高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    移民


    1: 高低差速報

    ・パリ全体でジプシーが金の施しを求める&ジプシーの子供はATM前で金を盗むため待機
    ・パリの路上で眠る大勢の黒人ホームレス
    ・非白人地区の路上ではロクでもない商品を押し売りして嫌がらせされる
    ・モスクが各区画にあり、フランス人よりアラブ人やアフリカ人向けの店が多い
    ・場合によってはイスラム教徒が道路の真ん中でお祈りして通行妨害している
    ・毎日何かしらの抗議デモがあり、最終的は警察と暴力沙汰になってしまう
    ・器物損壊はどこにでも見られ、車が炎上している様子はいつも見ることになるはず
    ・ここ2年間は非常事態なのでパトロールする軍の車両をたくさん見かけることになる
    ・毎日のようにイスラム過激派が事件を起こしてる
    ・なお反イスラムを増やさないためイスラム過激派の写真をニュースで掲載するのは禁止
    ・行っては行けない危険区域では救急車や警察が襲撃される
    ・世界で最も汚れた都市の1つであり、どこでもゴミが散乱していて悪臭がする
    ・パリで写真撮影しようとする気も起きない、暴動による器物損壊や落書きだらけなので
    ・住宅価格は高騰し続け、増税され、賃金は減っているので中流~労働者階級は苦しい
    ・一方で上流階級はタックスヘイブンで租税回避
    ・パリの人間にはフランスという国家的・文化的・民族的アイデンティティが無い
    観光目的でデータを誤魔化してるがフランスはアフリカ並の第三世界になっている


    引用記事:外国人「パリの現在がどんな感じか住んでみた経験を書いてみる」
    http://www.all-nationz.com/archives/1068473882.html




    6668f2fbab40c488a12863b15849af20
    参照記事 : http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1510794307/


    関連記事


    1: 高低差速報
    日本人に根強い「移民アレルギー」の正体


    ――日本が移民を受け入れないことについて、海外からはどのような反応がありますか。

    毛受 「異様である」との反応もありますが、「このまま日本が没落しては困る」という反応が大きいです。移民国家であるオーストラリアの
    大使館の方は、「我々はいつでも移民受け入れのノウハウを提供する。しっかり協力する用意がある」と言っていました。海外からは、「日本は国家が衰退する前に移民を受け入れるべき」との声が多いです。


    http://biz-journal.jp/2017/08/post_20250_3.html




    YbxByAsAMvWOvYQ-1600x900-noPad

    関連記事


    1: 高低差速報
    日本へのインドIT人材招致が成功しない理由

    日本ではインド人ITエンジニアを採用する取り組みが進められているが、これは失敗に終わるだろう。
    その理由は簡単、彼らにとっては母国で働いた方が良いからだ。

    日本側としては、インターン期間終了後も、こうしたインド人エンジニアの一部が日本で勤務を継続することを望んでいるようだ。
    しかし、同じトピックついて以前書いた記事に寄せられた多数の反応を見る限り、アジア各国の人材は日本での勤務にあまり乗り気でないようだ。

    原因は、日本では海外人材のニーズを満たす準備ができていないこと。適切な「体制」が存在しないためキャリアが不透明なことに加え、
    社会経済的条件や日本企業に広まる文化的考え方が問題となっている。https://forbesjapan.com/articles/detail/16867/1/1/1
    web_ImageView3

    関連記事


    1: 高低差速報
    排他的な日本の国民性が『難民鎖国ニッポン』の元凶=
    心が凝り固まっていない若者に理解求めたい―国連広報センター所長

    日本への難民申請者は急増しているにもかかわらず、認定者はゼロに近い。
    同著は「難民問題が世界的に注目されるなか、世界第3位の経済大国・
    ニッポンはなぜ難民を受け入れないのか?」と問題提起。「難民鎖国」
    の実態を分析するとともに、日本の片隅でたくましく生きる人々、
    そして難民を支えようとする日本の企業や草の根の活動から、
    難民問題について多角的に考察している。日本の難民受け入れ制度など、
    日本の難民問題を考える上での入門書といえる。

    根本氏によると、日本における難民申請は2012年に2545人あったが、
    うち認定されたのはわずか18人。認定率は0.3%。認定率は2012年に
    はさらに下がって0.2%、その後も限りなくゼロに近付いている。

