高低差速報

意識高い系から意識低い系まで幅広く面白い話題をまとめてます!

    管理職


    1: 高低差速報
     14日に放送された『初耳学』(TBS系)で予備校講師の林修が“無能な人は出世する”と発言。ネット上で物議をかもしている。
     林は、まずホワイトボードに出世の階段を描いた。南カリフォルニア大学教授の教育学者、ローレンス・J・ピーター氏が提唱した『ピーターの法則』という社会学の
    法則を図解入りで解説。セールスマンが出世の階段を上がっていく場合、売り上げが良いと“主任”となり、さらに出世して“地区長”になっていくと仮定する。
    しかし、営業する能力と管理する能力は異なるため、地区長の段階で“お手上げ”状態になることがあり得る。世界中の企業でこうしたことが普遍的に起きており
    「世の中の管理職というものはそこから上にいくことができない、そこで能力がないことを露呈した人たちの集まり」と世の企業を形容した。また、林はこれを
    スポーツの世界に置き換えて「素晴らしいプロ野球選手が現役を退いて監督になり、実績を作ることができず辞任に至る状況と同じ」と補足した。
     さらに林は『ピーターの法則』とは別の視点を披露した。能力のない上司は“自分を脅かす有能な部下”を昇進させず、結果的に「無能な人ほど出世するという話に
    もなる」と持論を展開。“出る杭は打たれる”という日本的な要素も出世に影響を与えているとした。
     ネット上には、「無能ってか世渡り上手が出世するよね。仕事とは関係ないところで出世するから結果無能ってことになるんだと思う」「実際オレも主任になって
    思ったけど、人まとめるのは苦手…やる気も出ないし無能だって思うわ」「今の時代って有能な人は起業したりもするしな。会社に残って能力限界までやるのが
    無能って言われたら無能になるんだろうね」など、林に賛同する声もあった。
     しかし、その一方で林に反論する声も寄せられている。「組織って言っても規模次第でピンキリだよ、大手だったらトレーニング期間もあるわけだし」「会社による
    のかな? うちの場合は一番優秀だと思ってた人がどんどん昇進していったけどね」「林先生の言うことは短絡的だね。組織の中だと男女の差とかもっと出世
    できない複雑な問題があるよ」などの意見もあった。

    実話ですか?
    https://wjn.jp/article/detail/9340808/
    2016021200154_1



    関連記事


    1: 高低差速報
    「管理職になりたくない」という若手、中堅社員がここ数年で急速に増えています。

    リクルートマネジメントソリューションズが3年おきに実施している「新人・若手の意識調査」によると、「管理職になりたい」および「どちらかといえばなりたい」と回答した肯定派の割合が減少し、2010年の新人では55.8%だったのが、2016年の新人では31.9%となっています。

    しかも、この2016年の新人は、「管理職になりたくない」「どちらかといえばなりたくない」という否定派の割合が37.9%となり、本調査で初めて管理職になりたい人たちを上回る結果となっています。さらに、新人だけでなく、3年目の若手、7年目の中堅でも、管理職になりたくないという否定派が、肯定派を上回る結果になっています。

    引用記事:http://toyokeizai.net/articles/-/199466

    関連記事


    1高低差速報
    名プレイヤー必ずしも名監督ならず

    スポーツの世界でも名プレイヤーが名監督になれるとは限らないように、ビジネスの世界でも名プレイヤーが必ずしも優れたマネジャーになるとは限らない。
    というのもプレイヤーに求められる役割とマネジャーに求められる役割は異なるからだ。

    プレイヤーの役割は、自らが動き、自らが高いパフォーマンスを発揮することである。一方、マネジャーの役割は、プレイヤーを動かし、
    プレイヤーに高いパフォーマンスを発揮させることである。

    そのため、マネジャーは自分がスポットライトを浴びようとするのではなく、部下にスポットライトを当てるような動き方をすることが求められる。

    人間がモチベーション高く、自発的に動き、高いパフォーマンスを発揮する時とは、自分の意見や仕事ぶりが認められ、成長を実感して自信を持つことができ、
    そして自由を与えられた時である。

    逆に、人間のモチベーションを下げ、自発性を損なわせ、パフォーマンスを下げるためには、相手の意見や仕事ぶりを否定し、自信を失わせ、そして自由を奪えばよい。

    マネジャーには部下が前者のような状態になるように関わることが求められる。しかし、プレイヤーとして優秀な上司は、悪気はないものの、
    結果として後者のような関わり方をしていることが少なくない。

    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50046





    128263808212716118049
    関連記事


    1高低差速報

    ■紅茶を毎日飲む人ほどストレスを感じることが少ない?

