと話していかねばならない」と強調。
    さらに、自動車が中心の時代を迎えているとして、「郷愁ばかりで鉄道を残すのは、
    社会にとって本当にプラスなのか」とも述べた。

    JR九州は7月末、鉄道の「輸送密度」(1キロ・メートルあたりの1日平均利用者数)を
    詳細な区間別に初めて公表し、ローカル線の厳しい実態が明らかになった。
    campaign_TRAINS




    関連記事


    このページのトップヘ