高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    社畜



    1: 高低差速報
    食費「ドンッ!!!!!!(5万)」
    光熱費・ネット・スマホ「エイッ!(2万)」

    ワイ「は?」

    税金「ホイッ(3万)」

    ワイ「」



    money_tokeru_yen

    関連記事



    1: 高低差速報
    20代の働き方は「社畜」でもいい (ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170816-00135021-diamond-bus_all


     ぼくは、若いときは、とにかく「仕事に打ち込む」ことが大切だと思っています。考え方、生き方はもちろん人それぞれです。「なんとなく楽しく生きれたらいい、無理はしない」という考えのほうが楽しいこともわかります。しかしそうした考えで20代を過ごしていると、まわりに比べてどんどん生産性が下がっていき、30代以降に何もできない人になってしまう恐れがあります。長い仕事人生を考えると、それはとても怖くないでしょうか?


    8

    関連記事


    1: 高低差速報
    ビジネスパーソンの33.6%が、「職場に休める雰囲気がないため、有給休暇を取りづらい」と感じている――格安スマホなどを提供するBIGLOBEの調査で分かった。

     このほか、休暇を取りづらい理由として「自分が休むと、同僚が多く働くことになるから」(22.9%)、「上司・同僚が有給休暇を取らないから」(22.3%)など、周囲が気になるという意見が目立った。

     「上司・同僚が有給休暇を取らないから」と答えた人を年代別にみると、20代の若手に多く、32.0%を占めた。また「業務対応が発生するかもしれないから」と考える管理職は28.0%に上り、仕事に対する責任感が強さから有給休暇を取得しない人が多いことが分かった。

     では、同僚が有給休暇を取得した際、働く人はどのようなことを感じるのだろうか。
    調査によると「有給休暇を取れるならどんどん取った方がいい」が34.6%でトップ。2位は「自分も有給休暇を取りたい」(31.9%)だった。「特に何も感じない」「うらやましい」――と続き、「イライラする」「怠慢だ」などの感情を持つ人はごく少数だった。

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/31/news087.html

    有給休暇を取得できない理由
    no title


    同僚が有給休暇を取得した際、働く人はどのようなことを感じるか
    no title

    関連記事



    1: 高低差速報
     イオンの関連会社で警備業の「イオンディライトセキュリティ」(大阪市)の男性社員(52)が宿直の仮眠は労働時間にあたるなどとして、未払い残業代などの支払いを求めた訴訟の判決が17日、千葉地裁であった。小浜浩庸裁判長は「労働からの解放が保証されているとは言えない」として、原告の請求をほぼ認め、未払い残業代と付加金の計約180万円を支払うよう同社に命じた。

     判決によると、男性は2011年に入社し、都内や千葉市のスーパーで警備の仕事をしてきた。千葉市の店で働いていた13年1月~8月には24時間勤務で、30分の休憩時間と4時間半の仮眠時間があった。

     原告側は「仮眠時間でも制服を脱がず、異常があった際はすぐに対応できる状態を保ったままの仮眠で、業務から解放されなかった」と主張。小浜裁判長は「仮眠時間や休憩時間も労働から解放されているとは言えない」と指摘した。

     男性は残業代支払いを求めた後に出された別の部署への異動命令についても、不当な配置転換だなどとして慰謝料500万円を求めていたが、千葉地裁は「異動は業務上必要があったと認められる」として、請求を棄却した。

     閉廷後、会見した男性は「同じような労働環境で働いている同僚がいる。今回の判決が、警備業界の就労環境の向上につながれば」と話した。同社は「判決の内容を精査し、適切な対応をしたい」とコメントした。(滝口信之)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000077-asahi-soci
    prescribed-working-hours



    関連記事

    このページのトップヘ