    紅茶好きな人とそうでない人の間には、仕事に対する考え方に差がある。
    「仕事に取り組む上で大切にしていること」を聞くと、「効率的に仕事をして生産性を上げる」(紅茶好き:42%、そうでない:31%)、「仕事の品質にこだわりを持つ」(同:40%、同:32%)、「計画的に仕事をする」(同:39%、同31%)の項目で、紅茶好きの人の回答率が約4割だった。

    また、紅茶はストレス緩和にも役立つようだ。
    「職場でストレスを感じる」と答えた人は全体では65%に対し、紅茶を毎日飲む人では56%と、6割を切っている。

    ストレスが和らげば、仕事のパフォーマンスが上がるのは想像に難くない。
    「2016年に職場で設定された目標値を達成したか」と聞くと、全体では「達成した」と答えた人は50%に対し、紅茶を毎日飲む人では62%だった。
    こうした傾向からか、現在管理職にある人は、飲む頻度が「週に1度未満」の人では18%に対して、紅茶を毎日飲む人では32%と、約1.7倍の差が見られた。


    https://news.careerconnection.jp/?p=33838



    blacktea0807c1





    関連記事


     

    2ちゃんねるのコメント


    1高低差速報
    http://jijico.mbp-japan.com/2016/06/08/articles20362.html

    若者から40代の働き盛りに至るまで、こんなセリフを言う人が大変多くなっています。
    「自分は、与えられた仕事は真面目にコツコツやり通すが、他の人を管理するような立場の仕事はしたくない。前職も、それを求められるようになったから辞めた」

    このような人は大抵が、自宅から50分以内の通勤圏内で、残業があまり無く、土日祝日の休みが通常であるような職場を希望されます。
    昇給や高給は求めないが、退職金や福利厚生の手厚さは、会社を選ぶ上で重要なポイントだと言い、
    「自分の適職がよく分からないんです」と締めくくります。しかしこの人が「適職」を見つけることはできるでしょうか?

    40代で誰にでも出来る仕事しか出来ない人は会社に居辛くなる

    業種を問わず会社組織での働き方は、大きく次のように分類できます:
    ①高度な技術や知識を必要としない単純労働
    ②ある程度高度な技術や知識、資格を必要とする専門職
    ③特定の資格や免許がなければ行えない独占業務
    ④現場スタッフと経営者の間に位置して、スタッフのモチベーション維持と円滑な業務遂行を管理する、中間管理職
    ⑤より経営者に近い立場から、会社の長期的な利益を計画し実行する、上級管理職
    ⑥取締役以上の役員

    ①から③までは、上から指示された仕事を実行する現場の仕事と言えます。
    ④は様々な段階があり、「現場リーダー」から始まるイメージでしょうか。
    リーダーくらいならしてもいいが、「主任」レベルからはもう嫌だ!と言う人が増えます。

    さらに「係長」「課長」あたりまでが中間管理職ですが、これら役職の先輩を見ていて、精神的、肉体的にきつい割りに見返りは小さいと思うようです。
    だったら自分は、少しくらい給与が上がるよりも、気楽に働く方がいいや、というわけです。

    もしこの人が③の業務をしているならば、そのまま定年まで働く可能性はあります。
    しかし①や②の業務の人は、40代後半に入るあたりから、より若く、やる気も新しい知識もあり、仕事の早い人と競争することになります。
    会社は、ただ長くいるからという理由であなたを優遇しません。
    会社に利益をもたらす人が欲しいのです。

    年齢が上がれば、あなたにしか出来ない仕事をするか、または誰にも真似できないほど高いレベルの仕事をするか、
    そうでなければ何かの「管理職」をするのが、組織の中で働き続けるための選択肢です。

    そのいずれも出来ない人は、組織にとって「貢献してくれない人」です。
    そのような人を雇い続ける理由はありません。
    遅かれ早かれこの人は、会社を去るしかなくなるでしょう。

    厳しい職業人生を選びたくない人こそ中間管理職を目指すべき

    中高年になってからこのような状況で転職をすると、新しい仕事に就くのは至難の業です。
    「私はこれが出来ます!」とアピールするものが何もありません。
    管理の仕事はしたくありません。
    でも年齢は○○才です。・・・あなたならば、この人を雇い入れますか?
    実際に、数十社に応募しても採用されない40代後半~50代の男性は想像以上に多く、やむを得ず半年契約や嘱託で働くことになりますが、
    その先はさらに厳しい状況が待っています。

    あまり厳しい職業人生を選びたくないと思う人こそ、中間管理職にチャレンジするべきです。
    管理職は確かに責任や気苦労も増えますが、それも自分のやり方次第。
    やり易いように仕向けることが管理の仕事そのものなのです。

    それに管理的な仕事をすると、それまでとは違う視点から仕事を見ることになり、新しい面白さや、やりがいに気づくことも多々あります。
    自分に出来る仕事の幅を広げて、安定した職業と生活を築きましょう!


    blanko



    関連記事
     





    【愕然】 生保の女と○した結果wwwwwwwww


    【激写】 高橋みなみ(25)の彼氏(40)が完全にそっち系で草!w

    【悲報】ベッキーまたやらかす!!!! 炎上再びwwwwww

    【経済】世帯当たりの平均貯蓄残高・・・

    【速報】橋下徹 討論番組で論破しまくる 勝てるの石破茂と上祐しかいないだろこれ

    【話題】サイコパスは8割が遺伝 遺伝にまつわる「言ってはいけない」タブー

    日本人ってここ10年で一気に民度下がったよな

    【画像】ワイのPC周りかっこよすぎてワロタwww

    【悲報】IT企業に勤めるま~ん(笑)さん、とんでもない理由で退職をする

    2月からユーチューバーになって得られた収益wwwwwww

    参照記事 : http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1466917646/



    このページのトップヘ