高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    算数


    1高低差速報
    「数学の本質は細かな計算などではなくて、概念を理解することだ。
    概念さえ理解できていれば、細かい計算は電卓にさせれば良いし、
    現実の生活においてわざわざ電卓を使わずに紙と鉛筆で計算する奴
    などいないのだから、それに合わせて教育も合理化されるのが当然だろう」
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170117-00010010-agora-soci



    4459_001
     
    関連記事



    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000062-it_nlab-sci
    11/22(火) 14:02配信





     小学校の算数にまかり通る“奇習”は、子どもたちへの虐待である――。
    脳科学者の茂木健一郎さんがブログに投稿した「小学校算数に対する苦言」が議論を呼んでいます。

     発端となったのは、あるTwitterユーザーが投稿した「“3.9+5.1”の計算に対して“9.0”と書いた答案が減点されていた」という画像。
    この問題の正解は小数点のない「9」とされていました。
     
     これに対し茂木さんは、例として「2×3=6は正解だが3×2=6は不正解。同じように2+3=5は正解だが3+2=5は不正解、という『世界』がある」
    と数学的には正解である解答が不正解とされてしまう算数教育の現状について“奇習である”と一蹴。
    「数学が分かっている人にとっては『小数点問題』『掛け算・足し算の順序問題』は意味がなく、議論にならない」として厳しく指摘しています。

     また茂木さんは、現場にいる教員だけではなく、一部の教科書会社も「“議論の必要すらないような問題”を子どもたちに強制している」として問題を提起。
    この“奇習”の是正に向けて「文科省にもきちんとした対応をとっていただきたい」と自身の思いを語っています。

     「小学校の算数において奇妙な正解を押し付けるのは子どもの精神に対する虐待で許されない」と語る茂木さん。
    小学校教育界に対し、「自分たちの愚鈍を恥じ、反省し、改めて欲しい」とブログを締めくくっています。



    mogikita_11_01





    関連記事

     

    このページのトップヘ