    他国と比べて桁違いに低い。各国の統計(11年)によると、フランス、
    イタリア約8%、ドイツ、英国約25%。米国約90%、カナダ約44%と高
    く、韓国でも約12%に達している。

    数万人規模で難民を受け入れている各国に比べ極めて低い日本の実態に
    ついて、他民族を受け入れない排他的な日本の国民性が背景にあるとの
    見方がある。根本氏はこの講演で、「(日本人の排他性に)私自身も苦
    労することが多い。だからこそ心が凝り固まっていない若者中心に理解
    してもらうようにしたい。柔軟に受け止められるよう大学生や高校生、
    中学生に働きかけたい」と力を込めた。

    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170616/Recordchina_20170616002.html
    Fotolia_36088867_Subscription_Monthly_M-599x399



    関連記事


    1: 高低差速報
    タクシー運転手はグローバルに見ればロンドンなどの一部の例外を除き、非常に付加価値の低い職業であることは間違いない。
    車の運転免許試験に落ちる人は稀だろう。つまり車の運転は基本的に誰でも出来る。カーナビがあれば地図も暗記しなくていい。
    言葉も限られたものしか必要ない。だから、アメリカでは移民が最初にやる仕事と言われている。

    私は以前NHKの「日本のこれから」という番組に出演しテーマは「格差社会」だったように記憶している。
    その時に仙台市のタクシー運転手が出演していた。子供がたしか3人くらいいて奥さんは専業主婦だったように記憶している。
    小泉改革でタクシー業の規制緩和がなされ仙台にタクシーが溢れ、生活が物凄く苦しいということだった。
    民主党の子供手当てはこういう人たちにとって恩恵が物凄くあるのだが、それはおいといて。

    彼らが幸せに暮らせる社会とは何か。世界を見回してみるとどうなっているかといえば、
    タクシー運転手などいわゆる付加価値の低い商売に属する人たち、移民の人たちなどの生活の場は、
    もっと収入の高い人たちの生活空間と基本的に違いがある。衣食住ともに全く違うライフスタイルを送っているのだ。

    しかし、日本は総中流社会を目指していた?ためライフスタイルは皆同じだ。
    というか同じでなければいけないという空気で覆いつくされている。

    これでは歪がでるのは当たり前だ。子供を3人つくるなら、悪いことは言わないがタクシー運転手で奥さん専業主婦だと先行きは暗い。
    もっと稼げる付加価値が高い商売に就業しないといけない。それを自己認識することが大切だ。

    グローバル的にみて能力の低い人に高い賃金を与えていたら国際競争に負けてしまう。
    ある程度は保護するにしても、低賃金労働はやはり移民に担ってもらうのが一番都合が良い。
    自国の給与水準に比べたらべらぼうに高いから単純労働でもきつくても働くモチベーションが沸く。

    日本人の若者はきつい単純労働にモチベーションが沸くわけない。
    時給が多少上がろうが、正社員登用しようが大してかわらないだろう。
    http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10360713469.html
    05




    関連記事



    1高低差速報
    https://www.robertwalters.co.jp/salarysurvey/special-discussion-2.html


    最後に、移民の受け入れについて。最も重要なダイバーシティ課題です。多くの人が「移民」という単語にアレルギーに似た抵抗感を示します。
    ヨーロッパでは、セキュリティー(安全)などの面で深刻な問題に直面しています。
    安倍首相は、そうした問題点と労働人口不足の双方を深く理解していますので、(「移民」ではなく)「ゲストワーカー」誘致の方針を示しています。
    経済特区という考えもあります。東京はそのひとつですが、東京、神奈川、大阪の3都府県では、家政婦、ヘルスケア、
    ヘルパーなど介護サービス分野に限って外国人労働者を積極的に受け入れることを検討しています。ステップバイステップではありますが、
    ダイバーシティ課題は積極的に協議され、解決に向かって進歩しています。
    およそ10年後には日本の人口が毎年100万人ペースで減少します。私は和歌山県に生まれましたが、和歌山県民がおよそ100万人です
    。毎年、都道府県が1つずつ無くなると考えるとわかりやすいかもしれません。そういった状況ですから、
    移民受け入れについての議論を避けて通ることはできないのです。


    DSC_7453





    関連記事
     

    このページのトップヘ