高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    社会


    1高低差速報
    kakinuma yosio ?@chinnsan
    驚いた!1万円のステーキをご馳走になるより、現金三千円を貰いたい若者が多い事実。
    我々ジジイと話しが合わない筈だ。食に興味が無い?不幸だろ!
    結婚もせず、馴染みの薄い異性とのS○X。淋しい部屋か。
    イヤイヤ生きてる若者が多くなった気はしていた。
    我々は家族で食ったり食わせたりに熱中した。

    https://twitter.com/chinnsan/status/546836593781141506




    no title
     
    関連記事


    1高低差速報
    日本の平均年収はおおよそ400万円前後。それを大きく上回る「年収1,000万円超の人」とはどのような人なのだろうか。このシリーズでは、「年収1,000万円調査」と題し、マイナビニュース会員のうち個人年収1,000万円以上の人を対象に、行動や性格などについてアンケートを実施している。

    今回のテーマは「ベーシックインカムの是非」。年齢・性別などに関係なく、最低限の生活を送るのに必要な額の現金を全国民に定期的に支給するという構想だ。

    以前に実施した同様のアンケート(回答者の年収に限定なし)では、6割がベーシックインカムの導入に賛成するという結果になった。それでは、年収1,000万円以上の高所得者はベーシックインカムについてどのように考えているのだろうか。賛否とその理由について尋ねてみた。

    Q. あなたは「ベーシックインカム制度の導入」についてどう思いますか

    ・導入してほしい……33.3%
    ・導入してほしくない……66.7%



    Q.その理由を教えてください
    「導入してほしい」という人の意見

    ■安心できる
    ・「間もなく定年なので、その方が安心かも」(56歳男性/神奈川県/その他電気・電子関連/IT関連技術職)
    ・「生活が保障されていれば、精神的に安心できる」(59歳男性/東京都/専門商社/事務・企画・経営関連)
    ・「みんなが幸せに暮らせそうだから」(24歳女性/愛知県/インターネット関連/IT関連技術職)
    ・「働く立場からすると、安心感を得られるのが一番だと思う」(57歳男性/東京都/生命保険・損害保険/事務・企画・経営関連)

    ■経済成長につながる
    ・「やはり経済成長には賃金が必要なので。社会不安にならないようにも」(49歳男性/東京都/海運・鉄道・空輸・陸運/事務・企画・経営関連)
    ・「富の再配分」(56歳男性/石川県/その他電気・電子関連/メカトロ関連技術職)
    ・「経済合理性にかなっているので」(51歳男性/岐阜県/インターネット関連/事務・企画・経営関連)
    ・「財政面で現況より好転する場合に限る。今より悪化するのなら反対」(53歳男性/千葉県/建設・土木/事務・企画・経営関連)

    (中略)

    「導入してほしくない」という人の意見
    ■モチベーションが下がる
    ・「働くモチベーションをなくす人が多そうだから」(54歳男性/千葉県/精密機器/IT関連技術職)
    ・「働く意欲のない人間が増えるから、そのお金の負担はばかばかしくて払いたくない」(60歳男性/愛知県/官公庁/公共サービス関連)
    ・「あると助かるが、努力しなくなるからいらない」(39歳男性/神奈川県/ソフトウェア・情報処理/営業関連)
    ・「最低限の生活を保障するという意味では、導入に賛成の方であるが、働かない人が増えてしまい、良い結果とはならないように思うから」(59歳男性/大阪府/教育/その他・専業主婦等)
    ・「自分は、困っていないから。支給されると、働く意欲が低下しそう」(56歳男性/新潟県/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

    ■財源がない・負担が増えそう
    ・「結局は収入の高い人の負担が増えるから」(61歳男性/京都府/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)
    ・「高収入の人に渡すのは税金の無駄遣いになるから。低収入者限定ならOK」(51歳男性/神奈川県/その他メーカー/営業関連)
    ・「生活費用は個人が仕事をして賄うのが当然だと思うから」(42歳男性/大阪府/その他電気・電子関連/メカトロ関連技術職)
    ・「公共サービスの低下が懸念される」(50歳男性/神奈川県/通信関連/営業関連)

    (中略)

    総評
    年収1,000万円以上の人のうち、「ベーシックインカムを導入してほしい」と考えている人は3割、「してほしくない」という人は7割で、賛成派が6割となった以前のアンケート(回答者の年収に限定なし)とは逆の結果となった。
    賛成派の意見を見てみると「導入により安心して暮らせるようになるのでは」と推測する回答が主流で、「みんなが幸せに暮らせる」「もうすぐ定年なので」などの意見が寄せられた。また、前回のアンケートと比べると、「貧困や格差問題の解消につながるのでは」という主旨のコメントが多かった。
    一方、反対派の意見では「モチベーションが下がる」という意見のほか、「公平ではない」「税金が増えそう」という声が集まった。特に年収1,000万円以上を対象とした今回のアンケートでは「高所得者ほど負担増になるのでは」と懸念する声もあがった。

    http://news.mynavi.jp/news/2017/03/15/066/




    maxresdefault


    関連記事



    1高低差速報

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170313/bse1703130500002-n1.htm

    若者の「車離れ」、高い保険料もネック? 損保各社が割引、車購入を後押し

    若者の「車離れ」が進んでいると言われる。車を買わない理由に挙げられるのが、若年層ほど高い自動車保険料だ。



    899a3fb1


    関連記事


    1高低差速報
    http://toyokeizai.net/articles/-/161667

    全国でまちの再生に携わっていると、たとえば商店街の重鎮などが「いやー、うちのまちは閉鎖的で」などと、自虐的に話しかけてきたりします。

    しかしながら、私はかれこれ20年近く、さまざまな地域の再生にかかわっているからわかるのですが、閉鎖的でない地域など、
    見たことがありません。全国津々浦々の人が何気なしに「うちのまちは閉鎖的だから……」と言うとき、
    それは「閉鎖的なことはその地方の伝統的なもの」であり、「排除している自分たちには直接的な責任はない」と肯定しようとしているにすぎないと私は思っています。




    img_hero_image02


    関連記事

    このページのトップヘ