高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    社畜




    1: 高低差速報
    日本「サボってる奴は許さん!結果を出しても君は過程に難あり。反省しろ!時間通りに動け!ただし退社時間は伸びる可能性はある」


    えぇ…
    日本の労働の評価基準って「頑張ってる感」なのがダメだわ
    元より個性を潰して同調させる教育したのが原因だね



    0009

    関連記事


    1: 高低差速報
    10日深夜放送のラジオ番組「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、オードリーの若林正恭が、休まないで働くことを尊ぶ風潮を疑問視した。

    オープニングで若林が、最も忙しかった頃の時期を振り返った。当時の若林は、ほぼ眠る時間もなく、仕事で深夜に家を出る日々が続いたという。そんな日々が続いたある日、なぜか涙を流してしまうほどの精神状態に陥っていたというのだ。

    そのときの経験を語りつつ、若林は「日本人ってめちゃくちゃ忙しい人のことを、すごく偉いと思ってるじゃない?」と漏らした。そして、「休み何カ月ないっすよ」と口にするほど仕事に追われる人に対し、「何が偉いんだろな」と疑問をぶつけたのだ。

    若林は「超合理的に考えたら、休んで、一個一個の仕事のパフォーマンスを上げる最大公約数出す人が偉いだろ?」「休まないで一個一個のクオリティ落ちたら偉くないだろ、別に」と、休まないで働くことが必ずしも結果に直結しないと指摘する。

    これには若林の相方・春日俊彰も、海外だったら「『お前、何やってんの?』みたいな感じで言われそうだよね」と、若林の意見に共感を示していた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13187030/
    a




    関連記事


    このページのトップヘ