高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    社会


    1: 高低差速報
    日大DLの選手が、退部の意向であることが分かった。
    日大関係者が15日に明らかにした。
    責任を感じて決意したという。

    関係者は反則が内田正人監督の指示だったとも明かした。
    内田監督は連盟へ10日付で8月末まで現場指導の自粛を申し入れていたことも判明した。

    内田監督は10日に厳重注意処分を受けると、12日の関大戦からベンチ入りは自粛すると伝えていた。

    引用記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00209874-nksports-spo
    20180516-00209874-nksports-000-6-view



    関連記事


    1: 高低差速報
    日本の研究現場が活力を失いつつある。日本経済新聞が連載企画「ニッポンの革新力」の一環で20~40代の研究者141人を対象に実施したアンケートで、8割が「日本の科学技術の競争力が低下した」と回答した。不安定な雇用や予算の制約で短期的な成果を求められることを疑問視する声が目立った。世界をリードする業績は若手時代に生まれるケースが多く、イノベーションの土台が揺らいでいる現実が浮かび上がった。
    引用記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30138080V00C18A5EA2000/


    science_nou_kenkyu


    関連記事



    1: 高低差速報
    平成生まれは「学歴がなくてもいい」、昭和生まれは「学歴は必要」が多数派に

    人生において「絶対に学歴が必要」と「学歴はなくてもいい」では、どちらの考えに近いか聞いた。平成生まれでは、「絶対に学歴が必要」が9.2%、「どちらかといえば必要」が31.6%で、必要だとする人は約4割に留まった。

    対して「学歴はなくてもいい」は18%、「どちらかといえばなくてもいい」が41.2%で、合計で6割近い平成生まれが「学歴は幸せな人生のために必ずしも必要ではない」と考えていることがわかった。

    一方、昭和生まれでは「学歴が必要」と考える人が多数派となっている。「絶対に学歴が必要」9.8%、「どちらかといえば必要」41.2%で、必要派が合わせて51%と半数を超えた。「学歴がなくてもいい」は9.2%と平成生まれのほぼ半数で、「どちらかといえばなくてもいい」は39.8%だった。

    引用記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000160.000003638.html 


    knowledge-1052010_960_720_pixabay


    関連記事


    1: 高低差速報
    飲食業ワイ「平日10:00-13:00 14:00-17:00で閉店ガラガラ 土日休みw」

    世論「あっ・・・あっ・・・開けて開けて!!休みどこで食べたらいいのよ!開けなさいよ!!」

    飲食業ワイ「これがお前の望んだ世界やで」

    世論「いやぁ!!!私だけ休めればよかったの!本当は他の仕事なんてどうでもいいの!お願い休まないで!!奴隷のように働いて!」

    飲食業ワイ「正体表したね」にこっ



    business_zangyou

    関連記事


    1: 高低差速報
    日本社会の格差はますます広がり、固定化され、〈階級社会〉と呼ぶべき様相を呈している。著者は最新の学術的データを用い、そんな現代の格差の輪郭を明瞭に描き出す。

    「著者は以前から著作で、日本が階級社会への道を歩んでいることを指摘してきました。ここに来てそれがより多数の読者に手に取られるようになったのは、事態が悪化し、目を背けていた現実に向かいあわざるを得ない状況が生まれたからではないでしょうか」(担当編集者の山崎比呂志さん)

    引用記事:http://bunshun.jp/articles/-/6917
    money_chingin_kakusa_man





    関連記事


    1: 高低差速報
    引用記事:http://diamond.jp/articles/-/165177

    「定例会議」にかける議題を最少化する

    「最高品質の会議」を実現するためには、意思決定スピードを可能な限り上げる必要があります。
    意思決定の回数を増やして、PDCAサイクルを最速で回すことによって、チームの生産性を最大化させるのです
    (詳しくは連載第4回参照)。

     そのために大切なのは、チーム内で行われる会議を適切にデザインすることです。会議室にメンバー全員が
    集まって議論することだけが会議ではありません。部下が報連相をしに来たときのやりとりや、
    部下とマネジャーの1on1の議論、少人数で集まって議論やブレストをするミーティングも、
    何らかの意思決定に向けて行う会議と考えるべきです(下図参照)。そして、マネジャーはそれら多様な
    会議全体を上手にマネジメントすることによって、最速の意思決定スピードを実現していく必要があるのです。
    すべきなのは、定例会議にかけるコストを最小化することです。なぜなら、
    定期的にメンバー全員が集まる定例会議は、人件費が最も多くかかる“高コスト会議”だからです
    (定例会議にかかるコストは連載第2回参照)。この定例会議にいくつもの議題が提案されると、
    必然的に長時間の会議にならざるをえず、コストはさらに高くつきますから、議題の数そのものを
    絞り込む必要があるのです。 
    kaigi_man_woman

    このページのトップヘ