高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    社会


    1: 高低差速報
    マツコ・デラックスさんが1月22日、コメンテーターとして出演した「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、飲食店の全面禁煙を求める昨今の風潮に苦言を呈した。自身も喫煙者だというマツコさんは、

    「全面禁煙すべき店とたばこも共になければならない店ってあると思う。たばこを吸わない人の気持ちはわかるけれど、”ブランデーを飲みながら葉巻を吸いましょう”みたいな店を禁煙にしちゃったら、文化もクソもなくなるじゃない」

    と語った。
    引用記事:https://news.careerconnection.jp/?p=49049
    img_c44b10a3124f43ab9effab1b935ae0d41025168



    関連記事




    1: 高低差速報
    フランスの女優ブリジット・バルドーさん(83)は17日、写真誌パリ・マッチ(電子版)のインタビューで、
    セクハラを告発する米ハリウッドの女優たちを「偽善的で、お笑いぐさだ」とこき下ろした。

     バルドーさんは、女優は一般の女性の場合と異なるとしたうえで、「プロデューサーをその気にさせて、
    役をとる女優はたくさんいる。話題になるために、後になってセクハラされたと言いだす」と批判した。

     自身については「セクハラに遭ったことなどない」と明言。「男性にかわいいお尻だと言われるのは、
    気分がよかった。こういう褒め言葉をかけてもらうのは快感」とも述べた。

     フランスでは女優カトリーヌ・ドヌーブさん(74)が10日付けの仏紙ルモンドへの寄稿でセクハラ告発運動を
    「魔女狩り」と非難し、批判を受けて謝罪を迫られたばかり。

     バルドーさんは代表作「素直な悪女」(1956年)などで小悪魔的な女性を演じ、
    「フランスのマリリン・モンロー」と呼ばれた。現在は動物愛護活動家として知られる。

    d963dae6ef915bebc458d8f942bf8ca9


    引用記事:http://www.sankei.com/world/news/180118/wor1801180012-n1.html



    関連記事



    1: 高低差速報
    年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2017年10~12月期の公的年金の運用実績が、6兆円を超える黒字になったことが分かった。
    プラス運用は6四半期連続。

    野村証券の西川昌宏チーフ財政アナリストの試算によると、17年10~12月期の運用益は約6兆3000億円だった。
    資産別では株高の影響で国内株で約3兆5000億円、外国株で約2兆円の運用益を計上した。
    reutersmedia




    関連記事


    1: 高低差速報

    このページのトップヘ